オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

堺市西区にて台風や劣化被害で屋根及び軒天補修工事を行った様子




お見積り提示後、お客様より施工の受注を承りましたので
”屋根補修”及び”軒天モルタル補修”工事の様子をご紹介させて頂きます

現地調査の様子はこちら

屋根補修工事の様子

棟 飛散箇所
棟板金・スレートの飛散状況です

台風被害で、棟板金やスレートの飛散や破損箇所が各所で見られました

幸いにも雨漏りは起こってはいませんが
いづれ雨漏りが起きてしまう可能性がありますので
屋根の補修を行いたいと思います
屋根 貫板取付
貫板 取付完了
屋根サイズに合わせた新しい下地(貫板)を取付けます

下地(貫板)にビス打ち、屋根材に下地(貫板)をしっかりと固定させていきます
貫板が棟板金を支える下地となります。

貫板は木材が多く使用されているので、雨水が浸透すると腐食が進みます。
貫板が腐ると木がボロボロでビスが効かなくなり貫板交換必要になります


棟板金 取付完了①
棟板金 取付完了
棟板金 取付順番
下地(貫板)をしっかりと固定し、新しい棟板金を取付て行きます

棟板金は1枚の板ではなく数枚の板を張っていくので、板金の取付る順番に気を付けないといけません
屋根に降った雨水は上から下へ流れる為、
屋根の頂上から取付ると棟板金接合部分の隙間から雨水が入りやすくなってしまうので、
鼻先から屋根の頂上に向けて順番に取付ていきます

そして、棟板金を取付けるビスは横方向に打ち固定します。
真上でビスを固定してしまうと、そのビスの穴から雨水が染み込んでしまいます
その為必ず横からビスを固定しないといけません。

また、板板金の接合部分にはコーキングを充填しました。

板金は工場加工済の物を使用しました
下屋 スレート 補修前
割れているスレートを撤去していきます

スレートは一枚一枚に釘留めされている為
釘を抜く専用の道具を使用します


下屋 補修中
割れているスレートを全てを撤去しました

新しいスレートを必要なサイズにカットし差し込みます。
新規のスレートには二箇所穴が開いているので
そこに釘を固定します
下屋 スレート補修完了


スレートの差替えが全て完了しました

スレートの色が異なっていますが、既存のスレートは色褪せや劣化が起っている為、部分的な差替えの場合はどうしても、色が異なってしまいます

軒天モルタル補修工事の様子

before1
軒天 モルタル 露筋状態



軒天のモルタルが落下し、鉄筋が見えている”露筋”状態となっていました。

又、クラックや塗装材が劣化により浮いていた為、破断している部分のモルタルを撤去しました
vertical
after1
軒天 モルタル補修完了
モルタルの塗り上げは、サビ止め塗布→プライマー塗布→モルタルの塗り上げの手順で行います

まず、露筋箇所は鉄筋がサビないように専用のサビ留めを塗布しました。
サビ留めを塗布後→プライマーと呼ばれる軒天とモルタルを密着させるための接着剤を塗布します。
プライマーが乾いたらモルタルを塗り上げていきます

この時、既存のモルタルが乾燥している場合
モルタルが密着せずに落下してしまうので慎重に作業を行う事が大切です

※作業後1時間程様子を見ましたが落下しなかった為、作業を終了いたしました
くまさんロゴ 施工事例
補修工事が全て完了しました

これで、雨漏りの心配もなく安心して生活ができますね

今回のお客様宅は、台風で被害に遭った”棟板金飛散”や”スレートの破損”は”自然災害”の為
ご契約されている火災保険会社へ保険金請求の申請をされ、
建物・火災保険(風災)が適用され、工事費用の自己負担がなく工事を行う事ができました

火災保険って聞くと火事だけじゃないの?って思われる方も多いかもしれません。
台風や突風・竜巻など建物に被害があると”風災補償”があれば、火災保険適用の可能があります。
近年では、超大型台風や記録的な大雨などで建物への甚大なる被害が見られています
建物の火災保険にご契約されているお客様は、一度、ご契約内容を確認してみてはいかがでしょうか

街の屋根やさん・堺店でも、保険申請での工事も行っていますので
お気軽にご相談下さいね

この工事の現場ブログ

現地調査 建物全景

2021/01/06/ 堺市西区で台風や劣化で屋根材及び軒天に破損が見られた現地調査

堺市西区にて棟板金や屋根材(スレート)が飛散や軒天のモルタルが数箇所落下しているとお客様よりご連絡を頂き、早急に現地調査へお伺いしましたお客様によると・・・2年前の台風で棟板金がほとんどが飛散してしまい、近隣で工事を行っていた業者さんに『屋...........

同じ工事を行った施工事例

施工事例

守口市で台風と経年劣化で飛散したベランダ屋根の張り替え工事

守口市 波板施工事例 before
波板施工事例 after
工事内容
屋根補修工事
火災保険
台風
使用素材
ポリカーボネート波板、  2×4材(SPF)
築年数
約35年
建坪
保証
工事費用
約15万円
施工事例

泉南市で台風被害に遭った3階建て建物の各所補修工事を行った様子

施工事例 before
施工事例 after
工事内容
屋根補修工事
雨樋交換
天窓工事
足場
火災保険
台風
3階建て
使用素材
コロニアル、水切り金物(トップライト)、雨樋、窯業系サイディングボード
築年数
25年
建坪
保証
工事費用
約60万円
施工事例

堺市中区で台風被害のカーポート屋根全面張替えと枠組み補修工事

カーポート飛散 工事前
カーポート飛散 工事後
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ポリカーボネート製波板・フック
築年数
約45年
建坪
保証
工事費用
約15万円

同じ地域の施工事例

施工事例

堺市西区にて台風や経年劣化で屋根及び軒天補修工事を行った様子

棟板金飛散 貫板 施工前
棟板金飛散 張替え工事 施工後
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
部分塗装
その他塗装
火災保険
台風
使用素材
築年数
建坪
保証
工事費用
27万円
施工事例

堺市西区にて屋根瓦と外壁 門等の補修工事を施工しました

棟破損状況
棟積み替え完了
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
漆喰詰め増し
外壁塗装
部分塗装
その他の工事
使用素材
築年数
約45年
建坪
保証
工事費用
100万
施工事例

堺市西区でベランダ屋根のポリカー波板と樋の改修をしました

飛散状況と近隣被害状況
完了全景
工事内容
屋根葺き替え
雨樋交換
使用素材
築年数
約30年
建坪
保証
工事費用
7万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

建物全景

堺市堺区にお住いのお客様より、”雨樋が外れている”とお問合せがあり、現地調査へお伺いしましたお客様より築年数が経過しているので、建物全体も見てほしいとご依頼がありました。屋根や外壁は波型スレートと呼ばれる、セメントと繊維を成形して作られた波...........

棟板金飛散

堺市南区にて、以前の台風で屋根や外壁に被害を受けたお客様宅の現地調査を行いました今回、点検調査を行った箇所は・・・ ①棟板金 ②軒天 ③外壁 ④下屋の瓦棒 の4箇所になります

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん堺店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-04-9346