オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

堺市北区で建物の経年劣化により室内に雨漏りが発生した現地調査


建物全景
堺市北区にて、建物を所有しているオーナー様より
経年劣化で室内に雨漏りが起きている!と、ご連絡を受け現地調査へお伺いしました

オーナー様に状況をお聞きすると、、、
経年劣化で雨漏りが起り、壁の捲れや天井が波打っていてお困りの様子でした
雨漏り補修を内装工事を行っている業者さんにお願いした所、屋根工事を扱っていない為、
当社のHPを見られご連絡を頂いた様です

雨漏りが起っている室内を拝見させて頂きます

雨漏りが発生している室内の様子は・・・?

室内 雨漏りの様子 クロス捲れ①
『クロスの捲れ』
室内雨漏り全景
『収納スペースの状態』
室内雨漏れ 天井
『天井は雨染みや波打っていた』
雨漏りが起っている『収納スペース』の様子です。

雨漏りは”収納スペース”のみで他の所では見られませんでした
雨漏りによって”壁のクロス”が大きく捲れ”天井も雨染みや波打っている状態でした

屋根内部に浸入した雨水は、骨組み(垂木)を伝いじわじわと下に落ちて行き
最終的に天井や壁に行きつく為、すぐに雨漏りを発見する事は出来ません
屋根裏に雨水や湿気が長期にわたって溜まり漏水した事によって、
接着剤が剥がれクロスが捲れる現象や、天井が波打つ現象がよく見られます

このような状態が続くと、
建物の腐食とカビやシロアリ被害の同時進行が起る可能性がある為、
早急に”屋根工事”をお勧めします

屋根の調査を行いたいと思います!

屋根 平瓦の劣化やズレ
平瓦の様子です。

平瓦は全体的にズレや隙間が見られ、
雨水が浸入しやすい環境となっていました
また軒樋へ平瓦が重なり波打っている状態でした

軒樋が平瓦の重さに耐えられず落下や破損、
また、平瓦も落下する恐れがあります

鬼瓦 飛散
下り棟の鬼瓦が落下していました

漆喰の劣化によって固定力が弱まっていた所に、
台風や地震などの影響で落下したと考えられます
また、下り棟がズレて落下する事も・・

鬼瓦の大きさは様々ですが、
陶器瓦という事もあり決して軽くはないのです。
下に人がいれば、大きな事故に繋がってしまいます
屋根 木下地 剥き出し状態
木下地が見えてしまっています

雨の降り方によっては木下地に直接、雨水が当たってしまい腐食を起こしてしまう危険性があります

木下地は屋根を支える重要な素材で、劣化してしまうと、耐風性や耐震性が著しく低下します

劣化や雨水によって腐食を起こしてしまうと、屋根材等を支えきれなくなり雨漏りや屋根材の変形を起こしてしまいます

雨漏りを引き起している問題箇所!

雨漏りの原因箇所 棟瓦の飛散やズレ
”棟瓦のズレや飛散”や”漆喰の劣化”が雨漏りの原因と考えられます!

全体的に経年劣化や問題箇所は見られましたが、収納スペースのみが雨漏りしていると考えると
棟瓦のズレや飛散と漆喰の劣化箇所に雨水が浸透し、
外壁を伝って室内に雨水が浸入した事が原因と思われます

棟瓦のズレや漆喰の劣化を放置してしまうと
劣化した漆喰が剥がれる事によって、のし瓦のズレが更に酷くなり
劣化した漆喰の隙間や、飛散してしまった冠瓦(かんむりがわら)部分から常に雨水の侵入を許してしまい
雨漏りや棟全体の崩壊が起る為、早急に屋根工事が必要になってきます

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

棟瓦の大きな役割は”雨漏りの防止”です。

棟瓦は、のし瓦・冠瓦・鬼瓦が組み合わさって建物を雨水から守ってくれています。

棟瓦の構造は、短冊形ののし瓦を積み上げて屋根下地に雨水の浸入を防ぎ、
頂上部にある半円型の瓦・冠瓦でのし瓦にふたをして屋根の中に雨が浸入しない様に”雨仕舞”の役割をし、
魔除けや雨仕舞の役割を担っている棟端にある鬼瓦によって造られています

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
くまさんロゴ 施工事例
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

すべての現地調査が完了しました

お客様に現状の写真をお見せしながら、工事内容をご説明させて頂きました
本来は、屋根の劣化状況を見ると屋根の葺替え工事好ましいのですが、
お客様より今回は、”雨漏りの原因箇所のみを補修してほしい!”とご要望があり
漆喰の塗替え棟の補修をご提案させて頂きました

環境や立地によって、建物に起こる不具合は様々です。
『ここが気になっているけど、どうしたらいいか分からない?』『工事は必要なのか?』など、
お住いに関わる工事や点検・お見積などのご相談がございましたら、
お気軽に”街の屋根やさん堺店”までご連絡くださいませ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この工事の現場ブログ

建物全景

2021/02/01/ 堺市北区で建物の経年劣化により室内に雨漏りが発生した現地調査

堺市北区にて、建物を所有しているオーナー様より経年劣化で室内に雨漏りが起きている!と、ご連絡を受け現地調査へお伺いしましたオーナー様に状況をお聞きすると、、、経年劣化で雨漏りが起り、壁の捲れや天井が波打っていてお困りの様子でした雨漏り補修を...........

同じ工事を行った施工事例

施工事例

守口市で台風と経年劣化で飛散したベランダ屋根の張り替え工事

守口市 波板施工事例 before
波板施工事例 after
工事内容
屋根補修工事
火災保険
台風
使用素材
ポリカーボネート波板、  2×4材(SPF)
築年数
約35年
建坪
保証
工事費用
約15万円
施工事例

泉南市で台風被害に遭った3階建て建物の各所補修工事を行った様子

施工事例 before
施工事例 after
工事内容
屋根補修工事
雨樋交換
天窓工事
足場
火災保険
台風
3階建て
使用素材
コロニアル、水切り金物(トップライト)、雨樋、窯業系サイディングボード
築年数
25年
建坪
保証
工事費用
約60万円
施工事例

堺市中区で台風被害のカーポート屋根全面張替えと枠組み補修工事

カーポート飛散 工事前
カーポート飛散 工事後
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ポリカーボネート製波板・フック
築年数
約45年
建坪
保証
工事費用
約15万円

同じ地域の施工事例

施工事例

堺市北区でリピーターのお客様駐輪場テラス屋根改修しました

飛散した状況
完了正面
工事内容
屋根補修工事
使用素材
築年数
約15年
建坪
保証
工事費用
7万
施工事例

堺市北区にてカーポート屋根の張り替え工事の施工事例

波板破損
波板張替施工
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ポリカーボネート波板
築年数
約40年
建坪
保証
工事費用
約8万円
施工事例

堺市北区にて棟板金とテラス屋根の取り付け工事を行いました

棟 木下地
板金取り付け完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
使用素材
棟押え金物、ポリカーボネート平板
築年数
約20年
建坪
保証
工事費用
約12万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

コロニアル 一部補修 屋根材補修 堺市南区

堺市南区にて台風被害を受けた住宅の補修工事を行っております現地調査の様子▶堺市南区で経年劣化の進行や台風被害によってお住いに不具合が発生破風板・軒天の補修工事の様子▶ 堺市南区で劣化や台風被害に遭った軒天と破風板の補修・塗装工事今...........

軒天・破風板補修前 劣化 台風被害

堺市南区にて、劣化や台風被害に遭ったお住いの改修工事を行いますまずは『軒天・破風板の補修・塗装工事』を行った様子をご紹介させて頂きます現地調査の様子はこちら▶堺市南区で経年劣化の進行や台風被害によってお住いに不具合が発生

軒樋溢れヵ所

和泉市より突風時に近隣からの飛散飛来物で、建物各所に被害が生じ建物保険の適応可能か?との問合わせを頂き、状況により補填申請は可能とお答えしまして、お客様より現地調査点検のご依頼を賜りましたので、お客様のご都合に合わせて日程調整のうえ調査にお...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん堺店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-04-9346