堺市で社屋ビルの防水・内部トイレ改修仕上げをしました。

大阪北部地震に続き西日本豪雨と自然災害が頻発しております。梅雨が明けたとはいえ台風の季節も訪れ、今後も自然災害への注意が必要です。災害により被災された方、現在お住まいに対してご不安を抱え自然災害への備えをしたい方。屋根・外壁についての点検はもちろん応急処置や補修とできる限り対応させていただいておりますので、「もしかして」と不安な方はご遠慮なくご連絡ください。

防水下地
屋上防水工事の状況です。屋上の残置物・築山を撤去して、下地不陸を調整の上、シートの張り付を行いました。
防水層内の空気が溜まると、表層に浮きやハガレが出来て漏水の原因になりますので、脱気筒を設け空気滞留を防ぎます。
もともとの床勾配がゆるく、残置物の重みでさらに床がひずみ水溜まりが屋上のあちこちで見受けられたので、ジョイント部とへこみ部には、重ね張りをしています。
このあと、防水トップを塗って仕上りです。

防水仕上げ
防水トップも完了しました。
本来は水張り試験をして、漏水が無い事を確認したいのですが、屋上の広さと水道が無い事それに非常階段が有り止水をしての水張りが難しいので、今回は雨の降った状態で日にちを置き水漏れを確認します。
笠木防水仕上げ
今までの腐食して錆状態のスチール手摺から軽量で錆びにくいアルミ製手摺を新設しました。
柱足元を固定するのに、防水保護を考慮して基礎ブロックを用い手摺を建てて行きました。
手摺外に外壁の笠木(写真のブルーの部分)を、ガルバリウム鋼板で加工して取付ました。
笠木内部の床立ち上がり高さが少ない部分には、笠木裏側にコーキングを充填して雨水の逆流を防ぎました。
床防水ブース
屋上防水が完了し、3度の雨天で漏水が無い事を確認した後、内部トイレの改修を行いました。
従業員さんのトイレも、床を耐油性の高い塗床で仕上げて、今までの真っ黒に油汚れがひどかった床が美しく生まれ変わりました。
トイレブースも新たに製作し開閉も楽に行え、気持ち良く使って頂ける様になりました。
トイレ仕上り
床面の光沢が鮮やかで、既存の便器や手洗器まで新しく見えます。
土間排水も洗管を行い、床の水たまり状態も無くなりました。
便器や衛生設備もオーナー様は改修希望されていましたが、45年の歳月で配管を元からやり替えなくてはならないので費用の高騰が懸念される為、現況のまま利用し、今回は床とトイレブースの改修のみを行う事になりました。
これで、社員も雨の日は傘をさしてトイレを利用しなくて済むと、オーナー様は喜んでおられました。
この工事のお問い合わせは 0120-04-9346まで

同じ工事を行った施工事例

施工事例

和泉市にて雨漏れが発生!雨漏れ補修工事の施工事例

屋根接点-隙間
コーキング済み
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
防水工事
使用素材
コーキング・板金
築年数
約25年
建坪
保証
工事費用
約5万円
施工事例

堺市北区にて雨漏り修理の為、2階テラスの塩ビシート防水工事をご紹介します。

テラス雨漏り改修前
テラス雨漏り改修完了
工事内容
防水工事
その他の工事
使用素材
塩ビシート防水・ガルバリウム鋼板笠木
築年数
約30年
建坪
35坪
保証
10年
工事費用
約40万円
施工事例

堺市堺区にて築45年の社屋ビル改修工事を施工しました。

正面外観現状
完了正面
工事内容
防水工事
工場・倉庫などの外装リフォーム
使用素材
築年数
45年
建坪
約220坪
保証
工事費用
1520万

同じ地域の施工事例

施工事例

堺市堺区にて外部窓枠から発生している雨漏れの補修工事の施工事例

額縁
外部窓枠 コーキング
工事内容
雨漏り修理
使用素材
コーキング剤 GL鋼板(ガルバリウム鋼板)
築年数
建坪
保証
工事費用
約6万円
施工事例

堺市堺区にて築45年の社屋ビル改修工事を施工しました。

正面外観現状
完了正面
工事内容
防水工事
工場・倉庫などの外装リフォーム
使用素材
築年数
45年
建坪
約220坪
保証
工事費用
1520万

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

防水現調

大阪市港区にて屋上防水を見て欲しいとの問い合わせで現地調査に行って来ました調査建物は3階建ての物件で、屋上の防水・塔屋の防水・2階ベランダの防水の3か所を現地調査をしました屋上には花壇もあり、全て撤去しなければ防水が出来ないので撤去見積りも...........

ベランダ防水

大阪府貝塚市にて住宅窓枠から雨漏れがしているとの問い合わせで現地調査に行って来ました現地に伺うと1階の窓枠から雨漏れがしたとの事外部に面した窓枠でその直上部にベランダがありました雨漏れはベランダの可能性が高いと思われましたこの画像は雨漏れの...........

コーキング済み

こちらは2段になっている屋根と屋根との取り合い部分になります。下端にコーキング(防水処理)がされていなかったので隙間から横雨が入ってしまい、雨漏れが発生した可能性が考えられます