大阪市住吉区にて地下駐車場の雨漏り調査に行きました。

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/7更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

天井現況 雨受け
住吉区にて地下駐車場に雨漏れがするので、対応して欲しいとのご依頼を承りました。
現地へ行って建物外観を拝見しSRC(鉄骨鉄筋コンクリート造)で1階部分にテナントとして、スーパーが入店していて8階建てのマンション地下駐車場でした。
駐車場を拝見するまでは、スーパーや住居の設備配管からの漏れかと考えました。
現地を確認しましたら、スーパー部分以外でも、と言うより駐車場全体で各所に雨漏れが認められ、応急処置をすでにされていました。
緑四角部分は木下地波鉄板で、仮受けして床面に雨水を逃がしていました。
赤丸部分は、緊急でブルーシートを吊り下げ雨よけしていました。
管理人の方にお話しをお聞きしますと、やはり雨の日に漏れてくるしスーパー部分以外でも漏水するとの事でした。

雨受け状況
他の部分でも、各所に雨漏れが見られ、仮受けして雨水を地下床面に逃がしていました。
マンション住民の方々が使用されている駐車場ですので、車への影響も有り苦情が絶えない状態だそうです。

天井設備
スーパーと住居部分への設備配管・配線が1階スラブ面下にたくさんあるため、雨受けをどのような形で設置するか?で悩みました。
漏水の根本は躯体に何らかの原因が有るものと考えられますが、現在の状況では応急対策で改善するのがベストと考えました。

本来は、建物構造自体を検証して原因を追究し根本から改善する事が先決では?と、管理人さんにもお伝えました。

建物本体の調査と根本対策は、建築された業者さんが対応しているが早急に解消できないので、利用者の方に出来る限り迷惑が掛からない事を最優先として、スラブ下での水受けを応急対策で全面にさせて頂く方向で提案させて頂きました。

階上からの漏水部分が見えて確認出来る方法として、軽鉄天井下地を組み透明のポリカーボネート波板を貼り付けて、勾配を取り樋で地下床面に流す方法を提案しました。

 

 

同じ工事を行った施工事例

施工事例

堺市西区で切妻屋根ケラバ瓦の差替え補修他を施工しました。

ケラバ瓦割れ・補修跡
袖瓦交換後
工事内容
雨漏り修理
その他の工事
使用素材
築年数
約45年
建坪
約25坪
保証
工事費用
約45万
施工事例

高石市にて雨漏れが発生!棟瓦の積み替え、板金工事を施工しました

寄棟 施工前
棟瓦 板金施工
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
棟瓦取り直し
漆喰詰め直し
雨漏り修理
使用素材
板金
築年数
約30年
建坪
保証
工事費用
施工事例

堺市堺区にて外部窓枠から発生している雨漏れの補修工事の施工事例

額縁
外部窓枠 コーキング
工事内容
雨漏り修理
使用素材
コーキング剤 GL鋼板(ガルバリウム鋼板)
築年数
建坪
保証
工事費用
約6万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

全景

堺市東区にて台所の天井から雨漏れが発生しているとの連絡を受け調査へお伺いしました結果、雨樋の改修工事をさせていただきますことになりました既存の雨樋では大屋根からとベランダ屋根からの雨水が赤く囲っている集水桝に流れていく形になっているのですが...........

全景

堺市東区にて1階台所の天井から雨漏れが発生しているとの連絡を受け現地調査へ行って参りました

棟瓦積み直し完了

堺市西区にて雨漏れが発生しているとの連絡を受け、雨漏れの補修工事を行いました。前回は老朽化している瓦、割れている瓦の取り替え工事をさせていただきました。今回は瓦の積み直し、漆喰の塗り直し工事を施工していきます