堺市西区にて劣化した屋根漆喰の塗替え工事を施工しました。

【台風21号で被災された方の安全と一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます】
  台風21号が西日本に甚大な被害を与え日本列島を通過しました。
関西地方を中心に各地で記録的な暴風による停電被害、事故、交通の乱れ、住まいの破壊など大きな混乱が生じ、現在でもその爪痕が残った状態となっております。台風による被害を受けた方、受けたかも知れない方は街の屋根やさんにご相談ください。点検はもちろん可能な限り応急処置にもその場で対応いたします。
現在大変多くのお客様よりお問合せを頂いており、順番に対応をさせていたただいております。
皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

大屋根谷樋漆喰ハガレ状態
下屋下り棟漆喰現状
堺市西区にて、漆喰が剥がれ落ちて来たので点検補修のご依頼を受けました。
調査段階では、やはり谷部分の漆喰が各所で剥がれ落ちていました。(左写真 赤矢印)
又、棟廻りも経年劣化が見られ、全体的に改修時期であると判断しました。(右写真 赤丸)
一文字葺きの趣が有る緑青色の銅板損傷も大きく無く、瓦自体のズレや割れは見受けられませんので、今回は漆喰部分の塗替えと一文字銅板取合い補修でご提案させて頂き了解を得ました。

補修工事に着手しました。

施工前現状
面戸漆喰撤去状況
谷樋部漆喰撤去後
面戸漆喰改修工事に着手しました。
左写真は施工前の現況です。
中央写真は、既存の面戸漆喰をメクリ撤去作業中です。
右写真は調査時にお客様が心配されて、漆喰の落下が発生した谷樋の漆喰を撤去清掃した状態です。
中央写真部分も当然撤去後に清掃しています。
大屋根漆喰完了
下屋根漆喰完了
谷樋漆喰完了
面戸漆喰メクリ撤去清掃後、下地土部分を補強して漆喰塗替え完了しました。
大屋根・下屋根・谷樋・鬼瓦廻りと漆喰部分は全て塗り上げ仕上げました。
専門外の業者さんが漆喰のみを、上塗り補修してある瓦屋根を点検調査に行きますとよく見掛けますが、漆喰が瓦面と同面や漆喰が出ている塗り方は、逆に雨水の浸透を促してしまいます。
漆喰の撮り直しは、専門業者に任せて納まりが確実な事が屋根の寿命を延ばします。
銅板補修
銅板補修1
漆喰完了後に清掃して検査しますと銅板に瓦取合いでの電蝕による微かなピンホールを数か所発見しました。
今回の工事には当初は含めていませんでしたが、補修工事をさせて頂く業者としては見落としていた部分でも有り、せっかくの趣あるいぶし瓦一文字銅板屋根でしたので銅板にて不安ヵ所も含めて部分補修をさせて頂きました。
この補修で瓦からの電蝕が防げ一文字銅板の耐用年数も延びました。
後日、お客様に確認しますと、漆喰が白く美しくなりかなりの大雨でも谷樋からの雨垂れ音が無くなったと喜んで頂きました。

この工事の現場ブログ

大屋根谷樋漆喰ハガレ状態

2018/06/11/ 堺市西区にて劣化した屋根漆喰の塗替え工事を施工しました。

堺市西区にて、漆喰が剥がれ落ちて来たので点検補修のご依頼を受けました。調査段階では、やはり谷部分の漆喰が各所で剥がれ落ちていました。(左写真 赤矢印)又、棟廻りも経年劣化が見られ、全体的に改修時期であると判断しました。(右写真 赤丸)一文字...........

同じ地域の施工事例

施工事例

堺市西区で切妻屋根ケラバ瓦の差替え補修他を施工しました。

ケラバ瓦割れ・補修跡
袖瓦交換後
工事内容
雨漏り修理
その他の工事
使用素材
築年数
約45年
建坪
約25坪
保証
工事費用
約45万
施工事例

堺市西区にてアクリル波板破損 ポリカーボネート波板に張り替え 施工事例

アクリル波板 破損
波板 張り替え
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ポリカーボネート波板
築年数
約35年
建坪
保証
工事費用
約8万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

降り棟完了

河内長野市にて棟瓦の補修、葺き替え工事が完了致しました。漆喰もすごくキレイに真っ白になっています

屋根現調 全景

河内長野市にて瓦屋根の点検のご依頼をいただき現地調査へ行って参りました調査を開始しますと瓦の割れや、ケラバの瓦の釘が抜けている等が見受けられました。トップライトの周りも雨漏れの発生する原因となることがありますので細かく調査をします

ハト小屋棟完了

箕面市で瓦の点検調査して、棟や袖瓦の不具合を補修完了しました。ハト小屋部の棟葺替えが完了しました。既存瓦での葺き替えですので、上部から撮影では漆喰部分の白さだけが葺き替えを表しています。のし瓦下5枚の平瓦は欠けていたので今回作業で差替えまし...........