松原市にてベランダ屋根が突風により破損!波板の張り替え工事を行いました

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/7更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

波板撤去後
松原市にて突風によりベランダ屋根が破損したとの連絡を受け調査へお伺いさせていただきました結果、波板の張り替え、棟押さえ金物の取り替え工事を行わせていただくこととなりました
まずは既存の棟押さえ金物と、破損していたアクリル製の波板を撤去しました
仮並べ
既存の波板はアクリル製の波板でしたが、今回の工事ではより強度の高いポリカーボネート波板を使用させていただきます
切り縮めや重なり調整が必要となる可能性があるので、ポリカー波板を仮並べして納まりを確認します
清掃状況
現在既存の波板を撤去している状態なので、この機会に普段清掃出来ない谷樋部分や母屋部分も清掃しました
ゴミや枯葉等で樋に不具合が生じる場合がありますので、せっかくなので清掃させていただきました
張替え完了
仮並べして建物と屋根のひずみを確認し、若干の寸法カットで樋への被りすぎ支障(雨水の樋を越えるオーバーフローの懸念回避)を配慮しています
棟押さえの部材も撤去前に使用されていた鉄板金物ではなくポリカー役物で対応し、腐食の心配をなくしました
波板の重なり部分も2.5山以上にして、緩勾配にも対処しています
張替え完了遠景
ベランダ屋根の張り替え工事が完了しました
強い雨風が急に起こったりしなければですが、以前よりはこれで安心して洗濯物が干せますね
波板も以前使用されていたアクリル波板よりも強度の高いポリカーボネート波板を使用していますので、以前よりも頑丈なベランダ屋根に生まれ変わりました

同じような状況やお悩みをお持ちの方がございましたらお気軽にお電話してきてくださいねお待ちしております~

同じ工事を行った施工事例

施工事例

松原市にてベランダ屋根が破損!波板張り替え工事の施工事例

落下部分 ベランダよりの詳細
張替え完了
工事内容
屋根補修工事
使用素材
築年数
約30年
建坪
保証
工事費用
約8万円
施工事例

和泉市にて雨漏れが発生!雨漏れ補修工事の施工事例

屋根接点-隙間
コーキング済み
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
防水工事
使用素材
コーキング・板金
築年数
約25年
建坪
保証
工事費用
約5万円
施工事例

松原市にて、強風の影響によりスレート波板屋根が飛散!修繕工事の施工事例

スレート屋根点検全景
スレート屋根明り取り施工完了
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ポリカーボネート波板
築年数
約45年
建坪
保証
工事費用
約10万円

同じ地域の施工事例

施工事例

松原市にてベランダ屋根が破損!波板張り替え工事の施工事例

落下部分 ベランダよりの詳細
張替え完了
工事内容
屋根補修工事
使用素材
築年数
約30年
建坪
保証
工事費用
約8万円
施工事例

松原市にて3階建て住宅屋根の棟板が飛散!?復旧工事を行いました!

棟板施工前
棟板施工完了
工事内容
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム鋼板製の棟板
築年数
約20年
建坪
約40坪
保証
工事費用
約9万円
施工事例

松原市にて、強風の影響によりスレート波板屋根が飛散!修繕工事の施工事例

スレート屋根点検全景
スレート屋根明り取り施工完了
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ポリカーボネート波板
築年数
約45年
建坪
保証
工事費用
約10万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

カーポート屋根 破損

堺市西区にてカーポート屋根が破損したとの連絡を受け現地調査へ行って参りましたカーポート屋根に穴が空いていると雨が降った時に車が雨にさらされてしまいますよね以前破損した際にお客様自身で応急処置をなされていたとのことですが、

天井裏 雨漏れ

堺市美原区にて雨漏れが発生しているとの連絡を受け現地調査へ行って参りましたまずは室内の雨漏れ箇所の調査をしていきます。2階の天井から屋根部を除いてみました白く見えているのが断熱材になります。断熱材はコンパネ(合板)に貼られているのですが、コ...........

鬼瓦 破損個所

こちらののし瓦の部分も仮撤去し、下地をきちんといれているところになります。工事が完了すると見えな箇所にはなるのですが、下地等見えない箇所程キッチリと施工しないといけないのです