オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください

高石市で台風被害に遭ったカーポート屋根張替と屋根瓦の補修工事

竪樋 張替前
波板を貫通して竪樋がある為、
竪樋部分の波板をカット加工して
張り上げて行きます
竪樋 コーキング打ち
カット加工した波板と竪樋には若干の隙間ができ、
雨の日は地面が雨水で濡れてしまいます

そこで、竪樋を通した後にコーキングで
隙間を埋めておきました

使用したコーキングは【シリコンのクリヤー色】
使用しましたので目立ちにくいと思われます
屋根波板 張替前
屋根波板 張替後
下屋 補修前




台風時に、近隣の屋根瓦が飛来し下屋の平瓦には、
割れや欠けが見られました

破損した平瓦の多くが軒樋に散乱し、
このままでは雨水の排水が上手くいかず
雨水の重みで軒樋の歪みや破損が起ってしまいます

また、瓦が割れている状態では建物内部に雨水が侵入し、
雨漏れの原因にも繋がります
下屋 補修完了
下屋・平瓦の差し替えが完了しました

今回は、お客様宅で使用されていた屋根材は既に廃盤になっていました
少し色と形状が異なりますが、お客様にご了承を頂いた上で既存の屋根材に近いものを使用させて頂きました

洋瓦のデメリットでご紹介しましたが、洋瓦は10~15年ごとにデザインが変わってしまう
補修を行う際に屋根材が廃盤になっていたというケースも少なくはありません


ケラバ 補修前
ケラバの袖瓦が一部破損していました

袖瓦は屋根の一番端にあり、
風の影響を受けやすい箇所です
おそらく、台風時の暴風や飛来物等の
衝撃によって破損したと考えられます。

破損した袖瓦は固定されている
ビスを取外し撤去します
ケラバ 補修完了
新規の袖瓦に差し替え、ビスで固定しました

これで雨水の浸入を防ぐ事ができ、
袖瓦はビスでしっかり固定しましたので、
強風時も安心です

この工事と同じ工事を行った現場ブログ

  • 街の屋根やさん10のお約束
  • 不安ゼロ宣言
  • リフォーム瑕疵担保保険JIO
  • 充実の長期保証
  • マイスター制度
ここまでやります無料点検
お住まいの地域の屋根工事会社が見つかる街の屋根やさんポータルサイトはこちら
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら堺店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!
0120-04-9346