堺市堺区で築45年の3階建て社屋ビル改修足場作業

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/7更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

事務所出入階段部足場
築45年でその間ほとんど改修・補強をされていませんでしたので、最大不安部分の外壁改修から施工します。
解体と外壁サイディング貼りの工事兼用での足場組で、さらに社屋ビル奥に併設の工場は平日稼働していますので、搬出入でフォークリフト2台が常時作業し10tトラックの積み下ろしも重なり、条件はかなり悪いです。
作業可能範囲と会社作業スペースとの取合い調整、特に事務所下倉庫は難しかったです。
解体足場シート貼
解体撤去用に防炎白シートを足場に貼りました。
解体時のハツリガラ・火の粉等の飛散落下防止策です。
上部の外部階段はレッカー車で吊上げて、ガス溶断で切断解体撤去します。
シート下の開口は駐輪場と車庫の為、解放状態にして組立ました。
可動中の作業所改修には、従業員さんの安全と仕事上の利便性も重ねあわせての作業で、密な打合せが必要です。
東面足場養生状態
東面屋根上の足場・シート養生状況です。
通路下屋屋根上の足場立柱の下には、木製足場板で脱落等の不安を解消するために固定しています。
足場の控え金具(足場繋ぎ)も取付位置が限定され、重い防炎シート張りなので足場固定は確実に確認して施工しました
外部階段撤去・外壁下地をこのあと施工して行きます。
台風養生
左写真の7日後の足場状況です。
外部階段を撤去し足場組替えを行いました。
東面の外壁は剥離状態が激しく崩落寸前だったので、先行して撤去しました。
この時期に良くある台風が近づいたので、養生シートを束ね台風養生しました。
東面は室内外壁際でシート貼り・ベニヤ板貼りを応急処置としました。
工事のお問い合わせは 0120-04-9346まで
防炎白シート
メッシュ・防炎・防音等の種類が有り 切断する為防炎使用
足場の控え金具
仮設足場と建物を繋ぎ足場倒壊を防ぐ繋ぎ金物
台風養生
強風での足場倒壊防止でシートを束ねます。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

和泉市にて雨漏れが発生!雨漏れ補修工事の施工事例

屋根接点-隙間
コーキング済み
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
防水工事
使用素材
コーキング・板金
築年数
約25年
建坪
保証
工事費用
約5万円
施工事例

堺市北区にて雨漏り修理の為、2階テラスの塩ビシート防水工事をご紹介します。

テラス雨漏り改修前
テラス雨漏り改修完了
工事内容
防水工事
その他の工事
使用素材
塩ビシート防水・ガルバリウム鋼板笠木
築年数
約30年
建坪
35坪
保証
10年
工事費用
約40万円
施工事例

堺市堺区にて築45年の社屋ビル改修工事を施工しました。

正面外観現状
完了正面
工事内容
防水工事
工場・倉庫などの外装リフォーム
使用素材
築年数
45年
建坪
約220坪
保証
工事費用
1520万

同じ地域の施工事例

施工事例

堺市堺区にて外部窓枠から発生している雨漏れの補修工事の施工事例

額縁
外部窓枠 コーキング
工事内容
雨漏り修理
使用素材
コーキング剤 GL鋼板(ガルバリウム鋼板)
築年数
建坪
保証
工事費用
約6万円
施工事例

堺市堺区にて築45年の社屋ビル改修工事を施工しました。

正面外観現状
完了正面
工事内容
防水工事
工場・倉庫などの外装リフォーム
使用素材
築年数
45年
建坪
約220坪
保証
工事費用
1520万

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

ドレン口処理

大阪市港区にて3階建て住居の屋上・ベランダ部分の防水が経年劣化しだしたので、仮設足場組から屋上他の残置材の撤去処分をして下地処理(ケレン・目地撤去・清掃)を施し防水仕上げに取り掛かりました。屋上・ベランダのドレン口の下地処理を行いました。(...........