堺市西区にて雨漏れが発生!瓦の積み直し、漆喰の塗り直し工事を行いました

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/7更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

棟瓦積み直し完了
堺市西区にて雨漏れが発生しているとの連絡を受け、雨漏れの補修工事を行いました。
前回は老朽化している瓦、割れている瓦の取り替え工事をさせていただきました。今回は瓦の積み直し、漆喰の塗り直し工事を施工していきます
棟瓦積み直し完了
棟部分の瓦の積み直しを行いました。
のし瓦の漆喰が積み直しをする以前は漆喰を塗りすぎているように見受けられましたが、今回新しく塗り直しました。
キレイに押さえて仕上がっていますね
のし瓦の勾配も改善されました
棟瓦積み直し完了
赤く囲っている部分ののし瓦は劣化、損傷がひどかったので、今回新しいのし瓦と入れ替えておきました
棟瓦積み直し完了
こちらは雨漏れが一番ひどかった部分の棟になりますが、瓦の積み直しが完了し、漆喰もキレイに仕上がりました

棟瓦積み直し完了
隅棟の瓦の積み直しが完了している写真なのですが、矢印をしている箇所の茶色い跡が瓦を積み直す以前の漆喰の跡になります。
以前は茶色くなっている分だけ漆喰を塗りすぎていたことになります
棟瓦積み直し完了
漆喰を塗りすぎると雨水を含みやすくなり、雨水が屋根内部へ侵入して雨漏れの原因になる場合がありますので漆喰の塗り過ぎはよくありません
今回の瓦の取り替え、積み直し、漆喰の塗り直し工事は終了しました。
基本的には既存の瓦を再利用をする工事(劣化、損傷の激しい瓦などは新しい瓦に取り替えています)になりますので費用は抑えられる工事となっています。
このような工事をご希望される方、また、他の工事をご希望をされる方がございましたら、まずは調査へお伺いさせていただきますので、お気軽にご連絡してきてくださいね!お待ちしております

同じ工事を行った施工事例

施工事例

松原市にてベランダ屋根が破損!波板張り替え工事の施工事例

落下部分 ベランダよりの詳細
張替え完了
工事内容
屋根補修工事
使用素材
築年数
約30年
建坪
保証
工事費用
約8万円
施工事例

和泉市にて雨漏れが発生!雨漏れ補修工事の施工事例

屋根接点-隙間
コーキング済み
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
防水工事
使用素材
コーキング・板金
築年数
約25年
建坪
保証
工事費用
約5万円
施工事例

松原市にて、強風の影響によりスレート波板屋根が飛散!修繕工事の施工事例

スレート屋根点検全景
スレート屋根明り取り施工完了
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ポリカーボネート波板
築年数
約45年
建坪
保証
工事費用
約10万円

同じ地域の施工事例

施工事例

堺市西区で切妻屋根ケラバ瓦の差替え補修他を施工しました。

ケラバ瓦割れ・補修跡
袖瓦交換後
工事内容
雨漏り修理
その他の工事
使用素材
築年数
約45年
建坪
約25坪
保証
工事費用
約45万
施工事例

堺市西区にてアクリル波板破損 ポリカーボネート波板に張り替え 施工事例

アクリル波板 破損
波板 張り替え
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ポリカーボネート波板
築年数
約35年
建坪
保証
工事費用
約8万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

カーポート屋根 破損

堺市西区にてカーポート屋根が破損したとの連絡を受け現地調査へ行って参りましたカーポート屋根に穴が空いていると雨が降った時に車が雨にさらされてしまいますよね以前破損した際にお客様自身で応急処置をなされていたとのことですが、

天井裏 雨漏れ

堺市美原区にて雨漏れが発生しているとの連絡を受け現地調査へ行って参りましたまずは室内の雨漏れ箇所の調査をしていきます。2階の天井から屋根部を除いてみました白く見えているのが断熱材になります。断熱材はコンパネ(合板)に貼られているのですが、コ...........

鬼瓦 破損個所

こちらののし瓦の部分も仮撤去し、下地をきちんといれているところになります。工事が完了すると見えな箇所にはなるのですが、下地等見えない箇所程キッチリと施工しないといけないのです