和泉市にて大屋根の状態を点検調査に再度お伺いしました。


軒樋つまり
和泉市にて台風21号で屋根に被害が出て調査点検を依頼され、調査に伺った日が台風22号の接近で風雨が強く地上からの調査しか出来ず、改めて大屋根上の点検調査にお伺い致しました。
台風22号の雨風も治まり、別棟は梯子を使って屋根にも上がらせて頂きましたが、屋根勾配のきついこちらの棟は梯子からの確認としました。
軒樋は予想通り枯葉が詰まり、雨が降っていないにも関わらず雨水が流れず溜まっていました。
対処として、清掃し落ち口ネットを取付ける事で提案します。
作業の後は竪樋に流れますが、落葉防止のため定期的な樋清掃も必要です。
軒樋清掃は危険が伴いますので、専門家に依頼される事をお勧めします。

棟のし瓦現況
別棟は梯子を使って上って点検しました。
大屋根の棟も漆喰が剥がれ落ち、屋根土が見えた状態です。
このまま放置すると、棟瓦がズレ落ちてしまいます。
面戸漆喰を塗り込む施工をお勧めします。
大屋根棟瓦破損
寄せ棟瓦も漆喰からズリ落ち外れた状態です。
この部分も漆喰が剥がれ落ちていて、瓦復旧に併せて漆喰塗も必要です。
軒先瓦割れ
台風時の強風で、庭の竹がしなって屋根を叩いて軒先瓦が割れていました。
屋根全体を点検し、割れていたりずれている瓦は差替えや位置復旧で補修する事としました。
併せて、軒樋と集水舛(上合)も竹に叩かれてずれていますので、補修し元の位置に戻す作業を行います。
今回の事例を拝見して、自然の力には改めて驚かされました。
軒樋つまり溢れ・トップライト
別棟の遠景で赤丸のトップライトの雨漏りは、屋根勾配が6寸ときつくて梯子では屋根に上がるという対応は出来ず仮設屋根足場が必要となります。
21号台風時は室内の雨漏りが見受けられたようですが、幸いにも先日調査の22号台風時と本日も雨漏りは有りませんでした。
21号台風の強風と強雨でトップライト下部の水切りから、吹き込んでいたものと考えられます。
お客様も建築後トップライトからの雨漏りは、今回が初めてだとお聞きしていましたので、下端水切り廻りを足場を設置して点検補修する事とします。
屋根工事に携わる私たちも、工事はもちろん大屋根へ登っての点検調査でも危険が伴います。
屋根・樋の作業や点検で、墜落や転落といった事故が起こる可能性は高いので、専門業者等にお願いされる事が安全と思います。
この点検調査のお問い合わせは 0120-04-9346まで

同じ工事を行った施工事例

施工事例

箕面市にて棟瓦の葺き替え工事を施工しました。

屋根現調 全景
足場撤去完了
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
使用素材
築年数
約20年
建坪
約52坪
保証
工事費用
約70万
施工事例

和泉市にて台風の被害による瓦補修工事の施工事例

棟のし瓦現況
漆喰完成
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め直し
落葉除けネット設置
使用素材
面戸漆喰
築年数
25年
建坪
保証
工事費用
約55万円
施工事例

大阪府八尾市にて、庭先の波板張り替え工事を行いました

波板
波板
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ポリカーボネート波板 波板専用フック
築年数
25年
建坪
保証
工事費用
約8万円

同じ地域の施工事例

施工事例

和泉市にて台風の被害による瓦補修工事の施工事例

棟のし瓦現況
漆喰完成
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め直し
落葉除けネット設置
使用素材
面戸漆喰
築年数
25年
建坪
保証
工事費用
約55万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根雨漏り部分調査

堺市美原区の2階建て住宅の屋根から雨漏りが発生し、前回調査の結果、棟瓦周りからの雨漏りが確認されました今回、雨漏りヵ所のみの部分補修ではなく、先々を考え棟全体の改善提案を行いましたお客様にも納得を頂いた上、棟周りの瓦全体を積み直す事になりま...........

ハト小屋棟完了

箕面市で瓦の点検調査して、棟や袖瓦の不具合を補修完了しました。ハト小屋部の棟葺替えが完了しました。既存瓦での葺き替えですので、上部から撮影では漆喰部分の白さだけが葺き替えを表しています。のし瓦下5枚の平瓦は欠けていたので今回作業で差替えまし...........

屋根形状

堺市西区にて、築30年の屋根点検・調査をして欲しいとの、お問い合わせを受けて調査にお伺いしました。軒先 銅板一文字葺きで、日本瓦屋根の趣が有るお宅でした。