松原市にて棟押え金物が飛散したので修理に行きました。

大阪北部地震に続き西日本豪雨と自然災害が頻発しております。梅雨が明けたとはいえ台風の季節も訪れ、今後も自然災害への注意が必要です。災害により被災された方、現在お住まいに対してご不安を抱え自然災害への備えをしたい方。屋根・外壁についての点検はもちろん応急処置や補修とできる限り対応させていただいておりますので、「もしかして」と不安な方はご遠慮なくご連絡ください。

高所作業車での作業風景
松原市で突風により大屋根の棟押えが落ちてきたので、修理の依頼が有りました。
3階建ての大屋根で梯子では対応出来ず、高所作業車を使って改めて調査点検して修理を行いました。
前回調査で飛散落下していた棟押え金物で寸法を採寸していましたので、工場にて製作加工してから伺いました。
下地板も持ち込んで修理時に対応出来るよう準備して参りました。
高所の作業で危険が伴いますので、2名体制で作業しました。
当然ですが、作業車のオペレーターは有資格者です。
下地板取替え
予想していた通り、下地板も緑枠印の奥側2枚が飛んで無くなっていましたので、新しく下地板を取付ました。
下地板取替え完了
奥側に残っていた棟押え金物を点検しています。
取り付き部に少し浮きが認められたので、ビス金物を打替え補強のうえ、既存金物にコーキングを裏打ち補充して下地への密着度を高めました。

棟押え取付状況
加工製作してきた棟押え金物を取り付けています。
金物・屋根材は塗装して有り既製鋼板には無い色ですので、色が変わる事は、事前にお客様の了承を得て取付けました。

既存金物点検補修
屋根全体を確認し、ビス不足部分の補充増し打をしました。
屋根材(コロニアル)は塗装をやり替えておられましたし、欠けやひび割れは認められませんでした。
軒樋も3階建てで高所位置なので、確認しましてゴミや落ち葉のつまりが有りませんでした事、お客様に報告して安心して頂きました。

コーキング完了
飛散落下していた棟押え金物を取り替えて、ビス金物と重なり部分(ジョイント)のコーキングをして完了しました。
今回の工事は比較的難しい作業では有りませんが、高所での作業と製作加工が必要ですので、工事専門業者等に依頼されるのが賢明と思います。
この工事のお問い合わせは 0120-04-9346まで

この工事の現場ブログ

高所作業車での作業風景

2017/12/08/ 松原市にて棟押え金物が飛散したので修理に行きました。

松原市で突風により大屋根の棟押えが落ちてきたので、修理の依頼が有りました。3階建ての大屋根で梯子では対応出来ず、高所作業車を使って改めて調査点検して修理を行いました。前回調査で飛散落下していた棟押え金物で寸法を採寸していましたので、工場にて...........

同じ工事を行った施工事例

施工事例

泉大津市にて屋根金物が飛散、屋根金物の取り換え工事の施工事例

ケラバ・棟押え金物状況
ケラバ・棟押え取付完了
工事内容
棟板金交換
使用素材
築年数
約40年
建坪
保証
工事費用
約4万5千円
施工事例

松原市にて3階建て住宅屋根の棟板が飛散!?復旧工事を行いました!

棟板施工前
棟板施工完了
工事内容
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム鋼板製の棟板
築年数
約20年
建坪
約40坪
保証
工事費用
約9万円
施工事例

和泉市にて雨漏れが発生!雨漏れ補修工事の施工事例

屋根接点-隙間
コーキング済み
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
防水工事
使用素材
コーキング・板金
築年数
約25年
建坪
保証
工事費用
約5万円

同じ地域の施工事例

施工事例

松原市にて3階建て住宅屋根の棟板が飛散!?復旧工事を行いました!

棟板施工前
棟板施工完了
工事内容
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム鋼板製の棟板
築年数
約20年
建坪
約40坪
保証
工事費用
約9万円
施工事例

松原市にて、強風の影響によりスレート波板屋根が飛散!修繕工事の施工事例

スレート屋根点検全景
スレート屋根明り取り施工完了
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ポリカーボネート波板
築年数
約45年
建坪
保証
工事費用
約10万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

下地板取付

泉大津市にて強風の影響により屋根金物が飛散しているとのことで、前回調査へお伺いさせていただきましたので、今回は屋根金物の交換をに取り掛かります。屋根の形状は切妻屋根(「へ」のような形の屋根)になっていてケラバ金物が飛散している状態でした。(...........

ケラバ・棟押え金物状況

泉大津市にて、強風の影響により屋根先の金物が飛散してしまったとの連絡を受け現地調査へ行って参りました

コーキング済み

こちらは2段になっている屋根と屋根との取り合い部分になります。下端にコーキング(防水処理)がされていなかったので隙間から横雨が入ってしまい、雨漏れが発生した可能性が考えられます