堺市南区にて雨漏れが発生!雨漏れ箇所上部の補修工事を行いました。

【台風21号で被災された方の安全と一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます】
  台風21号が西日本に甚大な被害を与え日本列島を通過しました。
関西地方を中心に各地で記録的な暴風による停電被害、事故、交通の乱れ、住まいの破壊など大きな混乱が生じ、現在でもその爪痕が残った状態となっております。台風による被害を受けた方、受けたかも知れない方は街の屋根やさんにご相談ください。点検はもちろん可能な限り応急処置にもその場で対応いたします。
現在大変多くのお客様よりお問合せを頂いており、順番に対応をさせていたただいております。
皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

屋根棟板めくり状況
堺市南区にて雨漏れが発生しているとのことで修理依頼をいただきました。
前回調査へお伺いさせていただいたのですが、雨漏れが発生している上部の棟板が怪しいという事で、棟板をめくってみました。
貫板の下地は雨水により腐食していましたので取り換えることに致しました。
丸印のところが怪しいですね
屋根棟板めくり後
こちらは左の写真の丸部分のアップになります。
四角で囲われた部分の屋根仕上げ材の下に敷き込まれているルーフィング(雨水の侵入を防いでくれる防水シート)が破れていました
矢印をしている箇所は雨水が入り込んでいる跡がハッキリと見受けられます。
屋根棟板不良ヵ所補修
ルーフィングの破れ箇所にコーキング(防水処理)を施させていただきます。が、その前に破れ箇所廻りをしっかりとハケやブロワーで清掃していきます。
清掃をキチンとしないとコーキングがしっかりと付着してくれないのです
屋根棟板不良ヵ所補修
付着が悪そうなヵ所の為、専用プラーマーを塗布した後にシリコーンコーキングを破れヵ所にしっかりと入る様に充填していきます。
コーキングが終了し、腐食した貫板を新しいものに取り換えてビスにてしっかりと固定しました
屋根棟板不良ヵ所復旧
ルーフィングの補修は完了しましたので、次に新しくガルバ二ウム鋼板を加工した棟板を取り付けます。
屋根棟板不良ヵ所復旧
棟板先端の垂れ部分を伸ばし雨水がしっかりと樋に落ちるように加工しています。
調査時の時点では水切り部の垂れ幅が下地の木材に届いておらず、雨水がほとんど裏側へまわっている状態でした
屋根棟板不良ヵ所復旧
既存の胸板もビスにてしっかりと固定しておきました。
工事をする前は全て釘で固定されていたので経年劣化などで釘が甘くなり、抜けかけている釘も多々見受けられました
屋根棟板復旧完了
雨漏れ箇所の上部の補修工事は完了致しました。これで雨漏れの心配はなくなりましたね

雨漏れ箇所上部以外でも気になる箇所がございましたので、そちらの簡易的な補修工事もさせていただきましたので、次回にご紹介させていただきたいと思います

同じようなお悩みをお持ちの方がございましたらお気軽にお電話してきてくださいね。お待ちしております

同じ工事を行った施工事例

施工事例

松原市にてベランダ屋根が破損!波板張り替え工事の施工事例

落下部分 ベランダよりの詳細
張替え完了
工事内容
屋根補修工事
使用素材
築年数
約30年
建坪
保証
工事費用
約8万円
施工事例

和泉市にて雨漏れが発生!雨漏れ補修工事の施工事例

屋根接点-隙間
コーキング済み
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
防水工事
使用素材
コーキング・板金
築年数
約25年
建坪
保証
工事費用
約5万円
施工事例

松原市にて、強風の影響によりスレート波板屋根が飛散!修繕工事の施工事例

スレート屋根点検全景
スレート屋根明り取り施工完了
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ポリカーボネート波板
築年数
約45年
建坪
保証
工事費用
約10万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

鬼瓦 破損個所

こちらののし瓦の部分も仮撤去し、下地をきちんといれているところになります。工事が完了すると見えな箇所にはなるのですが、下地等見えない箇所程キッチリと施工しないといけないのです

落下した鬼瓦

堺市中区にて屋根瓦が落下、ベランダ屋根が飛散したとの連絡を受け現地調査へ行って参りました鬼瓦が落下していました。下に人がいていたら大けがをされていたかもしれませんが幸いそういったことはなかったとのことでした

建物外観

堺市南区にて雨漏れが発生しているとの連絡を受け現地調査へ行って参りましたベランダとカーポート屋根が設置されているので正面に梯子をかけての屋根の調査は難しい状態です