堺市南区にて、雨漏れが発生しているとの連絡を受け調査へお伺いしました

大阪北部地震に続き西日本豪雨と自然災害が頻発しております。梅雨が明けたとはいえ台風の季節も訪れ、今後も自然災害への注意が必要です。災害により被災された方、現在お住まいに対してご不安を抱え自然災害への備えをしたい方。屋根・外壁についての点検はもちろん応急処置や補修とできる限り対応させていただいておりますので、「もしかして」と不安な方はご遠慮なくご連絡ください。

雨漏り換気扇外部
堺市南区にて雨漏れが発生しているとの連絡を頂き調査へ行って参りました。
2階の角部屋の天井、サッシ廻り、換気扇から雨漏れが発生しているとのことでした。
換気扇のフード内部を見てみますとフード内に仕込んである木枠とフードとの間に5ミリ以上の隙間があいていました
換気扇付近 雨漏り状況
最近、雨風の強い日がありましたので、①の箇所、木枠と換気扇フードの隙間から雨水が侵入してしまった可能性はあると思います。
②は雨水が垂れたシミがハッキリと残っています。上部周辺にも雨垂れやシミが見受けられました

雨漏り天井裏
室内を調査した結果、換気扇廻りだけではなく、天井面からも雨水が伝ってきている可能性があるので天井裏の調査もしていきます。
こちらは換気扇の上部の天井裏になります。
①の部分が黒ずんでいます。こちらは雨水が侵入している箇所だと思われます。
②の部分の金物のサビも目立ちます。恐らく雨水による影響でサビが発生しているのだと思われます。


雨漏り天井裏
左の写真の印をつけている箇所以外でも、隅棟周辺のみ、釘などに発生しているサビが目立ちました。
それ以外の箇所は黒ずんでいるところやサビ等は特に見受けられませんでした

屋根隅棟状況
次は天井裏の調査で雨漏りの疑いのあった箇所の屋根面の調査を行います。
隅棟の軒先周辺が怪しいかと思われます
屋根隅棟棟板状況
赤く囲っている部分の隅棟先端部の棟板を固定している釘が完全に抜けてしまっています
屋根隅棟棟板状況
釘が抜けているので棟板を手で掴んで持ち上げてみると簡単に持ち上がってしまいます。
この状態では雨水が侵入しやすく棟板が飛散する恐れもあります
屋根隅棟棟板状況
こちらは棟板先端の水切り部の写真です。
矢印部分の垂れ幅が下地の木材に届いておらず、雨水が直接木材にかかってしまう状態です
丸印部分にはコケが生えていました。恐らく雨水の影響だと思われます。

カラーベスト縁切り不良
隅棟周辺のカラーベストの状況を見てみると赤く囲っている部分のカラーベストの上下重ね部分が塗料で埋まっています。
この部分は雨水を排出する為の隙間が必要なのですが…
「タスペーサー」という材料を屋根の塗装時に差し込み隙間を確保するのですがこちらの屋根はタスペーサーで隙間を確保しているにも関わらず塗料をべったり塗り込んで隙間をなくしてしまっています
お客様には今回の調査内容をご説明させていただき、雨漏りが発生している箇所の上部、隅棟部の補修をさせていただくことをご提案させていただきました。その他気になる箇所の簡易的な補修もさせていただきます

同じようなお悩み、状況の方がございましたらお気軽にご連絡してきてくださいね。お電話お待ちしております

同じ工事を行った施工事例

施工事例

和泉市にて雨漏れが発生!雨漏れ補修工事の施工事例

屋根接点-隙間
コーキング済み
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
防水工事
使用素材
コーキング・板金
築年数
約25年
建坪
保証
工事費用
約5万円
施工事例

松原市にて、強風の影響によりスレート波板屋根が飛散!修繕工事の施工事例

スレート屋根点検全景
スレート屋根明り取り施工完了
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ポリカーボネート波板
築年数
約45年
建坪
保証
工事費用
約10万円
施工事例

堺市美原区で2階建て住宅屋根の棟・隅棟瓦の積み直しを行いましたのでご紹介します!

屋根瓦雨漏り部棟
棟瓦積み直し完了
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
使用素材
釉薬瓦、漆喰
築年数
35年
建坪
約30坪
保証
工事費用
約20万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

雨漏り天井

堺市西区にて雨漏れが発生しているとの連絡を受け現地調査へ行って参りました2階の和室天井部分なのですが、黒ずんでいるところが雨漏れが発生している箇所になります。表面が膨れていてめくれかかっている所もあるほどでした

屋根その他棟板点検補修

堺市南区にて、雨漏れの修理依頼を頂きました。雨漏れが発生している箇所の補修工事は終了しているのですが、その他気になる箇所がございましたので部分的な簡易補修をさせていただきます

屋根棟板めくり状況

堺市南区にて雨漏れが発生しているとのことで修理依頼をいただきました。前回調査へお伺いさせていただいたのですが、雨漏れが発生している上部の棟板が怪しいという事で、棟板をめくってみました。貫板の下地は雨水により腐食していましたので取り換えること...........