オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

堺市堺区にて経年劣化と強風で軒樋及び軒天が破損した現地調査


建物全景


堺市堺区にお住いのお客様より、
”雨樋が外れている”と
お問合せがあり、現地調査へお伺いしました

お客様より築年数が経過しているので、建物全体も見てほしいとご依頼がありました。

屋根や外壁は波型スレートと呼ばれる、セメントと繊維を成形して作られた波型の形状の建材が使用されていました
昔ながらの工法ですが、今も多くの工場や倉庫などの
建物で使用されています。

波板スレートには、どの様な特徴やメリットがあるのでしょうか

波型スレートのメリット・デメリットについて

波型スレートの  メリット
耐久性が高いスレートは、雨音が響きやすい金属屋根と比較すると音が反響しにくく、遮音性に優れています。
また耐火性にも強く、火災の恐れがある工場などの建物に多く使用されています。
波型スレートの  デメリット
波型スレートの谷間部分に埃などが入り込んでしまうと、風雨でも流れにくく汚れが残りやすくなってしまいます。
また、古いスレートの中にはアスベストが含有されているものもあります。
その為、撤去時は特殊な作業が必要となり別途費用がかかってしまう可能性があります。

アスベストとは??

アスベストは天然にできた鉱物繊維(こうぶつせんい)で
石綿「せきめん」「いしわた」と呼ばれています

石綿は極めて細い繊維の為、熱・摩擦などに強く、丈夫で変化しにくい特性があり
建材(吹き付け材・断熱材・スレート材),摩擦(自動車のブレーキライニング・ブレーキパッキン)
などの工業製品などに多く使用されてきました。

しかし、健康被害などが問題視され現在ではアスベスト含有製品は製造されなくなりました。

調査を行った様子

軒樋 落下
軒樋(のきとい)は強風に耐えられず
敷地内に落下していました

何よりお客様にお怪我が無くて良かったです

屋根に降った雨水を軒先で受ける軒樋がなければ、
雨水が全て軒下に流れ落ち、跳ね返った雨水や泥で
外壁を汚してしまいます

また外壁や庇屋根にひび割れがあれば、
内部に雨水が侵入してしまう恐れがあります

落下した軒樋はお客様宅で保管されていましたが
劣化が見られ再利用は難しいと思われます
軒樋 破損
軒樋が落下した場所の反対側です

こちらの軒樋は落下こそしていませんが、、

軒樋を固定している取付金具が劣化で
脆くなっている所に、強風の強い力が加わり
取付金具が外れて画像の様に
軒樋が外れてしまったと考えられます

軒天 状況

軒天 捲れ
屋根材の劣化がかなり進行し、屋根へ上がると穴が破断・割れが生じ落下する恐れがある為、
今回は見える範囲内での目視調査とさせて頂きました

軒天廻りは風や雨を長期間受ける場所で、下地の木材が劣化し剥がれ落ちてしまったと考えられます
本来であれば、雨漏れが起きていてもおかしくはない状態ですが、
お客様へお伺いすると雨漏れは起きていないとの事でした

しかし、この様な状態で放置していると、いづれ雨漏れが起きる可能性が高く
早急に補修工事が必要です

現地調査が完了しました!

くまさんホームロゴ 街屋根
お客様へ調査結果をお伝えし
足場設置の上、「軒樋の取替工事」「軒天はカバー工法」をご提案させて頂きました

足場設置には別途費用が必要な為、
必ずお客様のご了承を頂いてから設置を行います

本格的な梅雨シーズンが到来すると大雨や強風による雨漏れなどの被害が多くなってきます
梅雨シーズンを前に、お住いの事で少しでも不安に思われているお客様がいらっしゃいましたら
早めに補修を行う事をオススメします

街の屋根やさん堺店でも、お問合せをお待ちしております

同じ工事を行った施工事例

施工事例

守口市で台風と経年劣化で飛散したベランダ屋根の張り替え工事

守口市 波板施工事例 before
波板施工事例 after
工事内容
屋根補修工事
火災保険
台風
使用素材
ポリカーボネート波板、  2×4材(SPF)
築年数
約35年
建坪
保証
工事費用
約15万円
施工事例

泉南市で台風被害に遭った3階建て建物の各所補修工事を行った様子

施工事例 before
施工事例 after
工事内容
屋根補修工事
雨樋交換
天窓工事
足場
火災保険
台風
3階建て
使用素材
コロニアル、水切り金物(トップライト)、雨樋、窯業系サイディングボード
築年数
25年
建坪
保証
工事費用
約60万円
施工事例

堺市中区で台風被害のカーポート屋根全面張替えと枠組み補修工事

カーポート飛散 工事前
カーポート飛散 工事後
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ポリカーボネート製波板・フック
築年数
約45年
建坪
保証
工事費用
約15万円

同じ地域の施工事例

施工事例

堺市堺区にてリピーターのお客様より補修を依頼されました

樋 つまり
軒・竪樋完了後
工事内容
屋根補修工事
雨樋交換
防水工事
使用素材
築年数
約70年
建坪
保証
工事費用
18万
施工事例

堺市堺区にて2年前の大型台風で飛散した棟板金交換を行いました

棟板金 台風飛散 工事前
棟板金飛散 台風 交換後
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
足場
使用素材
ガルバリウム鋼板 コロニアル
築年数
建坪
保証
工事費用
40万円
施工事例

堺市堺区で雨漏りの激しい屋根他の改修工事をおこないました

仮応急状態
大屋根棟押え取付
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き直し
雨樋交換
その他の工事
使用素材
築年数
約50年
建坪
保証
工事費用
55万

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

棟板金飛散

堺市南区にて、以前の台風で屋根や外壁に被害を受けたお客様宅の現地調査を行いました今回、点検調査を行った箇所は・・・ ①棟板金 ②軒天 ③外壁 ④下屋の瓦棒 の4箇所になります

波板撤去

前回、台風でベランダ屋根が飛散した守口市のお客様より工事依頼を頂きました(現地調査時のブログはこちら)今回のベランダ波板の張替工事の工程は既存波板・木下地の撤去→木下地の新設→波板の張替えとなります順を追って工事の内容をご紹介致します⇩ ⇩...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん堺店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-04-9346