オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

泉南市にて台風被害に遭った3階建て建物の現地調査へ伺いました


全景 高所作業車
泉南市のお客様より・・・

台風の影響で「屋根材が破損している」「雨樋が外れてしまった」「外壁から木部が見えている箇所がある」
とのご連絡をいただき現地調査へ伺いました

台風被害に遭われてから雨漏れなどの直接的な被害がなく2年程放置していたが、
やはり将来的なことを考えると”補修工事が必要かも!”思い
街の屋根やさん堺店へ連絡を下さったとのことです

お客様から
3階建の建物なので梯子で屋根に上がるのは難しいかもしれない
とのことで、安全面を考慮し高所作業車を用いての現地調査となりました

それでは現地調査を行いたいと思います!

屋根材クラック
屋根材割れ
屋根材飛散箇所


屋根材は「コロニアル」使用され、各所で割れやクラック、飛散箇所が見られました

塗膜の劣化で色褪せが発生し経年劣化の進行や、台風の影響で屋根材が捲れ上がり、飛散してしまったのではないかと思われます

このままの状態では、屋根内部に雨水が侵入し下地材の腐食などに繋がる恐れがあります
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コロニアルとは

スレート屋根の種類の中の一つで薄い板状の屋根材です。
多くの住宅等で使用されており、

メリット
重量が軽く、地震に強い

デメリット
耐久性が低く、クラック(ひび割れ)や屋根材が割れやすい

という特徴があります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
トップライト
トップライト金物捲れ
トップライト(天窓)の水切り金物が捲れがっている箇所がありました
水切り金物とは、雨水が内部に侵入する事を防ぐ金物の事です。

水切り金物は釘やビスを屋根材に向かって打付けて固定していますが、
台風の影響により、金物と屋根材の隙間へ風が吹き込んで捲れ上がってしまった可能性があります

本来、水切り金物は雨水を滑らかに軒方向へ流していく役割を担っています
このままの状態では水の吹き込む角度によって
捲れ上がっている金物の隙間から雨水が侵入してしまい、雨漏れが発生する可能性があります

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

トップライト(天窓)から発生する雨漏れ

トップライト(天窓)からの雨漏れのご相談を頂く機会が多いので、
雨漏れの原因いくつかご紹介いたします

ガラス周りのゴムパッキンの劣化    
     ・雨水の排水経路が異物などで詰まってしまう    
  ・屋根とのつなぎ目等の防水機能の劣化    
         ・強い雨風により角度によっては雨水が侵入してしまう    

など、雨漏れが発生しやすい箇所にもなりますので
点検や定期的なメンテナンスを行うことをお勧めいたします

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
雨樋 外れ

53fbc5d504cc4ffd2d540a93461e123b-simple


集水桝から下の「呼び樋」「竪樋」が外れている状態で、樋を固定する金具は辛うじて残っていました

雨樋は数種類の樋をつなぎ合わせ、樋と樋の繋ぎ目には接着剤を塗布して固定しています

経年劣化により、接着面の強度が下がっている状態で台風の影響を受け、雨樋が外れてしまったのではないかと思われます
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

樋の破損を放置してしまうと…

雨樋は屋根から流れてくる雨水を一箇所にまとめ、
排水を行う役割を担っています

雨樋が破損してしまうと
大量の雨水が地面に落ち雨水が跳ね上がる
          ・風の強い日は大量の雨水が外壁にかかる         

等の影響がありますので外壁にクラック(ひび割れ)等が入ってる箇所があると、
そこから雨水が建物内部に侵入してしまう可能性があります

雨樋破損は、大切なお住いの寿命を縮めてしまい、
お住いの寿命を最大限に保つ為にも”雨樋の修理は大切”です。
目視できる範囲で良いのでチェックする習慣を付けて、必要な場合は業者へ点検を依頼する、
そんな心掛けが重要になってくるかもしれません

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
外壁木部むき出し箇所
以前はウッドデッキがありましたが、
台風の影響により破損してしまいウッドデッキを撤去したとのことです

外壁に対してウッドデッキを固定するためにサイディング(外壁の仕上げ材)を
カットしていた部分の木部が剥き出し状態となっており、

雨水の影響を受け続けると
建物内部へ雨水が侵入してしまう雨漏りの1次被害が発生し、
壁や天井にシミとなって現れる2次被害へ進行します
すでに壁内部にカビや建材の腐食が起っており、カビを餌にするダニの発生でアレルギー症状など
みなさんの健康にも悪影響を及ぼす場合があります

外壁の破損を見つけたら、早期補修をお勧めします
お客様に調査箇所のお写真で現状を見ていただきながら
ご提案させていただく工事内容のご説明を行いました

      屋根材破損箇所・・・・・屋根材差し替え工事(軽度なクラック等はコーキングによる補修)
    トップライトの水切り金物・・・・水切り破損部の取り換え工事                   
       雨樋破損箇所・・・・・雨樋復旧工事                        
    外壁の木部むき出し箇所・・・・イディングボードによる補修工事               
 
又、高所での作業が必要な為、足場を設置しての工事をご提案させていただきました
足場の設置には、工事を行う職人の安全確保工事の作業効率や施工品質の向上への役割も担っています!
くまさんロゴ 台風工事完了 ブログ用
現地調査が完了しました

今回は自然災害による被害となりますので
お家を購入する際にご契約している建物の火災保険(風災)が適用される可能性があります

被害に遭われて3年以内であれば保険会社への申請が可能です。
建物・火災保険にご契約の場合は、お手元にある保険証券や保険会社へ
ご契約内容のご確認をしてみてはいかがでしょうか

街の屋根やさん堺店でも保険請求での工事も行っておりますので
お気軽に相談くださいませ

お待ちしております

同じ工事を行った施工事例

施工事例

堺市西区にて台風や経年劣化で屋根及び軒天補修工事を行った様子

棟板金飛散 貫板 施工前
棟板金飛散 張替え工事 施工後
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
部分塗装
その他塗装
火災保険
台風
使用素材
築年数
建坪
保証
工事費用
27万円
施工事例

堺市堺区にてリピーターのお客様より補修を依頼されました

樋 つまり
軒・竪樋完了後
工事内容
屋根補修工事
雨樋交換
防水工事
使用素材
築年数
約70年
建坪
保証
工事費用
18万
施工事例

堺市堺区にて2年前の大型台風で飛散した棟板金交換を行いました

棟板金 台風飛散 工事前
棟板金飛散 台風 交換後
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
足場
使用素材
ガルバリウム鋼板 コロニアル
築年数
建坪
保証
工事費用
40万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

泉南市 台風工事 全景

前回、台風被害で現地調査を行った泉南市のお客様より工事依頼を頂きました(現地調査ブログはこちら)工事内容はこちらになります↓↓↓・足場の設置                            ・屋根材差し替え工事(軽...........

現地調査 雨漏り 台風被害

堺市中区のお客様より、雨漏りのご相談を受けて現地調査を行いました

カーポート波板 張替前

堺市中区のお客様より「台風でカーポート波板が飛散した」『枠組みの一部が曲がっていて現状のまま使用が可能か』とお問合せを受け早急に現地調査へお伺いしましたお客様に状況をお聞きすると・・・台風時に大きな音がしたので翌日に被害がないか確認すると、...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん堺店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-04-9346