オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

守口市にて台風と経年劣化で飛散したベランダ屋根全面張替工事


前回、台風でベランダ屋根が飛散した守口市のお客様より工事依頼を頂きました

(現地調査時のブログはこちら

今回のベランダ波板の張替工事の工程は
既存波板・木下地の撤去木下地の新設波板の張替え
となります

順を追って工事の内容をご紹介致します

⇩ ⇩ ⇩

ポリカボネート波板全面張替工事の様子

ポリカーボネート波板の特徴

メリット
                   衝撃強度に優れている(塩ビの20倍程)
                   透明度が高く耐熱性に優れている    
                   耐久性が高く、寿命が10年程ある   
                   加工がしやすい            

デメリット
              衝撃に対する強度は強いが素材が柔らかく傷がつきやすい    
              紫外線をカットする特徴はあるが、紫外線による変色等は防げない

加工がしやすく強度にも優れている為、
現在では、カーポートやベランダ・テラスの屋根などに最も多く使用されています
波板撤去
木下地撤去
まずは既存の波板・木下地を撤去します

塩ビ製の波板は、劣化が進行すると簡単に割れてしまいます
波板を撤去する際に、割れた波板の破片が落ちてしまうので、
割れた波板の破片をキレイに掃除してから、新しい波板を張って行きます

このまま放置してしまうと、、、
強風時などに、残っていた波板や固定力が弱まっていた木下地ごと破損する恐れがありますので
今回、工事をする事によって強度が高まり良かったと思います
木下地新設
木材を適切な寸法にカットし、木下地を設置します

今回の工事では劣化していた木下地のみを新しく交換していきます

”新しい木下地”にする事によって、
波板を固定するビスや釘が抜けにくくなり、より頑丈に波板を張り付ける事が出来ます
波板固定状況
木下地に波板をセットし、木下地に向けてビスを打ち込んで波板を固定します

波板を張る際に雨樋などが障害になる場合や、長さ調整が必要な箇所は
波板を専用のハサミなどでカットしております

波板を固定している金具は、下地の素材によって異なります
木下地用・アルミ下地用・鉄下地用などがあり、形状に合わせて適正な金具を選んでいます
今回の現場は、木製だったので木下地用のビスを使用しました
波板固定ビス




こちらが今回、使用した木下地用の専用ビスになります

鉄製のビスとなり、
ビスの頭部分にポリカーボネートの傘が付いていて
雨水がビス穴から入りこまない形状となっております
波板 ビス 5山間隔
波板を固定するビスの間隔は

波板の山、5山間隔以内で固定します

5山間隔以上で固定すると
波板を押さえる力が弱くなってしまい、
風で浮きやすくなってしまいます
波板の重なり 2山半
波板の重なり箇所は

波板の山を2山半ほど重ねます

重なりを少なくしてしまうと
重なり箇所の隙間から雨水が屋根下へと
入りやすくなってしまいます

工事が完了しました!

before1
波板 施工前


工事前の状態は・・?

塩ビ波板→変色や硬化が見られ割れやすくなっていました。
木下地→長年、風雨や外気にさらされて木部が腐食して
    いました。

強度が著しく低下している所に、台風の暴風に耐える事が出来ず破損していました
vertical
after1
波板 施工完了後
木下地が新しくなり、塩ビの波板から強度の強いポリカーボネートの波板へと張替える事で、
とても頑丈なベランダ屋根へと生まれ変わりました

「見栄えも良くなり、これで安心して洗濯物を干すことが出来きます!」
と喜んでいただきました
くまさんロゴ 施工事例
今回の工事は台風被害による工事となりますので、
火災保険(風災)を適応しての工事となっております

街の屋根やさん堺店では火災保険請求を行った工事も行っています

被害に遭われて3年以内であれば保険会社への申請が可能です

台風の来る時期は大体の予測が付くと思いますが、
地震などの自然災害はいつ起こるか分からないと思います

火災保険にご契約されている場合は
一度、ご契約内容のご確認をされてみてはいかがでしょうか


何かお困りごとがありましたら街の屋根やさん堺店
お気軽にご相談くださいませ

ご連絡お待ちしております

同じ工事を行った施工事例

施工事例

守口市で台風と経年劣化で飛散したベランダ屋根の張り替え工事

守口市 波板施工事例 before
波板施工事例 after
工事内容
屋根補修工事
火災保険
台風
使用素材
ポリカーボネート波板、  2×4材(SPF)
築年数
約35年
建坪
保証
工事費用
約15万円
施工事例

泉南市で台風被害に遭った3階建て建物の各所補修工事を行った様子

施工事例 before
施工事例 after
工事内容
屋根補修工事
雨樋交換
天窓工事
足場
火災保険
台風
3階建て
使用素材
コロニアル、水切り金物(トップライト)、雨樋、窯業系サイディングボード
築年数
25年
建坪
保証
工事費用
約60万円
施工事例

堺市中区で台風被害のカーポート屋根全面張替えと枠組み補修工事

カーポート飛散 工事前
カーポート飛散 工事後
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ポリカーボネート製波板・フック
築年数
約45年
建坪
保証
工事費用
約15万円

同じ地域の施工事例

施工事例

守口市で台風と経年劣化で飛散したベランダ屋根の張り替え工事

守口市 波板施工事例 before
波板施工事例 after
工事内容
屋根補修工事
火災保険
台風
使用素材
ポリカーボネート波板、  2×4材(SPF)
築年数
約35年
建坪
保証
工事費用
約15万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

建物全景

堺市堺区にお住いのお客様より、”雨樋が外れている”とお問合せがあり、現地調査へお伺いしましたお客様より築年数が経過しているので、建物全体も見てほしいとご依頼がありました。屋根や外壁は波型スレートと呼ばれる、セメントと繊維を成形して作られた波...........

棟板金飛散

堺市南区にて、以前の台風で屋根や外壁に被害を受けたお客様宅の現地調査を行いました今回、点検調査を行った箇所は・・・ ①棟板金 ②軒天 ③外壁 ④下屋の瓦棒 の4箇所になります

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん堺店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-04-9346