大阪府高石市羽衣にて屋根から雨漏れが発生!

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/7更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

現地調査 谷樋
大阪府高石市にて雨漏れがするとのご相談で現地調査に伺いました。
現場はすぐ隣に大きな公園があり、樹木が茂っていて季節や天候によっては葉などが屋根に溜まりやすい環境にありました。
現地調査 谷樋
この画像は逆から撮影した画像です
谷樋になっており、普通の雨では雨漏れはしないとの事ですが、最近のゲリラ豪雨時に雨漏れがしたとの事でした。
以前にも何回が業者さんに依頼し、枯葉の撤去や相談はされたとの事でしたが、いっこうに雨漏れが止まらないとの事でご相談頂きました。
現地調査 谷樋
雨天時には屋根三面からこの谷樋に流れ込む形状となっています。
この状況では枯葉が詰まったり、ゲリラ豪雨があると我々プロから見ると恐ろしい結果(雨漏れ)となるのが見て取れます。
現地調査時 雨漏れ後
こちらは雨漏れ後の2階天井の写真です。
白くなっている所が雨漏れの後となります。
提案としては、

① 谷樋部に枯葉ネットを設置する。
メリット:谷樋に枯葉などは溜まらない。コストは安くすむ。
デメリット:定期的に屋根に昇り、枯葉等を除去しなくてはならない。
② 谷樋の上にカバー工法でもう一段上に屋根を設ける。
メリット:確実に雨漏れは止まる。枯葉等除去のメンテナンスが不要となる。
デメリット:コストが高くなる。

の2パターンでご提案させて頂きました。
結果、②を選択頂きました。
施工の様子は後日、ブログでUPします

同じ工事を行った施工事例

施工事例

大阪府高石市羽衣にて屋根(谷樋部)から雨漏れが発生!カバー工法による改修工事!

現地調査 谷樋
完了後 カバー工法
工事内容
屋根カバー工事
部分塗装
落葉除けネット設置
使用素材
たてひら333
築年数
築20年
建坪
30坪
保証
工事費用
約130万円

同じ地域の施工事例

施工事例

高石市にて雨漏れが発生!棟瓦の積み替え、板金工事を施工しました

寄棟 施工前
棟瓦 板金施工
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
棟瓦取り直し
漆喰詰め直し
雨漏り修理
使用素材
板金
築年数
約30年
建坪
保証
工事費用
施工事例

高石市にてベランダポリカー波板屋根の張替えをしました。

CameraZOOM-20171111090851041_R
完了
工事内容
屋根補修工事
雨樋交換
使用素材
ポリカーボネート波板
築年数
約30年
建坪
約25坪
保証
工事費用
約8万
施工事例

大阪府高石市羽衣にて屋根(谷樋部)から雨漏れが発生!カバー工法による改修工事!

現地調査 谷樋
完了後 カバー工法
工事内容
屋根カバー工事
部分塗装
落葉除けネット設置
使用素材
たてひら333
築年数
築20年
建坪
30坪
保証
工事費用
約130万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

コーキング

大阪府堺市西区にて屋根瓦の破片が落下して来たとの事で点検及び屋根・外壁塗装の見積もりを提出しかし、カバー工法のメリット・デメリットをお伝えする事により、屋根はカバー工法・外壁は塗装を選択頂きました今回は屋根着手~屋根工事完了をご紹介致します...........