堺市美原区で2階建て住宅屋根の棟・隅棟瓦の積み直しを行いましたのでご紹介します!


工事のきっかけ

以前から雨漏りした事が何度かあり、その都度簡易的な補修工事をしてもらっていたが、根本的には直っておらず雨漏りを繰り返す様になった上、老朽化の心配もあったので、この際きっちりと見てもらって改善して欲しいと思い、今回「街の屋根やさん」に依頼する事にしました。

堺市美原区 屋根補修工事,棟瓦取り直し 棟瓦積み直し、瓦破損部差し替え

ビフォーアフター

before
屋根瓦雨漏り部棟
horizontal
after
棟瓦積み直し完了

工事基本情報

施工内容
屋根補修工事,棟瓦取り直し
施工期間
2日間
使用材料
釉薬瓦、漆喰
施工内容その他
棟瓦積み直し、瓦破損部差し替え
築年数
35年
保証年数
工事費用
約20万円
建坪
約30坪
屋根瓦全景
調査時の写真です。
築年数も古く全体的に老朽化が進んでいるように見受けられます。
漆喰は水分がしみこみ黒ずんでおり、瓦の角が欠けたりしていました
屋根瓦全景
先程と反対側の写真です。
丸印部分あたりの下部の天井が雨漏りがひどかった場所です。
各方向の屋根面と棟との合流点になっており、雨漏りの原因が隠れていそうですね
雨漏り天井
雨漏り部の天井です。
見て分かるように、数年前から漏れ続けていたと思われるほどの雨漏り跡で天井が黒ずんでいました

屋根瓦雨漏り部棟
雨漏りが一番ひどい部分です。
のし瓦の割れやずれが目立ちます。
地瓦の棟へののみ込みも浅いのではないかと考えられます。

屋根瓦隅棟
左側の隅棟の写真です。
のし瓦の外側への勾配も緩くなっています。
築年数の古い瓦葺きの屋根は葺き土が少なかったり、経年によって下がってきます。全体的にのし瓦下の漆喰が塗り過ぎている様に思います。
実は漆喰の塗り過ぎも雨漏りの原因になるんですよ

屋根瓦隅棟
右側の隅棟の写真です。
棟・隅棟周りには雨漏りの原因が有る事がよくあります。
経年劣化によりずれ止めの銅線が切れ、瓦のずれも発生して来ます。
漆喰塗り直し等だけではなく、積み直し等のメンテナンスも考えないといけません

同じ工事を行った施工事例

施工事例

松原市にて、強風の影響によりスレート波板屋根が飛散!修繕工事の施工事例

スレート屋根点検全景
スレート屋根明り取り施工完了
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ポリカーボネート波板
築年数
約45年
建坪
保証
工事費用
施工事例

高石市にて雨漏れが発生!棟瓦の積み替え、板金工事を施工しました

寄棟 施工前
棟瓦 板金施工
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
棟瓦取り直し
漆喰詰め直し
雨漏り修理
使用素材
板金
築年数
約30年
建坪
保証
工事費用
施工事例

箕面市にて棟瓦の葺き替え工事を施工しました。

屋根現調 全景
足場撤去完了
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
使用素材
築年数
約20年
建坪
約52坪
保証
工事費用
約70万

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

スレート棟板取付け

松原市にて、強風の影響により飛散してしまったスレート波板屋根の修理を行っておりますこちらの写真は飛散してしまった箇所の曲棟(棟と平面が一緒になったもの)の部材を差し込んで固定しているところです

スレート波板取外し

松原市にて強風の影響により破損・飛散してしまったスレートの波板屋根の修理に着工しましたまずはこちらの穴が空いている箇所の修繕を行いますお客様の希望により、穴の開いてしまった箇所へは明り取りのポリカーボネート波板に差し替えまることになりました