堺市西区にて屋根点検調査と見積りを依頼されました。

【台風21号で被災された方の安全と一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます】
  台風21号が西日本に甚大な被害を与え日本列島を通過しました。
関西地方を中心に各地で記録的な暴風による停電被害、事故、交通の乱れ、住まいの破壊など大きな混乱が生じ、現在でもその爪痕が残った状態となっております。台風による被害を受けた方、受けたかも知れない方は街の屋根やさんにご相談ください。点検はもちろん可能な限り応急処置にもその場で対応いたします。
現在大変多くのお客様よりお問合せを頂いており、順番に対応をさせていたただいております。
皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

屋根形状
堺市西区にて、築30年の屋根点検・調査をして欲しいとの、お問い合わせを受けて調査にお伺いしました。
軒先 銅板一文字葺きで、日本瓦屋根の趣が有るお宅でした。

軒裏状況
お客様不安の一つが軒裏の状態で、雨が回って変色劣化しているのでは?と屋根上からセメント状の欠片が落ちてきたという2点でのご依頼でした。
幸いにも、現状で室内への漏水・雨漏りは無いそうです。
屋根瓦現状
屋根瓦全体は、平瓦・のし瓦とも歪みも無くて、綺麗に葺けていますので棟・平瓦部からの漏水は一安心です。
下屋下り棟漆喰現状
:下屋下り棟の状況です。
鬼瓦とのし瓦の漆喰が劣化してハガレ落ちてます。
この部分からの落下がお客様の不安点の一つでした。
谷樋部分漆喰ハガレ状態
谷樋部分にも漆喰ハガレが見られました。(赤矢印部)
漆喰と下地の劣化・ハガレが見られ、このまま放置しますと、谷樋から階下へ雨漏りの危険性が増します。
91da9307a2a606fe463de4fba79ce673-e1522482157785-columns2-overlay
大屋根のし鬼瓦部分の面戸漆喰現況です。
風化・劣化が目視で確認出来ます。のし瓦や鬼瓦にズレやゆがみが発生する前に補修が望ましい事を報告しました。。
大屋根谷樋漆喰ハガレ状態
大屋根谷樋の漆喰は完全に剥離したヵ所が有ります。
平瓦(地瓦)の並びは整然として、浪打症状も見られないので、早急の漆喰修理が風雨対策・漏水対策で必要です。
下屋面戸ハガレ部分
下屋棟の漆喰剥離状態です。
欠け落ちていますのでこのままでは、棟のし瓦のズレや平瓦(地瓦)にまで影響が出てきて雨漏りの原因を作り出します。
下屋棟漆喰ハガレ状態
下屋棟の面戸漆喰も大屋根と同じく、下地の欠け落ちや漆喰のハガレが随所に見られます。
調査結果をもとに、写真説明して面戸漆喰の塗替えで提案し
見積りを作成して提出する事に成りました。
この調査のお問い合わせ 0120-04-9346まで

瓦葺き屋根には面戸漆喰部分の経年劣化・ハガレによる歪みが生じる事が多いのが、ひとつの難点(欠点)と言えます。
こちらのお宅のように平瓦・棟瓦の葺き状況に不具合点が無くても、漆喰部分の欠落・ハガレは瓦の葺き状態を悪くしてしまい、雨漏りの原因を作り出します。
お客様のご依頼時期は、メンテナンスぎりぎりの範囲と考えられます。
室内への雨漏りを発見してから業者に依頼される場合がほとんどですが、今回のお客様のように漆喰の落下に気づかれてすぐ点検調査をされるのがベストと思います。
屋根全体の補修が必要無く、室内の雨漏り修理も不要で有れば工事費用の出費も、廉価で済みます。

お客様の懸念されていた部分について、軒裏の変色は漆喰部分の欠落・ハガレで銅板部分に湿気が廻り込んだもので瓦自身の劣化ズレと各棟の浪打ちは見受けられず、瓦や銅板は現状で銅板緑青の風合いと日本瓦の趣を変えず、漆喰補修で現状に留められる事を説明しました。

屋根より落下していたのは、漆喰及び下地の劣化によるハガレが原因で漆喰のやり替えを提案しました。

面戸漆喰は、本来15年前後で補修・塗替えする事が建物屋根の長持ちに繋がります。

 

この工事の現場ブログ

屋根形状

2018/04/09/ 堺市西区にて屋根点検調査と見積りを依頼されました。

堺市西区にて、築30年の屋根点検・調査をして欲しいとの、お問い合わせを受けて調査にお伺いしました。軒先 銅板一文字葺きで、日本瓦屋根の趣が有るお宅でした。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

松原市にてベランダ屋根が破損!波板張り替え工事の施工事例

落下部分 ベランダよりの詳細
張替え完了
工事内容
屋根補修工事
使用素材
築年数
約30年
建坪
保証
工事費用
約8万円
施工事例

和泉市にて雨漏れが発生!雨漏れ補修工事の施工事例

屋根接点-隙間
コーキング済み
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
防水工事
使用素材
コーキング・板金
築年数
約25年
建坪
保証
工事費用
約5万円
施工事例

松原市にて、強風の影響によりスレート波板屋根が飛散!修繕工事の施工事例

スレート屋根点検全景
スレート屋根明り取り施工完了
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ポリカーボネート波板
築年数
約45年
建坪
保証
工事費用
約10万円

同じ地域の施工事例

施工事例

堺市西区で切妻屋根ケラバ瓦の差替え補修他を施工しました。

ケラバ瓦割れ・補修跡
袖瓦交換後
工事内容
雨漏り修理
その他の工事
使用素材
築年数
約45年
建坪
約25坪
保証
工事費用
約45万
施工事例

堺市西区にてアクリル波板破損 ポリカーボネート波板に張り替え 施工事例

アクリル波板 破損
波板 張り替え
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ポリカーボネート波板
築年数
約35年
建坪
保証
工事費用
約8万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

鬼瓦 破損個所

こちらののし瓦の部分も仮撤去し、下地をきちんといれているところになります。工事が完了すると見えな箇所にはなるのですが、下地等見えない箇所程キッチリと施工しないといけないのです

落下した鬼瓦

堺市中区にて屋根瓦が落下、ベランダ屋根が飛散したとの連絡を受け現地調査へ行って参りました鬼瓦が落下していました。下に人がいていたら大けがをされていたかもしれませんが幸いそういったことはなかったとのことでした

建物外観

堺市南区にて雨漏れが発生しているとの連絡を受け現地調査へ行って参りましたベランダとカーポート屋根が設置されているので正面に梯子をかけての屋根の調査は難しい状態です