和泉市にてベランダ波板の点検・調査にお伺い致しました。

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/20更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。
 現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

ベランダ屋根現況
和泉市にてベランダの屋根のフックが飛散して、パタパタと音がして不安なので点検して欲しいとのご依頼が有り、調査にお伺い致しました。
昨秋の台風以降この被害案件の依頼が、数多く寄せられています。
ベランダ下から拝見した所、重なり部分の風化と汚れが目立つ位で、顕著なメクレや飛散は有りませんでした。
フック飛散ヵ所
ベランダに上がらせて頂き細部を調査しました。
軒先からフックが落ちて来ていたとのお客様の情報で、波板の軒先を点検しましたら、やはり軒先前列のブラフックが経年劣化して飛散していました。
このまま放置していますと、他のブラフックが飛散したり、波板自体が突風に耐えられずメクレや破損にも繋がります。
フック飛散状況
別部分の軒先も同様にブラフックが飛散していました。
風の吹き抜け状態や建物の間などの諸条件で、波板の耐久性の長短が生じる事もお客様に説明致しました。
波板は、メーカー表示では3~5年・5~7年・7~10年とグレード・材質により相違が有ります。
ベランダ設置から約10年との事で、耐用年数を考えますとプラフックは当然で波板そのものも張替えの時期と考えます。
屋根波板風化と汚れ状況
L型状のベランダ屋根なので谷部分の勾配が緩く、重なり部分の汚れが目立ち一部変形しています。
重なりは3山以上とってありますが、緩勾配の加減で汚れやホコリが滞留しています。
軒先のブラフック止めだけでもと希望されましたが、耐用年数が経過した現状では波板自体の耐久性を考えて、全面張替えをお勧めしました。
この調査についてのお問い合わせは 0120-04-9346まで

同じ工事を行った施工事例

施工事例

松原市にてベランダ屋根が破損!波板張り替え工事の施工事例

落下部分 ベランダよりの詳細
張替え完了
工事内容
屋根補修工事
使用素材
築年数
約30年
建坪
保証
工事費用
約8万円
施工事例

和泉市にて雨漏れが発生!雨漏れ補修工事の施工事例

屋根接点-隙間
コーキング済み
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
防水工事
使用素材
コーキング・板金
築年数
約25年
建坪
保証
工事費用
約5万円
施工事例

松原市にて、強風の影響によりスレート波板屋根が飛散!修繕工事の施工事例

スレート屋根点検全景
スレート屋根明り取り施工完了
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ポリカーボネート波板
築年数
約45年
建坪
保証
工事費用
約10万円

同じ地域の施工事例

施工事例

和泉市にて雨漏れが発生!雨漏れ補修工事の施工事例

屋根接点-隙間
コーキング済み
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
防水工事
使用素材
コーキング・板金
築年数
約25年
建坪
保証
工事費用
約5万円
施工事例

和泉市にて飛散した3階ベランダ屋根波板を張替えました。

波板張替え 全景
完了全景
工事内容
屋根葺き替え
その他の工事
使用素材
ポリカー波板
築年数
約25年
建坪
保証
工事費用
14万円(内部雑工事共)
施工事例

和泉市にて台風の被害による瓦補修工事の施工事例

棟のし瓦現況
漆喰完成
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め直し
落葉除けネット設置
使用素材
面戸漆喰
築年数
25年
建坪
保証
工事費用
約55万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

カーポート屋根 破損

堺市西区にてカーポート屋根が破損したとの連絡を受け現地調査へ行って参りましたカーポート屋根に穴が空いていると雨が降った時に車が雨にさらされてしまいますよね以前破損した際にお客様自身で応急処置をなされていたとのことですが、

天井裏 雨漏れ

堺市美原区にて雨漏れが発生しているとの連絡を受け現地調査へ行って参りましたまずは室内の雨漏れ箇所の調査をしていきます。2階の天井から屋根部を除いてみました白く見えているのが断熱材になります。断熱材はコンパネ(合板)に貼られているのですが、コ...........

鬼瓦 破損個所

こちらののし瓦の部分も仮撤去し、下地をきちんといれているところになります。工事が完了すると見えな箇所にはなるのですが、下地等見えない箇所程キッチリと施工しないといけないのです