堺市堺区で突風によるケラバ破損の家屋調査にいきました。

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/20更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。
 現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

ケラバ・棟押え金物状況
堺市堺区にて突風で屋根先の金物が飛んでしまい、修理をお願いしますとのご連絡で現地調査に伺いました。
切妻屋根ケラバ金物の北東側が突風で飛散してしまっています。
棟の取付き部のみがメクレ上がった状態で残っていました。
既製品のケラバ金物ではなく、板金加工の金物で取り付けてありました。
ビス止で野地板へ打ち付けていましたので、経年劣化でビス自体の耐力と強度が無くなっていたようで、突風により飛散した模様です。


ケラバ
左の写真のケラバ金物が飛散した状態です。
突風で完全に飛んでいます。
外壁モルタルの強度や雨水の浸透は、梯子から現認できる範囲では、壁の浮きやクラックは見受けられませんでした。

棟押え現況
棟押え金物も、経年劣化で腐食錆浮き状態が認められましたので、報告しましたら取替えを依頼されました。
この状態では、下地板もほぼ腐食していると思われましたので併せて木下地も取替えで提案しました。
今回の依頼での応急対策としては、ケラバと棟押え金物の取替えが基本内容ですが、現場調査では屋根材(コロニアル)の劣化も確認出来ましたので、別見積りとして続きの棟違い瓦棒屋根と共に高圧洗浄して塗装する見積りもさせて頂きます。
屋根塗装となりますと、仮設足場が必要となり工事費用は高くなってしまいますので、検討項目として提案しました。
屋根材の風化具合から考えますと、屋根材の張り替え又はカバー工法での重ね葺きも検討する時期であることも申し伝えました。
台風や突風での雨漏り等は緊急を要する案件ですので、お客様のご予算や修理範囲のご都合もお聞きして見積りさせて頂くよう努めています。
この工事のお問い合わせは 0120-04-9346まで

同じ地域の施工事例

施工事例

堺市堺区にて外部窓枠から発生している雨漏れの補修工事の施工事例

額縁
外部窓枠 コーキング
工事内容
雨漏り修理
使用素材
コーキング剤 GL鋼板(ガルバリウム鋼板)
築年数
建坪
保証
工事費用
約6万円
施工事例

堺市堺区にて築45年の社屋ビル改修工事を施工しました。

正面外観現状
完了正面
工事内容
防水工事
工場・倉庫などの外装リフォーム
使用素材
築年数
45年
建坪
約220坪
保証
工事費用
1520万

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根工事依頼

大阪府岸和田市にて屋根が古くなってきたので、工事の見積もりをして欲しいと依頼を受け、現地調査に行って来ました現地に行くと、立派な木造平屋建ての建物でしたほとんどがが瓦ですが、縁側にあたる部分に屋根が金属製屋根になっており、そこの部分が錆びな...........

シート防水仮並べ

工場可動しながらの改修工事は弊害が出やすいですが、下地・樋・板金と進みシート防水も仕上げ段階になりました。防水部分の勾配流れを考え貼り方向を決定して、シート材を仮並べして材料が適正か?過不足は無いか?確認して次の工程に移ります。