オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

堺市西区にて劣化により屋根にサビが発生した現場調査の様子


堺市西区でリピーター様より「経年劣化で屋根がサビているので見てほしい!」
ご連絡を受け現地調査にお伺いしました

ご連絡を頂いた【屋根・サビ】の状態は・・・?

金属屋根 穴開き箇所
下屋は、経年劣化で塗膜が剥がれ赤サビが見られました
材質は瓦棒(金属系の屋根材)でした

瓦棒の表面は塗装されている為、
劣化により塗膜が剥がれ雨水や紫外線等の影響を受け、サビや色褪せが起きてしまいます
サビが酷くなると、劣化の進行を促し瓦棒自体が腐食し穴が開いてしまう事があります

穴が開いてしまうと、屋根内部に雨水が浸入し雨漏りの原因になってしまうので
劣化が進む前に塗装を行う事をオススメ致します

金属屋根について

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

金属屋根とは??

主に住宅や工場・倉庫などに多く使用されている屋根材です。
鉄・アルミニウム・銅・ステンレス等の素材があり軽くて丈夫ですが
材質によってはサビが浮きやすく、建物の環境にもよりますが7~10年で塗装が必要なケースが多いです。
又、金属屋根の代表的な素材”ガルバリウム鋼板”の耐用年数は
塗装等のメンテナンスを行って30~50年とも言われております

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
症状
詳細
色褪せ
色褪せだけで雨漏れが起きる事はありませんが、色褪せている=表面の塗膜が劣化した証拠です。
放置したままでは、知らない間に劣化が進行していた!という事もありますので、専門の業者さんに相談してみましょう。
表面のサビ
表面を守っている塗装が剥がれてしまうと、サビが発生してしまいます。
一般的に見られるのは、金属の表面に赤っぽい酸化鉄=赤サビです。
赤サビは、腐食が進行しやすく鉄を劣化させる性質を持っていますので、進行を防ぐ為にも塗装が必要となってきます。
塗膜の剥離
塗膜には、劣化速度を速める雨水や紫外線のダメージから守る働きがあります。
塗膜が剥がれてしまうと、雨水を吸収しやすくなりサビの進行速度を速め、屋根に穴が開き雨漏りの原因になってしまうので早急に対処しましょう!
ジャバラ 破損箇所
竪樋に取付られているジャバラが破損していました

こちらのジャバラは、
お客様が簡易的に取付られたものでした。

ジャバラは、耐久性があまり高くなく場合によっては、
破損してしまうケースがあります
おそらく、経年劣化により硬くなってしまった事
割れてしまったと考えられます

この状態では、
雨が降ると破損箇所から雨水が溢れてしまい、
雨漏りの原因にもなる為”ジャバラの交換が必要”です
取付金具 破損箇所
竪樋の取付金具が劣化によって破損していました

竪樋などの雨樋は、
一部建物に固定させる為に金具を取付けます

竪樋を固定させる為の金具が破損してしまうと、
竪樋の一部に掛かる負荷が大きくなり、
強風や大雨時に竪樋の外れや落下する恐れがあります

小さな取付金具ですが・・
破損によって竪樋を固定できなくなると、
雨樋自体の歪みや破損の原因にもなってしまいます

”雨樋を長持ちさせる大切なパーツでもあるのです!”
雨水 流れ
お客様より”雨が降ると地面が水浸しで困っていす!”と、
追加の調査依頼があり確認してみます

現状は樋に集められた雨水が地面全体に
流れ出している状態でした

敷地内の雨水を集めて排水する設備がある
地面に雨水が溜まる心配を防ぐ事が出来る為、
”排水桝”の取付をオススメします

排水桝を取付ない場合は、地面を砂利からコンクリート
に施工する事で、雨水の流れがスムーズになります
排水出口 サイズ
こちらが敷地内の雨水が側溝へ流れる排水出口です。

現状の排水口の大きさで問題はありませんが、
近年のゲリラ豪雨など雨量が多い場合を考えると・・

雨水の流れを良くする為には、
”排水口”を今よりも少し大きくする必要が
あるかもしれません
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こちらの現地調査は全て完了しました

お客様には現状の写真をお見せしながら、不具合箇所に最適な工事内容をご提案させて頂きました

~工事内容は~
・屋根の塗装  
・雨樋の補修  
・排水桝の設置 
・排水口の拡張 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


くまさんロゴ 現地調査簿ブログ

建物には皆さんが快適な生活を送る為に、たくさんの設備が備えられています。
その中の一つに不具合が起ってしまうと、雨漏りや建物自体に悪影響を及ぼしてしまいます

雨樋や排水桝も、屋根に降った雨水を一箇所にまとめて排水設備に流す役割を担っており、
外壁や土台を傷める事を防ぐ重要な設備の一つでもあります

建物を守る為にも、破損した箇所があれば専門の業者さんに点検してもらう事をオススメします
住まいに関する点検や工事のご依頼を””街の屋根やさん堺店””でも受付けていますので
お困りの際は、お気軽にご連絡下さいね

この工事の現場ブログ

金属屋根 穴開き箇所

2021/02/08/ 堺市西区にて劣化により屋根にサビが発生した現場調査の様子

堺市西区でリピーター様より「経年劣化で屋根がサビているので見てほしい!」とご連絡を受け現地調査にお伺いしました

樋 現調 割れ全体

2020/07/14/ 堺市西区にて樋の劣化による不具合補修工事を行いました。

堺市西区にて,波板軒樋が経年劣化により不具合が見られるとご連絡がありましたのでお伺いし、後日補修のご依頼を頂き補修を行いました調査と補修の様子をご紹介させて頂きます

同じ工事を行った施工事例

施工事例

守口市で台風と経年劣化で飛散したベランダ屋根の張り替え工事

守口市 波板施工事例 before
波板施工事例 after
工事内容
屋根補修工事
火災保険
台風
使用素材
ポリカーボネート波板、  2×4材(SPF)
築年数
約35年
建坪
保証
工事費用
約15万円
施工事例

泉南市で台風被害に遭った3階建て建物の各所補修工事を行った様子

施工事例 before
施工事例 after
工事内容
屋根補修工事
雨樋交換
天窓工事
足場
火災保険
台風
3階建て
使用素材
コロニアル、水切り金物(トップライト)、雨樋、窯業系サイディングボード
築年数
25年
建坪
保証
工事費用
約60万円
施工事例

堺市中区で台風被害のカーポート屋根全面張替えと枠組み補修工事

カーポート飛散 工事前
カーポート飛散 工事後
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ポリカーボネート製波板・フック
築年数
約45年
建坪
保証
工事費用
約15万円

同じ地域の施工事例

施工事例

堺市西区にて台風や経年劣化で屋根及び軒天補修工事を行った様子

棟板金飛散 貫板 施工前
棟板金飛散 張替え工事 施工後
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
部分塗装
その他塗装
火災保険
台風
使用素材
築年数
建坪
保証
工事費用
27万円
施工事例

堺市西区にて屋根瓦と外壁 門等の補修工事を施工しました

棟破損状況
棟積み替え完了
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
漆喰詰め増し
外壁塗装
部分塗装
その他の工事
使用素材
築年数
約45年
建坪
保証
工事費用
100万
施工事例

堺市西区でベランダ屋根のポリカー波板と樋の改修をしました

飛散状況と近隣被害状況
完了全景
工事内容
屋根葺き替え
雨樋交換
使用素材
築年数
約30年
建坪
保証
工事費用
7万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

コロニアル 一部補修 屋根材補修 堺市南区

堺市南区にて台風被害を受けた住宅の補修工事を行っております現地調査の様子▶堺市南区で経年劣化の進行や台風被害によってお住いに不具合が発生破風板・軒天の補修工事の様子▶ 堺市南区で劣化や台風被害に遭った軒天と破風板の補修・塗装工事今...........

軒天・破風板補修前 劣化 台風被害

堺市南区にて、劣化や台風被害に遭ったお住いの改修工事を行いますまずは『軒天・破風板の補修・塗装工事』を行った様子をご紹介させて頂きます現地調査の様子はこちら▶堺市南区で経年劣化の進行や台風被害によってお住いに不具合が発生

軒樋溢れヵ所

和泉市より突風時に近隣からの飛散飛来物で、建物各所に被害が生じ建物保険の適応可能か?との問合わせを頂き、状況により補填申請は可能とお答えしまして、お客様より現地調査点検のご依頼を賜りましたので、お客様のご都合に合わせて日程調整のうえ調査にお...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん堺店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-04-9346