堺市中区にて老朽化したテラスをFRP防水をしています

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/7更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

経年劣化したベランダの現況
経年劣化で剥離部分も生じて瓦屋根の雨水も合流するので、お客様にとっては、不安の種でした。ご相談のうえ、FRP防水で対応する事にしました。ガラス繊維を樹脂塗料で固めて
防水層を表面に作り水はけの良い美しいテラスに生まれ変わります。
経年劣化したベランダ立上り壁現況
こちらも現状の写真ですが、床面と壁の立ち上がりコーナーに、現在の防水が切れ掛けている除隊です。このまま放置すると雨水が切れ目から流込み階下への漏水に繋がり、建物に悪影響を及ぼします。
シーリング
コーナー継ぎ目にシーリング材を塗布して下地からの漏水をカットします。当然、床面の旧防水継ぎ目も確認のうえシーリングを行います。シーリング材をヘラ等で継ぎ目に擦りこんで注入します。
下地シーラー処理
下地を清掃してホコリ等を除去したあと、接着剤(シーラー)を塗ります。シーラー処理の壁面を塗布している状況です。
この下地処理がこの後のガラス繊維貼や樹脂塗・仕上げ塗に重要な接着力が生まれるので、隅々まで塗れている事を確認して作業を進めます。
床シーラー処理
床面にも同様に下地処理(シーラー処理)をおこなっています。表面に光沢があり光っている所が処理済でグレーに見える所が未施工部分でこれから塗り上げます。
防水下地塗付
下地処理の乾燥を待ってガラス繊維の下地を貼りつけて行きます。このガラス繊維が溶剤塗料に反応密着して、FRP防水に仕上がります。
床ガラス繊維貼り付
床面も同じくガラス繊維を貼り付けて行きます。
濃い薄いが繊維貼りには禁物で一面が均等な厚さに貼り付けて行かなければなりません。
ガラス繊維貼り付
瓦屋根取合い下地にも繊維下地を施し、貼り付が終われば本日の作業は終了です。
明日は樹脂塗料でガラス繊維溶着と仕上げトップ塗装で完了します。あと一息でお客様に安心をお届け出来ます。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

和泉市にて雨漏れが発生!雨漏れ補修工事の施工事例

屋根接点-隙間
コーキング済み
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
防水工事
使用素材
コーキング・板金
築年数
約25年
建坪
保証
工事費用
約5万円
施工事例

堺市北区にて雨漏り修理の為、2階テラスの塩ビシート防水工事をご紹介します。

テラス雨漏り改修前
テラス雨漏り改修完了
工事内容
防水工事
その他の工事
使用素材
塩ビシート防水・ガルバリウム鋼板笠木
築年数
約30年
建坪
35坪
保証
10年
工事費用
約40万円
施工事例

堺市堺区にて築45年の社屋ビル改修工事を施工しました。

正面外観現状
完了正面
工事内容
防水工事
工場・倉庫などの外装リフォーム
使用素材
築年数
45年
建坪
約220坪
保証
工事費用
1520万

同じ地域の施工事例

施工事例

堺市中区にて、破風板の補修工事

破風板 割れ
破風板 タッチアップ
工事内容
破風板・軒天部分補修
使用素材
築年数
20年
建坪
保証
工事費用
約4万5千円
施工事例

堺市中区にて屋根板金張替えと動物(ネコ)の侵入対策 施工事例

屋根取り合い部分
屋根取り合い 板金張付け 完了
工事内容
屋根補修工事
使用素材
屋根板金
築年数
50年
建坪
約50坪
保証
工事費用
10万円
施工事例

堺市中区|屋根貼替え塗装の工事

波板 現況
波板 完了全景
工事内容
屋根補修工事
屋根塗装
使用素材
ポリカーボネイト波板・カラー鉄板・ウレタン樹脂塗料他
築年数
約45年
建坪
保証
工事費用
約85万

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

ドレン口処理

大阪市港区にて3階建て住居の屋上・ベランダ部分の防水が経年劣化しだしたので、仮設足場組から屋上他の残置材の撤去処分をして下地処理(ケレン・目地撤去・清掃)を施し防水仕上げに取り掛かりました。屋上・ベランダのドレン口の下地処理を行いました。(...........