堺市南区にて棟板がめくれ、飛散したとの連絡を受け調査へ行って参りました

【台風21号で被災された方の安全と一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます】
  台風21号が西日本に甚大な被害を与え日本列島を通過しました。
関西地方を中心に各地で記録的な暴風による停電被害、事故、交通の乱れ、住まいの破壊など大きな混乱が生じ、現在でもその爪痕が残った状態となっております。台風による被害を受けた方、受けたかも知れない方は街の屋根やさんにご相談ください。点検はもちろん可能な限り応急処置にもその場で対応いたします。
現在大変多くのお客様よりお問合せを頂いており、順番に対応をさせていたただいております。
皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

台風めくれ棟板落下
台風棟板めくれ調査
堺市南区にて棟板が飛散してしまい、屋根に上り状況確認をしたいが、ご自身で屋根に上るのは困難なので調査をお願いしたいとの報告を受け現地調査へ行って参りました
中々ご自身で屋根に上ることは出来ないですよね
何か問題がありそうでも危険な場合もございますのでご自身で屋根に上ろうとせずに、専門の業者などに調査を依頼することをお勧めいたします

台風棟板めくれ状況
屋根に上ってみますと下地の木材がむき出しになっていて棟板が抜けている状態でした。
上記の写真の棟板が飛散した棟板なのですが、特に変形している様子はなくそのまま飛んで行ったように思えます。
釘がしっかりしている状態で棟板が飛んで行ったのであれば、棟板が変形していたり割れてしまっている可能性が高いので、恐らくは経年劣化により棟板を固定していた釘が長年の風の影響などで抜けてしまい、棟板が飛散してしまったのだと思われます

台風棟板めくれ状況
下地の木材が腐っていたりなどということはありませんでしたので、やはり棟板を固定している釘が抜けてしまったのが原因でしょう
長年にわたる風の影響や、もしかしたら元から釘の打がしっかりと打ち込まれていなかった可能性も考えられますね
お客様には棟板の補修工事と、屋根全体の点検をされることをご提案させていただきました
同じような状況、お悩みの方がございましたら、屋根の状態が気になる、不安だからといってもご自身で屋根に上られるのは大変危険な場合もございますので、無理はなさらずお気軽にご連絡、ご相談してださいね

この工事に関するお問い合わせ:0120-04-9346

同じ工事を行った施工事例

施工事例

松原市にてベランダ屋根が破損!波板張り替え工事の施工事例

落下部分 ベランダよりの詳細
張替え完了
工事内容
屋根補修工事
使用素材
築年数
約30年
建坪
保証
工事費用
約8万円
施工事例

和泉市にて雨漏れが発生!雨漏れ補修工事の施工事例

屋根接点-隙間
コーキング済み
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
防水工事
使用素材
コーキング・板金
築年数
約25年
建坪
保証
工事費用
約5万円
施工事例

松原市にて、強風の影響によりスレート波板屋根が飛散!修繕工事の施工事例

スレート屋根点検全景
スレート屋根明り取り施工完了
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ポリカーボネート波板
築年数
約45年
建坪
保証
工事費用
約10万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

鬼瓦 破損個所

こちらののし瓦の部分も仮撤去し、下地をきちんといれているところになります。工事が完了すると見えな箇所にはなるのですが、下地等見えない箇所程キッチリと施工しないといけないのです

落下した鬼瓦

堺市中区にて屋根瓦が落下、ベランダ屋根が飛散したとの連絡を受け現地調査へ行って参りました鬼瓦が落下していました。下に人がいていたら大けがをされていたかもしれませんが幸いそういったことはなかったとのことでした

建物外観

堺市南区にて雨漏れが発生しているとの連絡を受け現地調査へ行って参りましたベランダとカーポート屋根が設置されているので正面に梯子をかけての屋根の調査は難しい状態です