現場ブログ


建物全景

2017.12.27

屋根の一部が不陸を起こしていました恐らく、雨水の侵入で下地のコンパネ(合板)が腐っていると推測されますこの上に足をかけると、踏み抜いてしまう恐れがあります危険です

波板 割れ

2017.12.26

現地調査をしている最中に、お客様から大屋根も調査してもらいたいとのご依頼を受けました。しかし、波板があるのでベランダから大屋根に登れそうにありません。下から梯子をかけて登れそうな所もなかったのですが、波板の張り替え工事をさせていただく際(既...........

ベランダ全景落下部

2017.12.25

仮並べして建物と屋根のひずみを確認して、若干の寸法カットで樋への被りすぎ支障(雨水の樋を越えるオーバーフローの懸念回避)を配慮しました。

屋根瓦端部板金仕舞い

2017.12.22

板金仕舞いが全て完了し、ついでと言ってはなんですが、今回工事ヵ所の正面の壁面に目立つひび割れがいくつか有りましたので、お客様の承諾を得て届く範囲だけですがプライマー及びコーキング処理をさせていただきました最下部は水切り部分で水が抜ける様にコ...........

屋根材 めくれ

2017.12.21

大阪府高石市にて暴風による屋根材(アスファルトシングル)がずれていて今にも落下しそう!とお客様より問い合わせがあり、すぐに現地調査に伺いました建物が3階建てという事もあり、通常のはしごでは届かず、近日中に高所作業車(良く電柱の工事などで見か...........

屋根現況西面

2017.12.19

中塗乾燥後に、上塗作業に掛かります。ローラー塗で塗膜を均一に上塗して仕上げます。

壁際のし瓦めくり

2017.12.18

今回の様に、全体的に見て綺麗に積まれている様に見える瓦屋根でも雨漏りが発生していて原因が分からないなど悩まれている方もたくさんいらっしゃると思います。雨漏りの原因は表面上で分からない事がたくさんありますお気軽にご相談してください→0120-...........

屋根瓦 ずれ 現地調査

2017.12.16

屋根部に昇り、瓦の浮き上がった状況ですなぜこのようになるかと言うと、瓦の横に穴が2か所あるのが分かりますかこの穴は瓦を釘やビスで固定する穴となりますところが、長年の劣化や台風などで抜けて無くなっていました

波板破損

2017.12.15

現在ベランダやカーポートなど、主流で使用されている波板はポリカーボネート波板が多いです。破損されていたアクリル製の波板よりも、ポリカーボネート波板の方が耐衝撃性に強く、耐久性も高いので劣化もしにくく、紫外線に対しても強いので、ポリカーボネー...........

雨漏り調査物件全景

2017.12.13

2階の和室天井部分です。見て分かるように、数年前から漏れ続けていたと思われるほどの雨漏り跡で天井が黒ずんでいました一部膨れて表面がめくれかかっている所もあるほどでした。こんな状況だったので、雨がひどい日は水滴が落ちてきているのも想像できます

屋根 鬼瓦落下

2017.12.12

堺市北区にて台風による暴風で瓦が落下し、テラスのポリカーボネート屋根も飛散していました今回は瓦の改修工事(火災保険をご利用した工事)を御紹介しますこの画像は現地調査時の画像です完全に鬼瓦がなくなって、下地の土が表れていますこの状況で雨が降る...........

波板 破損全景

2017.12.11

波板が割れているところも多々あります。老朽化、波板の浮き、台風の影響が重なりこの様な事態になってしまったのだと思われます…今使用されている波板はアクリル製の波板なので、現在主流で使用されているポリカーボネート波板と比べますと強度的には劣って...........

高所作業車での作業風景

2017.12.8

松原市で突風により大屋根の棟押えが落ちてきたので、修理の依頼が有りました。3階建ての大屋根で梯子では対応出来ず、高所作業車を使って改めて調査点検して修理を行いました。前回調査で飛散落下していた棟押え金物で寸法を採寸していましたので、工場にて...........

波板飛散

2017.12.7

張替えが完了しました今回は火災保険を利用した改修工事となりましたこれで安心して洗濯物が干せますねこのような工事の問い合わせは0120-04-9346まで

雨漏り部天井

2017.12.4

大阪狭山市にて1階天井より雨漏りが発生し困っているとの問い合わせを頂き、現地調査に行ってきました1階の天井部に結構な量の雨が漏れていると思われる跡が確認されましたまた、2階天井部にも長年少しずつ漏れてきていると思われる雨染みも確認されました...........