堺市中区にて破風板が割れているとの報告を受け現地調査へ行って参りました

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/7更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

破風板 全景
堺市中区にてお客様より、大屋根下の破風板が割れているとの報告を受け現地調査へ行って参りました。
破風板とは屋根の内部に吹き込んでいく風を防止する役割や、横雨の侵入を防ぐなど、屋根にとってとても重要な部分であります。
破風板が破損しているままにしておくわけにはいかないので、急いで現地調査へ向かいました
破風板 割れ
こちらが大屋根下の破風板になります。赤く囲っている部分が破風板が割れてしまっている部分です。
本来黄色く囲っている部分程の長さはあるのですが、およそ半分ぐらいは割れています
恐らく突風などの影響と、釘を止めている部分が劣化していて半分より下の部分が破断してしまったのだと思われます
ケイカル板 浮き
こちらのケイカル板も浮いてしまっています。
恐らく破風板が破断し、雨の影響を強く受けてしまい、水を多く含んでしまった影響で浮いてしまったのだと思われます
破風板 割れ
破風板が割れてしまっているので、下地板も丸見えな状態です。このままだと見栄え的にも気になりますよね
お客様には、破風板の取り換え、ケイカル板が浮いているところの補修、また、ケイカル板の汚れも目立ちますので塗装をさせていただきたいということでご提案させていただきました
同じようなお悩みをお持ちの方がいらっしゃいましたら、お気軽にご相談、ご連絡してくださいね

この工事に関するお問い合わせ:0120-04-9346

この工事の現場ブログ

破風板 割れ

2018/03/09/ 堺市中区にて、割れてしまった破風板の補修を行いました。

割れてしまっている破風板の補修工事を行います。破風板とは屋根の内部に吹き込んでいく風を防止する役割や、横雨の侵入を防ぐなど、屋根にとってとても重要な部分であります。破損しているままにしておきますと雨漏れなどにつながりかねませんのでしっかり補...........

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市で落下の危険性がある平屋屋根の部分葺替えをしました。

現状正面
正面完了
工事内容
破風板・軒天部分補修
屋根葺き替え
使用素材
GL鋼板
築年数
不詳
建坪
保証
工事費用
約15万円
施工事例

堺市中区にて、破風板の補修工事

破風板 割れ
破風板 タッチアップ
工事内容
破風板・軒天部分補修
使用素材
築年数
20年
建坪
保証
工事費用
約4万5千円

同じ地域の施工事例

施工事例

堺市中区にて、破風板の補修工事

破風板 割れ
破風板 タッチアップ
工事内容
破風板・軒天部分補修
使用素材
築年数
20年
建坪
保証
工事費用
約4万5千円
施工事例

堺市中区にて屋根板金張替えと動物(ネコ)の侵入対策 施工事例

屋根取り合い部分
屋根取り合い 板金張付け 完了
工事内容
屋根補修工事
使用素材
屋根板金
築年数
50年
建坪
約50坪
保証
工事費用
10万円
施工事例

堺市中区|屋根貼替え塗装の工事

波板 現況
波板 完了全景
工事内容
屋根補修工事
屋根塗装
使用素材
ポリカーボネイト波板・カラー鉄板・ウレタン樹脂塗料他
築年数
約45年
建坪
保証
工事費用
約85万

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

エコグラーニ貼り出し

富田林市にてカラーベスト屋根の経年劣化で外壁・樋も併せて改修を依頼されました。想像以上軒天部分の腐食が激しく、一部母屋と垂木や野地板を補強・修復して下地をほぼ造り替え鋼板屋根葺きをしました。今回はお客様とご相談のうえ、エコグラーニ葺きを選択...........

破風落下

大阪府堺市北区にて屋根を点検して欲しいとの問い合わせで現地調査に行って来ました調査依頼のあった建物は木造2階建ての建物で、破風が落下し、一部無くなっていました詳しくは右の画像を御覧下さい依頼者は何か変なので、一度調査して欲しいとの依頼で調査...........

現状正面

岸和田市より築不詳で劣化が激しく何度か簡易な補修を重ねて来ましたが、落下等による歩行者への危険性も増大して来たので瓦を一部撤去して鋼板等で葺き替え補強を依頼され、梅雨の晴れ間を選んで施工させて頂きました。下の写真は現況で瓦自体もズレて破風も...........