高石市にてベランダポリカー波板屋根の張替えをしました。


工事のきっかけ

以前よりベランダ波板がバタバタと音がして不安だったのが、台風の突風により飛散落下してしまったので修理を依頼されました。

高石市 屋根補修工事,雨樋交換

ビフォーアフター

before
CameraZOOM-20171111090851041_R-before-overlay
horizontal
after
完了

工事基本情報

施工内容
屋根補修工事,雨樋交換
施工期間
1日
使用材料
ポリカーボネート波板
施工内容その他
築年数
約30年
保証年数
工事費用
約8万
建坪
約25坪
ハウスメーカー
飛散状況
高石市にて以前よりバタバタと音がしていたポリカー波板が、突風で飛散したとの事で修理を依頼されました。
調査時の状態で、中央部の1枚が落下していました。
他の部分のフックを点検しますと、劣化が始まりフック頭が割れている所も何カ所かあり劣化がみられました。
この状態が続くと、1枚のみの張替えだと次々と既存ヵ所に同様のメクレや掛けの影響が出てきます。
現況
こちらは調査時の反対側で、重なり部は規定の2山重ねは守られていましたが、重なり部分に汚れが目立ちジョイントの浮きが有るので、これから突風が吹く度に飛散・落下が心配の種となります。
また、屋根竪樋もポリカ屋根を貫通していますので、コーキングの劣化により雨漏りの要因と成りますので、全面張替えを提案させて頂きました。
撤去状況
既存屋根を撤去しました。
張替えと並行して、普段出来ない部分の軒樋と下地材上端部分のゴミやホコリの清掃をさせて頂きました
樋廻り仕舞い
屋根竪樋廻りの仕舞い状況です。
樋と屋根材の際にコーキングを充填し、ポリカー波板を重ね張りしました。
この形状の漏水要注意部分です。

この工事の現場ブログ

飛散状況

2017/12/04/ 高石市にて突風で破損したポリカー波板を張替えしました。

高石市にて以前よりバタバタと音がしていたポリカー波板が、突風で飛散したとの事で修理を依頼されました。調査時の状態で、中央部の1枚が落下していました。フックを点検しますと、劣化が始まりフック頭が割れている所も何カ所かあり劣化がみられました。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

堺市西区にてカーポート屋根の張り替え工事の施工事例。

カーポートコラム②
カーポート屋根 完了
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ポリカーボネート板
築年数
建坪
保証
工事費用
約7万5千円
施工事例

松原市にてベランダ屋根が破損!波板張り替え工事の施工事例

落下部分 ベランダよりの詳細
張替え完了
工事内容
屋根補修工事
使用素材
築年数
約30年
建坪
保証
工事費用
約8万円
施工事例

和泉市にて雨漏れが発生!雨漏れ補修工事の施工事例

屋根接点-隙間
コーキング済み
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
防水工事
使用素材
コーキング・板金
築年数
約25年
建坪
保証
工事費用
約5万円

同じ地域の施工事例

施工事例

高石市にて雨漏れが発生!棟瓦の積み替え、板金工事を施工しました

寄棟 施工前
棟瓦 板金施工
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
棟瓦取り直し
漆喰詰め直し
雨漏り修理
使用素材
板金
築年数
約30年
建坪
保証
工事費用
施工事例

大阪府高石市羽衣にて屋根(谷樋部)から雨漏れが発生!カバー工法による改修工事!

現地調査 谷樋
完了後 カバー工法
工事内容
屋根カバー工事
部分塗装
落葉除けネット設置
使用素材
たてひら333
築年数
築20年
建坪
30坪
保証
工事費用
約130万円
施工事例

高石市にて台風での破損によるベランダポリカ屋根張り替え・施工

現地調査、K様の家、全体写真
ポリカ波板張り替え完了 全体写真
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ポリカーボネート波板
築年数
建坪
保証
工事費用
8万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

棟瓦 飛散

お客様のご依頼をいただき、現地へ調査に伺いしました飛散した瓦の瓦礫が落ちていたりしお客様もかなり不安になられていましたので、早々に屋根へ上がらせて頂きました

和泉市 台風被害

『台風が酷くてうちの屋根の板金が飛んでってしまって応急処置をしてもらったんだけど、このままだと今後が心配なんで調査してほしい』とのお話をいただき早速和泉市へ現地調査に向かいましたお客様にご挨拶して改めてお話をお聞きすると、屋根だけでなく表と...........

泉佐野 工場 台風

泉佐野で工場の屋根が台風で飛散この画像は現地調査時の画像です現地調査の上、応急処置を行いました現場は工場で、台風の影響により屋根と躯体(鉄骨)が悲惨な状況になっていますその上、敷地を囲っていつ塀までもが倒壊していましたとにかく、崩壊の恐れが...........