オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

耐震改修|堺市東区で『倒壊する可能性高い』と出た住宅の現地調査


堺市東区にて耐震補強の工事依頼があり、現地調査にお伺いしました
耐震調査 倒壊危険あり 現地調査
建物詳細 木造平屋住宅
築年数  約40年
屋根材  土葺き瓦屋根
壁材   土壁
相談内容
堺市の耐震診断を受けた所、【倒壊の可能性が高い】と結果が出た。
雨漏りも起きている為、屋根の葺き替えと耐震改修リフォームをお願いしたい。

堺市の補助を受け、耐震診断を受けられたそうです
『倒壊の可能性が高い』と言われると、いつ来るか分からない地震が怖くて安心して過ごせないですよね
建物の状態を確認させていただきます

現地調査の様子

13339be8cd7701f4b6eeff0e0de3b9c6
棟が波打つように歪んでいました

棟とは屋根の一番高い部分で、雨風の影響を最初に大きく受ける場所です。
こちらの棟瓦は漆喰と結束銅線によって固定されていますが、漆喰や銅線が劣化してくると固定力が弱くなります
そこに雨風地震の揺れなどの強い力が加わると、このように棟の歪みに繋がってしまいます。

棟が歪んだままにしておくと、瓦が落下する可能性もあり非常に危険です
また、歪んだ部分から雨漏りも起きやすくなります
谷樋 錆び 雨漏り
谷樋が錆びていました

谷樋は屋根と屋根がぶつかる谷の部分で、トタンガルバリウム鋼板銅板などの材料を加工して使用されています
屋根に流れる雨水が集まる場所の為、雨漏りが起きやすい箇所の一つに挙げられます

ひとたび錆が生じると、錆びた箇所からどんどん周りに広がっていき、進行すると穴が開いてしまい、雨漏りの原因となります
モルタル外壁 劣化 クラック 色褪せ
モルタル外壁にも変色やひび割れがありました

お客様のお家の壁は『土壁』で、上からモルタルを塗っていました。
塗装メンテナンスを長年行っていないモルタルは水分を吸収しやすくなり変色ひび割れが起こりやすくなります

ひび割れた場所から内部の土壁にも雨水が浸透すると、建物の強度が下がり、外壁自体の剥離や落下が生じてしまいます
筋交いがない 耐震診断


土壁の上から化粧合板を貼って洋室に模様替えしているお部屋もありました。

本来土壁は、通気性と調湿性が抜群で日本にぴったりの壁材です
しかし、こちらには『筋交い』という、住宅の耐震性を高める為に壁の中に斜めに取り付ける部材が壁に入っていません
筋交いが入っていないと横揺れに対して弱く、耐震性能としては低くなります
風呂場 扉 劣化


浴室の扉が劣化で腐朽していました

こちらの扉は木製の為、表面の塗装が剥がれるとどんどん水分を吸い込んでしまい、このように腐朽してしまいます

ボロボロになった扉は地震で外れて倒れてしまう危険もあります

そもそも耐震診断ってどんなもの?

昭和56年(1981年)に新耐震基準が制定され、平成21(2000年)に阪神大震災で見直しが行われ、筋交いなどの設置が義務化されました。
昭和56年の新耐震基準が制定される前の建物は『旧耐震』、それ以降の建物は『新耐震』と呼ばれます。

旧耐震の建物については現在の耐震基準に満たない可能性が高く、耐震診断が必要とされています
耐震診断でチェックするポイントの一例を見てみましょう
耐震診断 チェックポイント
診断内容は地盤・地形・基礎・上部構造など多数の項目があり、総合評価として4段階の耐震性能に評価されます。
耐震診断 表
総合評価
1.5以上
倒壊しない
1.0以上1.5未満
一応倒壊しない
0.7以上1.0未満
倒壊する可能性がある
0.7未満
倒壊する可能性が高い
お客様のお家も築40年以上で、耐震基準制定前に建てられた住宅である事から耐震診断を受けられた所、
『倒壊する可能性が高い』という診断結果が出たようです

※堺市では一定の条件を満たした建物に対し、耐震診断や耐震補強工事費用の補助があります。詳しくはこちら
耐震改修工事とは
耐震改修で『倒れない家になる』という訳ではありません

耐震改修工事では、
・稀に発生する地震(中規模の地震)では構造耐力上主要な部分に損傷が生じないこと
・極めて稀に発生する震度6強から震度7程度の大地震では建築物が倒壊・崩壊しないこと
という現在の耐震基準に合わせる事が求められています

つまり、
万が一震度7クラスの大地震が来ても人命に支障がなく、揺れが納まってから避難できるような『一時的に耐えられる家』
を作る事が目的です

その為、一度の揺れには耐えられますが、その後二度三度と震災に遭うと倒壊してしまう事もあります
今回は堺市から依頼を受けた設計事務所の耐震改修工事設計に従い、当店で工事を進めさせていただきます
お客様が現在お住まいの為、生活スペースを確保しながら工事を行う事になりました
その為、1期・2期に分けて工事を進めていきます

大きく分けると、
第1期・・・屋根の葺き替え工事とリビングの改修工事
第2期・・・寝室などその他の工事
という工程になります
屋根 葺き替え 耐震改修工事

雨漏りが起こっている瓦屋根に対しては、
『横暖ルーフα』
という遮熱性・遮音性・耐火性・耐水性・耐久性の高い高性能な鋼板屋根に葺き替えを行います
重量のある瓦屋根→軽量な鋼板屋根に吹き替える事で建物への負荷も少なくなる為、耐震性も向上し、総合評価が上がって危険度が軽減します

横暖ルーフについて詳しくはこちら

次回は工事の様子もご紹介させていただきますね

くまさんロゴ 現地調査簿ブログ
昨年から家で過ごす時間が増えた方が多いと思いますが、
『倒壊する可能性が高い』なんて言われたら安心してお家で過ごせないですよね

地震や台風などの自然災害をなくす事はできません
しかし、対策をきちんと行う事で被害を少しでも小さくすることはできます
非常用備蓄や避難経路の確認とご一緒に、お住まいの耐震強度にも目を向けてみてくださいね
街の屋根やさん堺店では住宅工事全般を行っておりますので、お気軽にご相談ください

この工事の現場ブログ

基礎 耐震改修工事 添え基礎

2021/02/25/ 耐震改修|堺市東区で無筋基礎に添え基礎で補強し耐震強度向上①

堺市東区にて耐震改修工事を進めております。今回は『基礎』の補強工事についてご紹介させていただきます現地調査の様子はこちら屋根葺き替え工事の様子はこちら

配筋 アンカー 耐震改修 添え基礎

2021/02/26/ 耐震改修|堺市東区で無筋基礎に添え基礎で補強し耐震強度向上②

堺市東区で耐震改修工事を行っております前回基礎補強の前半(ケミカルアンカーとボルト打ち込みまで)をご紹介しました。今回は後半の配筋・コンクリート打設からご紹介させていただきます現地調査の様子はこちら屋根葺き替え工事の様子はこちら

屋根葺き替え工事 瓦屋根

2021/02/10/ 耐震改修|堺市東区で土葺き瓦屋根から横暖ルーフへ葺き替え工事

堺市東区で耐震改修工事を行っております。今回は1期の屋根葺き替え工事の様子をご紹介させていただきます。現地調査の様子はこちら

同じ工事を行った施工事例

施工事例

大阪市住之江区にてベランダ屋根と手すり塗装を施工しました。

ベランダ・手すり現況
手すり塗装完了
工事内容
屋根葺き替え
その他塗装
その他の工事
使用素材
築年数
約40年
建坪
保証
工事費用
18万
施工事例

河内長野市にてテラス屋根2か所の張替を施工しました

テラス屋根現状
大テラスポリカー波板張替完了
工事内容
屋根葺き替え
雨樋交換
使用素材
築年数
約25年
建坪
保証
工事費用
16万
施工事例

堺市西区にて屋根瓦と外壁 門等の補修工事を施工しました

棟破損状況
棟積み替え完了
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
漆喰詰め増し
外壁塗装
部分塗装
その他の工事
使用素材
築年数
約45年
建坪
保証
工事費用
100万

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根葺き替え工事 瓦屋根

堺市東区で耐震改修工事を行っております。今回は1期の屋根葺き替え工事の様子をご紹介させていただきます。現地調査の様子はこちら

雨漏れ 養生

堺市堺区にて『室内で雨漏れが起きている』とお客様からご連絡があり早急に調査へとお伺いしてきました調査の様子をご紹介させて頂きます

調査 建物 全景

堺市西区で1階駐車場・テラスと2階ベランダの波板劣化等で張替をご希望されるお客様からご依頼があり調査へお伺いしました早速調査の様子をご紹介させて頂きます

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん堺店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-04-9346