松原市で住宅の軒樋に落葉が詰まって困っているとの連絡が有り現地調査


屋根落葉
松原市の2階建て住宅の軒樋に落葉が詰まって困っているとの連絡が有り現地調査に行ってきました。
建物が裏の敷地にある大きな木に覆われている状況で落葉の量が多く、それにより雨樋が詰まって雨水がまとまって溢れ出し地面に直接落下し、跳ね返った泥水によって外壁も汚れていました。
住宅はまだ新しいのに・・・、こんな状況は嫌ですよね
屋根既存状況
屋根に上って全体を見渡すと、屋根本体自体には落葉やコケ等は無く、まだ新しいので全体的に綺麗な状況でした
軒樋落葉の状況
しかし、軒樋を見ると予想通りたくさんの落葉が蓄積していました
軒樋落葉詰まり状況
この写真の落葉が溜まっている部分は、たて樋への落ち口部分で、軒樋の一番水下になっている部分です。
完全にこの落ち口が落葉と土の塊で詰まっていました。
軒樋・出隅部分落葉
軒樋の出隅部分です。
この部分も詰まりやすく、落葉で完全にせき止められています。
軒樋落葉詰まり
出隅部分と同じく、入隅部分も完全にせき止められています。一度こうなってしまうと、土誇りやコケと一緒になり固まってしまい自然に流れるのは難しくなります。
屋根軒樋壁落葉
この部分は下屋部分です。1階の屋根と2階の壁の接点部分です。
ここも落葉により完全に樋が詰まり、壁面の隙間にまで落葉が挟まってしまっています。
屋根軒樋壁際落葉取り除き状況
このままの状況で放置しておくと壁面の隙間も目詰まりを起こしてしまい、酷くなるとこの部分からの室内への漏水へと繋がる恐れも出てきます。
なので、今回の調査時に簡易的に表面の詰まり部分は取り除いておきましたよ
ここは窓からホウキ等で届く所なので、時々確認してくださいね
屋根軒樋落葉取り除き状況
大屋根も樋の落ち口部分やコーナー部分など落葉詰まりがひどい所だけは今回簡単にではありますが落葉を取り除いておきました
屋根軒樋落葉取り除き状況
落ち口部分の落葉を取り除くと、今見えている丸いパイプ部分の上端が土で覆われ完全に固まっていました。
これでは雨水はたて樋を流れていかず、軒樋の上から溢れ出し地面に跳ね返り外壁を汚してしまいますよね
屋根軒樋落葉取り除き完了
これでとりあえず雨水が流れる様にはなったと思います。部分的な清掃でしたが袋一杯の落葉が取れました
その他屋根調査状況
ついでに屋根全体の点検も行いました。
スレート屋根の三角に切断した部材が少しひび割れていました。このような三角に切断した部材は少し割れやすいです。
その他屋根調査状況
しかし、緊急で雨漏れするような状況ではありませんので安心してください。
この様な屋根材の下地にはルーフィングという雨水を室内に通さない防水シートが張ってある上、端部は板金にて雨水が浸入しないように造られています。

この様な場合の対策としては、樹脂製の落葉よけネットの設置が有効と思われます。
軒樋に筒状にした樹脂製のネットをはめ込んで銅線にて固定します。大きな落葉が軒樋に落ちて溜まるのを防ぎます。
設置しても点検や清掃が完全に必用無くなる訳ではありませんが、現状の詰まり頻度からすると劇的に改善すると思いますよ
落葉よけネット設置時には、樋を水道で綺麗に清掃した後に設置致します。
スレート屋根のひび割れのあった部分も少しなのでついでに補修しておきますよ
この様なご相談・お問い合わせは→0120-04-9346

同じ工事を行った施工事例

施工事例

箕面市にて棟瓦の葺き替え工事を施工しました。

屋根現調 全景
足場撤去完了
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
使用素材
築年数
約20年
建坪
約52坪
保証
工事費用
約70万
施工事例

和泉市にて台風の被害による瓦補修工事の施工事例

棟のし瓦現況
漆喰完成
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め直し
落葉除けネット設置
使用素材
面戸漆喰
築年数
25年
建坪
保証
工事費用
約55万円
施工事例

大阪府八尾市にて、庭先の波板張り替え工事を行いました

波板
波板
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ポリカーボネート波板 波板専用フック
築年数
25年
建坪
保証
工事費用
約8万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

ハト小屋棟完了

箕面市で瓦の点検調査して、棟や袖瓦の不具合を補修完了しました。ハト小屋部の棟葺替えが完了しました。既存瓦での葺き替えですので、上部から撮影では漆喰部分の白さだけが葺き替えを表しています。のし瓦下5枚の平瓦は欠けていたので今回作業で差替えまし...........

屋根形状

堺市西区にて、築30年の屋根点検・調査をして欲しいとの、お問い合わせを受けて調査にお伺いしました。軒先 銅板一文字葺きで、日本瓦屋根の趣が有るお宅でした。

足場設置完了

大阪府堺市北区にてお客様より雨漏れがしてきたので原因を早急に見つけ、見積りをお願いしたいとご連絡を頂き、見積書提出その後、工事を受注し、着工しました足場設置後、造作工事、左官工事、板金工事、塗装工事の順番で施工しましたこの画像は足場設置した...........