堺市西区にてカーポートの屋根が破損!調査とカーポート屋根張り替え工事を行いました。

【台風21号、台風24号で被災された方へ12/8更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順次対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

カーポートコラム②
堺市西区にてカーポート屋根が破損したとの連絡を受け現地調査へ行って参りました
カーポート屋根に穴が空いていると雨が降った時に車が雨にさらされてしまいますよね
以前破損した際にお客様自身で応急処置をなされていたとのことですが、


隣家 カーポート屋根 破損
ご自宅の庭の枝を伐採している際に隣家のカーポート屋根を破損させてしまった(分かりにくいですが赤く囲っている部分です)とのことで今回調査のうえ、ご自宅と隣家のカーポート屋根の張り替え工事のご依頼をいただきました
カーポートコラム①
カーポート屋根の張り替え工事を行います。
まずは破損しているポリカーボネート板を1枚撤去します
屋根材 カット
新しいポリカーボネート板を適切なサイズにカットしていきます
カーポート屋根 ビス止め
ポリカーボネート板を専用のビスにて固定していきます
シャッターの門が近接しているためビス固定も少し難儀しましたが無事に固定させることが出来ました
カーポート屋根 完了
お客様宅のカーポート屋根の張り替え工事が完了致しました
古いポリカーボネート板は日に当たるなどして色あせているので新設したポリカーボネート板と色が少し違いますが、説明のうえご了承は頂いております
隣家 カーポート屋根破損部撤去
隣家の破損させてしまった屋根の張り替え工事もおこないます。
まずは先程と同じように、既存の破損しているポリカー板を撤去します
隣家 カーポート屋根完了
新しいポリカー板を適切なサイズにカットし専用のビスにて固定をして隣家のカーポート屋根張り替え工事も完了致しました
これでお車が雨に直接かかり続けるということもなくなりましたね

この工事の現場ブログ

カーポートコラム②

2018/10/03/ 堺市西区にてカーポートの屋根が破損!調査とカーポート屋根張り替え工事を行いました。

堺市西区にてカーポート屋根が破損したとの連絡を受け現地調査へ行って参りましたカーポート屋根に穴が空いていると雨が降った時に車が雨にさらされてしまいますよね以前破損した際にお客様自身で応急処置をなされていたとのことですが、

同じ工事を行った施工事例

施工事例

堺市西区にてカーポート屋根の張り替え工事の施工事例。

カーポートコラム②
カーポート屋根 完了
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ポリカーボネート板
築年数
建坪
保証
工事費用
約7万5千円
施工事例

松原市にてベランダ屋根が破損!波板張り替え工事の施工事例

落下部分 ベランダよりの詳細
張替え完了
工事内容
屋根補修工事
使用素材
築年数
約30年
建坪
保証
工事費用
約8万円
施工事例

和泉市にて雨漏れが発生!雨漏れ補修工事の施工事例

屋根接点-隙間
コーキング済み
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
防水工事
使用素材
コーキング・板金
築年数
約25年
建坪
保証
工事費用
約5万円

同じ地域の施工事例

施工事例

堺市西区で切妻屋根ケラバ瓦の差替え補修他を施工しました。

ケラバ瓦割れ・補修跡
袖瓦交換後
工事内容
雨漏り修理
その他の工事
使用素材
築年数
約45年
建坪
約25坪
保証
工事費用
約45万
施工事例

堺市西区にてアクリル波板破損 ポリカーボネート波板に張り替え 施工事例

アクリル波板 破損
波板 張り替え
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ポリカーボネート波板
築年数
約35年
建坪
保証
工事費用
約8万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

波板張替え 現地調査

高石市にてベランダの波板が強風の影響により飛散してしまったとの連絡を受け、現地調査へ行って参りました3階のベランダ屋根が飛散している状態でした。強風の影響と経年劣化も相まって飛散してしまったのだと思われますのでこのままにしておくとさらに波板...........

現地調査 鬼瓦

泉大津市にて、暴風雨の影響により瓦が落ちてしまいそうになり、以前現地調査へお伺いさせて頂いた際応急で鬼瓦の撤去をさせて頂きました今回はその鬼瓦の再設置と現地調査時に確認した瓦のズレている箇所の補修工事を行いました

現地調査 鬼瓦

泉大津市にて、台風の影響により瓦がズレて落ちてしまいそうな箇所があるとの報告を受け、現地調査へ行って参りましたこちらは鬼瓦(屋根の旨の端に置く大きな瓦)の写真になるのですが、今にも落ちてしまいそうな状態でした