オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

堺市南区で経年劣化の進行や台風被害によってお住いに不具合が発生


堺市南区にて、以前の台風で屋根や外壁に被害を受けたお客様宅の
現地調査を行いました

今回、点検調査を行った箇所は・・・
 ①棟板金 ②軒天 ③外壁 ④下屋の瓦棒 
の4箇所になります

棟板金の様子

棟板金飛散


棟押え板金だけではなく下地材の貫板(ぬきいた)も
全て飛散していました

屋根材の下には、ルーフィング(防水シート)
敷かれているので、すぐに雨漏りは起こりません
しかし、風雨や紫外線などで劣化してしまうと、
雨水の侵入を許し雨漏れが起こる恐れがあります

ケラバ部分は、お客様ご自身で応急処置をされていました!!

ケラバ水切り
ガムテープでの補修
台風でケラバ水切りが外れかけていたので落下しない様に、
お客様ご自身で屋根に上がりロープやガムテープで固定されていました
何より、お客様にお怪我がなくて良かったです

ロープやガムテープでは押えだけであり止めの固定力が弱く、大雨や強風時には外れてしまい
ケラバ水切りが落下してしまう危険性があります

また、ケラバ水切り屋根・端からの雨水の浸入を防ぐ役割があり、
この状態では屋根内部に雨水が吹込み、下地を腐食させてしまう恐れがあります

ケラバ水切りは交換か取替えが必要と思われます

””屋根の上は常に危険がいっぱいです””
無理のない範囲で地上から目視等でチェックをし少しでも気になる箇所があれば
業者さんに連絡して本格的に見てもらいましょ

※ケラバ水切り→屋根のケラバ部分に被せて取付ける板金

軒天の様子

軒天の様子

軒天ピーリング捲れ
木製・軒天ピーリング材が経年劣化によって剥がれや腐食が見られました

軒天ピーリングとは・・
ピーリングと呼ばれる合板に木目を貼っている板材の事です。

このままだと、強風や大型台風が来た際に軒天が飛散してしまう恐れがあります

軒天の劣化は”雨”が大きく影響し、通常の降雨では破風・鼻隠しがあるので軒天に雨水が廻る事はありませんが、
暴風雨の際は、破風・鼻隠しに付いている雨水や雨樋から溢れた雨水などが風に流され
軒天まで伝わり木製やモルタル仕上げの軒天材劣化を促す原因の一つです

又、経年劣化によって木製だけではなくモルタル仕上げでも
軒天材の腐食が進行すると穴が開いてしまう事があります
穴から雨水が侵入し、雨漏りが発生する危険な状態です

他にも穴から小動物が入り込み住処とされるケースがあります
住処にされる事により小動物の糞・尿の悪臭や建材の劣化、
ダニやノミが寄生している為、湿疹や喘息・アレルギーなどの症状を引き起こし
住人の方々の健康被害にも繋がります

外壁の様子

外壁 浮き
モルタルが浮いている箇所が数箇所見られました

外壁はモルタル外壁を使用していました
経年劣化でヒビ割れが起き、その隙間から雨水が浸入し浮きが発生したと思われます

又、モルタル奥にあるメタルラス(網目状の金属)まで雨水が到達し、モルタル自体がメタルラスごと防水紙から浮いている事が分かりました

いずれ外壁全体が浮き、崩れる恐れがあります

モルタル壁って何???

モルタル壁とは・・・
セメント・砂・水を混ぜたもの(モルタル)を左官コテで外壁へ塗り付けて
その後、塗装等を施したりモルタル素地を施して仕上げます
塗装仕上げの場合、定期的な塗装やシール打替えのメンテナンスを行わなければ、
外壁の耐久性が著しく低下してしまいま

モルタル壁は、1980年代までの住宅の外壁に多く使用され、
築25年以上の建物に多く見られますが、
近年では、安価で工期が短い板状のパネル外壁材・サイデングボード(乾式工法)が主流となりました。

では、モルタル壁のメリット・デメリットと構造についてご紹介します
建材名
詳細
モルタル壁
メリット                  デメリット

●職人の腕技で意匠性に得られる           ●ひび割れが起きやすい
●耐火性が高い(途厚に応じて)            ●劣化による浸透性が高い
●継ぎ目が少なくコーキング補修頻度が少ない     ●汚れが付きやすい             
外壁構造




モルタル壁の構造は・・・

貫板(下地板)➡防水紙➡メタルラス➡モルタル➡塗装
の順になっています

下屋瓦棒の様子

瓦棒 赤錆 コケ状
下屋・瓦棒(金属屋根)にサビが生じていました

茶褐色に変色しているのが進行性のある赤サビ”です
赤サビは鉄を劣化させる性質がある為、放置していると金属がボロボロになり、いずれ穴が開き雨漏れの原因になりかねません

また黒くなっている箇所は、劣化した塗膜に埃などが付着しコケ状になってしまっていました

屋根の表面にサビが発生してきたら塗装が必要ですが、サビが酷く穴が開いている場合は、カバー工法や葺き替え工事が必要です

調査が完了しました!

お客様へ調査時の写真をお見せしながら、現状をお伝えしました
お客様のご希望もあり今回は、
「棟板金の張替え工事」「軒天・破風の補修工事」をご提案させて頂きました

住まいは築年数と共に劣化し続け、いつか寿命がやって来ます。
劣化が進行すると、補修箇所が増えお客様のご負担が大きくなってしまうので、
状況に応じて適切なお手入れを行う事が重要です

街の屋根やさん堺店でも、調査依頼等を受付していますので
お気軽にお問い合わせください

この工事の現場ブログ

棟板金飛散

2021/04/02/ 堺市南区で経年劣化の進行や台風被害によってお住いに不具合が発生

堺市南区にて、以前の台風で屋根や外壁に被害を受けたお客様宅の現地調査を行いました今回、点検調査を行った箇所は・・・ ①棟板金 ②軒天 ③外壁 ④下屋の瓦棒 の4箇所になります

同じ工事を行った施工事例

施工事例

守口市で台風と経年劣化で飛散したベランダ屋根の張り替え工事

守口市 波板施工事例 before
波板施工事例 after
工事内容
屋根補修工事
火災保険
台風
使用素材
ポリカーボネート波板、  2×4材(SPF)
築年数
約35年
建坪
保証
工事費用
約15万円
施工事例

泉南市で台風被害に遭った3階建て建物の各所補修工事を行った様子

施工事例 before
施工事例 after
工事内容
屋根補修工事
雨樋交換
天窓工事
足場
火災保険
台風
3階建て
使用素材
コロニアル、水切り金物(トップライト)、雨樋、窯業系サイディングボード
築年数
25年
建坪
保証
工事費用
約60万円
施工事例

堺市中区で台風被害のカーポート屋根全面張替えと枠組み補修工事

カーポート飛散 工事前
カーポート飛散 工事後
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ポリカーボネート製波板・フック
築年数
約45年
建坪
保証
工事費用
約15万円

同じ地域の施工事例

施工事例

堺市南区で突風被害のベランダ屋根と樋の修復作業を行いました

ベランダ波板飛散状況
屋根・樋・照明完了
工事内容
屋根葺き直し
雨樋交換
火災保険
台風
使用素材
築年数
約50年
建坪
保証
工事費用
18万
施工事例

堺市西区にてカーポート屋根の張り替え工事の施工事例。

カーポートコラム②
カーポート屋根 完了
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ポリカーボネート板
築年数
建坪
保証
工事費用
約7万5千円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

建物全景

堺市堺区にお住いのお客様より、”雨樋が外れている”とお問合せがあり、現地調査へお伺いしましたお客様より築年数が経過しているので、建物全体も見てほしいとご依頼がありました。屋根や外壁は波型スレートと呼ばれる、セメントと繊維を成形して作られた波...........

波板撤去

前回、台風でベランダ屋根が飛散した守口市のお客様より工事依頼を頂きました(現地調査時のブログはこちら)今回のベランダ波板の張替工事の工程は既存波板・木下地の撤去→木下地の新設→波板の張替えとなります順を追って工事の内容をご紹介致します⇩ ⇩...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん堺店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-04-9346