堺市美原区で2階建て住宅屋根の棟・隅棟瓦の積み直しを行いましたのでご紹介します!

【台風21号で被災された方の安全と一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます】
  台風21号が西日本に甚大な被害を与え日本列島を通過しました。
関西地方を中心に各地で記録的な暴風による停電被害、事故、交通の乱れ、住まいの破壊など大きな混乱が生じ、現在でもその爪痕が残った状態となっております。台風による被害を受けた方、受けたかも知れない方は街の屋根やさんにご相談ください。点検はもちろん可能な限り応急処置にもその場で対応いたします。
現在大変多くのお客様よりお問合せを頂いており、順番に対応をさせていたただいております。
皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

工事のきっかけ

以前から雨漏りした事が何度かあり、その都度簡易的な補修工事をしてもらっていたが、根本的には直っておらず雨漏りを繰り返す様になった上、老朽化の心配もあったので、この際きっちりと見てもらって改善して欲しいと思い、今回「街の屋根やさん」に依頼する事にしました。

堺市美原区 屋根補修工事,棟瓦取り直し 棟瓦積み直し、瓦破損部差し替え

ビフォーアフター

before
屋根瓦雨漏り部棟
horizontal
after
棟瓦積み直し完了

工事基本情報

施工内容
屋根補修工事,棟瓦取り直し
施工期間
2日間
使用材料
釉薬瓦、漆喰
施工内容その他
棟瓦積み直し、瓦破損部差し替え
築年数
35年
保証年数
工事費用
約20万円
建坪
約30坪
屋根瓦全景
調査時の写真です。
築年数も古く全体的に老朽化が進んでいるように見受けられます。
漆喰は水分がしみこみ黒ずんでおり、瓦の角が欠けたりしていました
屋根瓦全景
先程と反対側の写真です。
丸印部分あたりの下部の天井が雨漏りがひどかった場所です。
各方向の屋根面と棟との合流点になっており、雨漏りの原因が隠れていそうですね
雨漏り天井
雨漏り部の天井です。
見て分かるように、数年前から漏れ続けていたと思われるほどの雨漏り跡で天井が黒ずんでいました

屋根瓦雨漏り部棟
雨漏りが一番ひどい部分です。
のし瓦の割れやずれが目立ちます。
地瓦の棟へののみ込みも浅いのではないかと考えられます。

屋根瓦隅棟
左側の隅棟の写真です。
のし瓦の外側への勾配も緩くなっています。
築年数の古い瓦葺きの屋根は葺き土が少なかったり、経年によって下がってきます。全体的にのし瓦下の漆喰が塗り過ぎている様に思います。
実は漆喰の塗り過ぎも雨漏りの原因になるんですよ

屋根瓦隅棟
右側の隅棟の写真です。
棟・隅棟周りには雨漏りの原因が有る事がよくあります。
経年劣化によりずれ止めの銅線が切れ、瓦のずれも発生して来ます。
漆喰塗り直し等だけではなく、積み直し等のメンテナンスも考えないといけません

同じ工事を行った施工事例

施工事例

松原市にてベランダ屋根が破損!波板張り替え工事の施工事例

落下部分 ベランダよりの詳細
張替え完了
工事内容
屋根補修工事
使用素材
築年数
約30年
建坪
保証
工事費用
約8万円
施工事例

和泉市にて雨漏れが発生!雨漏れ補修工事の施工事例

屋根接点-隙間
コーキング済み
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
防水工事
使用素材
コーキング・板金
築年数
約25年
建坪
保証
工事費用
約5万円
施工事例

松原市にて、強風の影響によりスレート波板屋根が飛散!修繕工事の施工事例

スレート屋根点検全景
スレート屋根明り取り施工完了
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ポリカーボネート波板
築年数
約45年
建坪
保証
工事費用
約10万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

落下した鬼瓦

堺市中区にて屋根瓦が落下、ベランダ屋根が飛散したとの連絡を受け現地調査へ行って参りました鬼瓦が落下していました。下に人がいていたら大けがをされていたかもしれませんが幸いそういったことはなかったとのことでした

建物外観

堺市南区にて雨漏れが発生しているとの連絡を受け現地調査へ行って参りましたベランダとカーポート屋根が設置されているので正面に梯子をかけての屋根の調査は難しい状態です

パラペット雨漏れ

高石市にて雨漏れが発生しているとの報告を受け、現地調査へ行って参りました屋根に上り調査を開始します!屋根の先の白い壁(パラぺット)に笠木が無く、雨が降ると全て内部に侵入してしまう状況となっています。台風の強風による影響で笠木が飛んで行ってし...........