堺市西区にて、カバー工法による工事が完了しました

【台風21号、台風24号で被災された方へ12/8更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順次対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

金属製屋根材施工
堺市西区にて、強い雨風の日に2階の屋根の谷樋部分から雨漏れが発生してしまうとのことで、屋根のカバー工法(既存の屋根の上に新しい屋根を載せる工法)による改修工事をさせていただいております

金属製屋根材施工
屋根下地の工事が完了し、こちらの写真は既設の屋根と、カバー工法により新しく設置した屋根の取り合い部分になります
雨漏れが発生しないように谷樋を板金処理します
枯葉防止ネット設置
近隣にはたくさんの樹木が茂っていたので、軒樋には枯れ葉除けのネットを設置させていただきました。
枯れ葉によって樋が詰まり、雨漏れが発生するという心配はなくなりました
カバー工法 完成
これでカバー工法による屋根の改修工事は終了しました
谷樋部分への板金処理、枯れ葉除けのネットの設置をいたしましたのでこれで雨漏れはなくなることでしょう
今回はカバー工法による改修工事をご紹介させていただきましたが、カバー工法にはメリットがありますがデメリットもあります
メリット基本的に廃材がでない、廃材がでないので撤去費用などが安価に済む、工期が短い、遮音性の向上、防水性の向上、断熱性の向上など
デメリット屋根の重量が増えて耐震性が悪くなる可能性がある、瓦屋根にはほとんど対応できない、屋根の内部や下地などが劣化していると施工ができないなど

デメリットもありますが、やはり安価で工期も短いカバー工法はおすすめの工事の一つです

この工事に関するお問い合わせ:0120-04-9346

同じ工事を行った施工事例

施工事例

大阪府高石市羽衣にて屋根(谷樋部)から雨漏れが発生!カバー工法による改修工事!

現地調査 谷樋
完了後 カバー工法
工事内容
屋根カバー工事
部分塗装
落葉除けネット設置
使用素材
たてひら333
築年数
築20年
建坪
30坪
保証
工事費用
約130万円

同じ地域の施工事例

施工事例

堺市西区で切妻屋根ケラバ瓦の差替え補修他を施工しました。

ケラバ瓦割れ・補修跡
袖瓦交換後
工事内容
雨漏り修理
その他の工事
使用素材
築年数
約45年
建坪
約25坪
保証
工事費用
約45万
施工事例

堺市西区にてアクリル波板破損 ポリカーボネート波板に張り替え 施工事例

アクリル波板 破損
波板 張り替え
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ポリカーボネート波板
築年数
約35年
建坪
保証
工事費用
約8万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

コーキング

大阪府堺市西区にて屋根瓦の破片が落下して来たとの事で点検及び屋根・外壁塗装の見積もりを提出しかし、カバー工法のメリット・デメリットをお伝えする事により、屋根はカバー工法・外壁は塗装を選択頂きました今回は屋根着手~屋根工事完了をご紹介致します...........