オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

守口市で台風と経年劣化で飛散したベランダ屋根の張り替え工事


工事のきっかけ

ベランダ屋根・波板が台風で飛んでしまって『洗濯物を安心して干せない』と
不便に思いご連絡をいただいた様です。

早く問題を解決する為に下記の工事を行いました。
・既存波板の撤去
・劣化木下地の撤去
・木下地の新設工事
・ベランダ屋根全面張り替え工事

守口市 屋根補修工事,火災保険,台風

ビフォーアフター

before
守口市 波板施工事例 before
horizontal
after
波板施工事例 after

工事基本情報

施工内容
屋根補修工事,火災保険,台風
施工期間
1日
使用材料
ポリカーボネート波板、  2×4材(SPF)
施工内容その他
築年数
約35年
保証年数
工事費用
約15万円
建坪
ハウスメーカー
守口市にて台風被害に遭ったベランダ波板の張替え、木下地の新設工事を行いました

『工事内容』

・既存波板の撤去  
・劣化木下地の撤去 
・木下地の新設   
・波板の全面張り替え

ベランダ波板、木下地の被害状況

波板被害状況 施工事例
ベランダ屋根の波板は劣化がかなり進行し、割れや飛散箇所が多く見受けられました。

波板が劣化している状態で、下から吹き上げる台風の暴風に耐えられず
割れ飛散してしまったと考えられます

波板は塩ビ(塩化ビニール)の波板が使用されていました。
塩ビ波板は安価で柔軟性があり、加工がしやすい等のメリットや、
太陽熱や風雨によって劣化しやすく、長期の利用に向いていない等のデメリットがあります
72eea3ba02073ea90a2119cc503330ca-1-columns2
波板 釘浮き 施工事例
木下地の劣化や波板を固定する釘が浮いている箇所がありました。

水下側(水が流れ終わる部分)波板を固定する木下地は、
波板が飛散した事で雨水の影響を直接受け続け、
結果的に劣化の進行を早め腐食が起こっている状態でした

木下地が劣化してしまうと釘の固定力弱くなると・・・
釘が浮く波板が浮く強風等の影響で波板が捲れ上がる破損や飛散が起こりやすくなる
この様な状況が発生する可能性が高くなってしまいます
水上側 木下地
水上側 木下地 施工事例

こちらの写真は
ベランダ屋根の水上(屋根の水が流れる頂上、
一番高い箇所側となります。

水上側真上屋根の軒先である為
雨風の影響を受けにくく、
こちらの波板は飛散せず、木下地にも劣化症状が見られませんでした

工事の様子

波板の全面張替、木下地の新設工事を行います。

作業工程は

既存波板の撤去 
劣化木下地の撤去
木下地の新設  
波板の張り付け 

の順番で行いますので、順を追ってご紹介します。

⇩⇩⇩
守口市 波板、木下地撤去 施工事例
波板は新しく全面張り替えをする為
既存の塩ビ波板全て撤去させていただきました

塩ビ波板劣化していると簡単に割れてしまいます
撤去時に落ちた波板の破片釘やビス等はしっかりと掃除します

木下地は、水上側は劣化していないので水下側の2本のみを撤去します
木下地新設 施工事例
新しく設置する木下地は
2×4(ツーバイフォー)材を使用します

新しい木下地を設置することにより
波板を固定するビス強度が上がる為、
より新しい波板を頑丈に固定することが出来ます

2×4材とは『38mm×89mm』の規格で
カットされている角材です
詳しくは下記の工事完了後の項目にてご紹介しております
守口市 波板固定 施工事例
新しく張り付ける波板木下地に固定します
塩ビの波板よりも頑丈ポリカーボネート製の波板を新しく張り付けます

波板から木下地に向かってビスを打ち込み固定します

波板の固定に使用したビス屋根の下地が木製である為、
木下地用専用ビスビス頭の下に傘状の座金が付いていて
ビス穴から雨水が入りこまないような形状になっております

守口市 波板ビス間隔 施工事例
外壁から降りてきている雨樋があり
そのまま波板を張ると雨樋に当たってしまうので
波板専用のハサミでカットしました

固定するビスの間隔は基本的には
波板の山は5山以内で固定します

5山以上広げてしまうと固定力が弱くなり、
波板が風で浮きやすくなり波板が割れてしまう
可能性があります
守口市 波板 重ね代 施工事例
波板の重ね代は
波板の山は2.5山以上重ねます

2.5山より少なく重ねて固定すると
波板と波板の隙間から雨水が入りやすくなり、
風の影響で波板が浮きやすくなってしまいます

又、波板の浮き上がりを防ぐために、
重ね部分へは必ずビスを打ち込みます
守口市 波板 重ね代 施工事例
波板の全面張り替え工事が完了しました。

木下地も新しくなり頑丈に波板を固定することができました

塩ビの波板から耐久性が高いポリカーボネートの波板へ張替えましたので
波板自体の強度も上がっております

これで台風被害に遭ったベランダ屋根の
波板の全面張り替え、木下地の新設工事”は全て完了しました🏠

【工事完了後】

守口市 波板施工 ポリカ 完工写真
今回ベランダ屋根に使用した
ポリカーボネート波板についてご紹介します。

ポリカーボネートは主にカーポートやベランダ屋根等に多く使用されており、衝撃性や耐久性・透明度に優れているので、車のヘッドランプやカメラのレンズ、航空機の窓や新幹線の窓など、私達の生活の中でも多く使用されています。
ベランダ屋根としては、塩ビ(塩化ビニール)波板よりも柔らかく10倍以上の強度があると言われており、多くのベランダ屋根に使用されている素材となります。
守口市 波板施工 ツーバイフォー 完工写真
木下地で使用した2×4(ツーバイフォー)材は、
主に店頭に並んでいる樹種が『SPF』と呼ばれている物が多く、比較的柔らかめの木材で釘打ちや接着、カットなどの加工もしやすく塗装も可能です。

又、成長が早い樹木であり大量生産が可能な木材で安価で入手がしやすいという特徴もあり、
DIYにも多く使用されている木材です。

デメリットは耐水性があまり強くなく、雨が直接かかってしまう様な箇所で使用するには少し心配という点はありますが、防虫防腐塗料などでしっかりとメンテナンスを行うと長く使用する事ができます。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

泉南市で台風被害に遭った3階建て建物の各所補修工事を行った様子

施工事例 before
施工事例 after
工事内容
屋根補修工事
雨樋交換
天窓工事
足場
火災保険
台風
3階建て
使用素材
コロニアル、水切り金物(トップライト)、雨樋、窯業系サイディングボード
築年数
25年
建坪
保証
工事費用
約60万円
施工事例

堺市中区で台風被害のカーポート屋根全面張替えと枠組み補修工事

カーポート飛散 工事前
カーポート飛散 工事後
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ポリカーボネート製波板・フック
築年数
約45年
建坪
保証
工事費用
約15万円
施工事例

堺市西区にて台風や経年劣化で屋根及び軒天補修工事を行った様子

棟板金飛散 貫板 施工前
棟板金飛散 張替え工事 施工後
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
部分塗装
その他塗装
火災保険
台風
使用素材
築年数
建坪
保証
工事費用
27万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

建物全景

堺市堺区にお住いのお客様より、”雨樋が外れている”とお問合せがあり、現地調査へお伺いしましたお客様より築年数が経過しているので、建物全体も見てほしいとご依頼がありました。屋根や外壁は波型スレートと呼ばれる、セメントと繊維を成形して作られた波...........

棟板金飛散

堺市南区にて、以前の台風で屋根や外壁に被害を受けたお客様宅の現地調査を行いました今回、点検調査を行った箇所は・・・ ①棟板金 ②軒天 ③外壁 ④下屋の瓦棒 の4箇所になります

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん堺店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-04-9346