大阪狭山市にて1階天井より雨漏り発生!現地調査に行ってきました。

大阪北部地震に続き西日本豪雨と自然災害が頻発しております。梅雨が明けたとはいえ台風の季節も訪れ、今後も自然災害への注意が必要です。災害により被災された方、現在お住まいに対してご不安を抱え自然災害への備えをしたい方。屋根・外壁についての点検はもちろん応急処置や補修とできる限り対応させていただいておりますので、「もしかして」と不安な方はご遠慮なくご連絡ください。

大阪狭山市にて1階天井より雨漏りが発生し困っているとの問い合わせを頂き、現地調査に行ってきました
1階の天井部に結構な量の雨が漏れていると思われる跡が確認されました
また、2階天井部にも長年少しずつ漏れてきていると思われる雨染みも確認されましたので、大屋根の瓦の状況も確認したいと思います
雨漏り部天井
1階の雨漏りしている天井の様子です。
矢印部分を中心にクロスが完全に浮いてめくれています。
クロスの裏には雨水が溜まっている状況でした
雨漏り部天井
雨漏りヵ所の天井点検口を開けてみると丸印部分(屋根から上部に立ち上がっている所の壁下地部分)にかなりの雨染みが確認出来ます
どうもこの屋根と壁との接点部分が雨漏りの原因になっていると思われます
雨漏り部屋根状況
その屋根と壁との接点部分の屋根からの状況です。
雨漏りがひどく確認されたのは写真の右端部分ですが、この写真の赤囲い部分の下の部屋の天井にも雨染みが確認されました。
現在雨漏りがひどくない所も少しずつ雨漏りしている原因があると思われますので確認していきたいと思います

雨漏り部屋根状況
この写真の赤囲い部分が実際ひどく雨漏りしていた部分の直上です。瓦屋根とカラーベスト屋根との段差等が有り少し複雑になっている様で何か雨漏りの原因が潜んでそうです
雨漏り部瓦状況
まずは先程の写真の左側の瓦屋根を確認すると、一目で分かると思いますが壁沿いののし瓦がずれて完全に落ちていました。
雨漏り部瓦状況
近くで確認すると、完全に落ちている瓦以外もガタガタにずれているのが分かります
のし瓦の隙間や下部の漆喰からは草やコケが生えてきています。おそらく水はけが悪く内部にも湿気が溜まっていると思われます。
雨漏り部瓦状況
同じく右側の流れの瓦屋根の状況です。
こちら側は矢印部分(のし瓦とのし瓦との隙間)がすべてコーキングにて埋まっていました
この部分は雨水が抜けて行く所です、絶対に完全に埋めてしまう事なんてしてはいけません

雨漏り部瓦状況
こちら側も反対側と同じく、のし瓦近くにコケが生えています。おそらく瓦の下に湿気が溜まっているのでしょう。
もしかしたら壁際に瓦を葺く前に入れる、捨て谷という板が入っていない可能性もありますねー
捨て谷板というのは、雨水が瓦を抜けていった場合に、それ以上天井下地部まで雨水が浸透しないように食い止めてくれる働きがあります
雨漏り部瓦状況
これは瓦屋根の棟と壁との取合い部分です。
棟の冠瓦と壁との取合いを板金にて壁際に雨水が入らないように仕舞いしてあるはずなんですが・・・、矢印部分が完全に隙間になっていますこれではせっかく板金仕舞いをしているのに雨水が入ってしまいますよね
少し改善が必要と思われます
雨漏り部屋根板金
問題のひどい雨漏り部分の上部です。
瓦屋根の一段下にカラーベスト屋根を後から増築したのだと思われます。
壁面を切断して屋根を突き当てている感じで造られていました。
この様な場所は壁と屋根とが違う動きを生じやすく、しっかりと対策して施工しないと雨漏りしやすい場所になってしまいます
雨漏り部屋根板金
近くで確認すると、この部分はのし瓦の最下部です。
コケと雨染みがひどく、端部の仕舞いも雑な感じがしますねー

雨漏り部屋根板金
その下の部分です。
こちらも施工しにくかったのか、板金の仕舞いとコーキングが中途半端な状態です
雨漏り部屋根板金
矢印部分のコーキングが完全に切れているのが分かります。
8-1-1-columns3-overlay
先程まで見てきた屋根の上の壁面もチェックしていきます
以前に施されたと思われるひび割れの補修跡が有りました。
雨漏り部上部外壁
近くで見てみると補修してあるコーキングも切れてしまっていました
雨漏り部上部外壁
その他にも新たなクラック(ひび割れ)も何ヵ所か確認されました。
水分も吸い込み易そうな壁なので、下地の状況にもよりますが、壁面からの雨水浸入の可能性も考えられます。
大屋根棟周り瓦
この写真は2階の屋根の写真です。
実はこの屋根の下の天井にも雨染みがあり、点検してほしいとの事で確認に上がりました。
お客様の話によると、新築して間もない時から雨染みが出てきてたみたいです。
赤矢印の瓦の棟部へののみ込みが浅く、青矢印ののし瓦を外に出して足らず分を補っているような納め方になっています


大屋根棟周り瓦
本来は瓦の割り(切断した瓦)を棟部頂点までもう一枚入れてからのし瓦を積まないと雨仕舞が良くありません
丸印の巴瓦の部分は納まらないので、ここだけは瓦の割りを入れていますね
この部分に関してもお客様に報告し、棟周りの瓦の積み直しを提案したいと思います。
今回の様にパッと見は、めくれたり破損していない様に見える部分でも、雨漏りの原因が隠れている場合もたくさんあります。お困りの方はお気軽にご相談してくださいね→0120-04-9346

この工事の現場ブログ

屋根瓦端部板金仕舞い

2017/12/22/ 大阪狭山市の住宅にて雨漏り修繕の板金工事を行いました。

大阪狭山市の住宅にて雨漏り修繕の板金工事を行いました。前回、もう一つの雨漏り原因だった瓦の積み直しと修繕工事が完了し、今回は板金工事にて最終仕舞いを行いました

雨漏り部天井

2017/12/04/ 大阪狭山市にて1階天井より雨漏り発生!現地調査に行ってきました。

大阪狭山市にて1階天井より雨漏りが発生し困っているとの問い合わせを頂き、現地調査に行ってきました1階の天井部に結構な量の雨が漏れていると思われる跡が確認されましたまた、2階天井部にも長年少しずつ漏れてきていると思われる雨染みも確認されました...........

壁際のし瓦めくり

2017/12/18/ 大阪狭山市の住宅にて雨漏り修繕で瓦の積み直しを行いました。

今回は現地調査により発見した雨漏りの原因と思われる部分の棟・壁際ののし瓦の積み直し工事を行いました

同じ工事を行った施工事例

施工事例

和泉市にて雨漏れが発生!雨漏れ補修工事の施工事例

屋根接点-隙間
コーキング済み
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
防水工事
使用素材
コーキング・板金
築年数
約25年
建坪
保証
工事費用
約5万円
施工事例

松原市にて、強風の影響によりスレート波板屋根が飛散!修繕工事の施工事例

スレート屋根点検全景
スレート屋根明り取り施工完了
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ポリカーボネート波板
築年数
約45年
建坪
保証
工事費用
約10万円
施工事例

堺市美原区で2階建て住宅屋根の棟・隅棟瓦の積み直しを行いましたのでご紹介します!

屋根瓦雨漏り部棟
棟瓦積み直し完了
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
使用素材
釉薬瓦、漆喰
築年数
35年
建坪
約30坪
保証
工事費用
約20万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

雨漏り天井

堺市西区にて雨漏れが発生しているとの連絡を受け現地調査へ行って参りました2階の和室天井部分なのですが、黒ずんでいるところが雨漏れが発生している箇所になります。表面が膨れていてめくれかかっている所もあるほどでした

屋根その他棟板点検補修

堺市南区にて、雨漏れの修理依頼を頂きました。雨漏れが発生している箇所の補修工事は終了しているのですが、その他気になる箇所がございましたので部分的な簡易補修をさせていただきます

屋根棟板めくり状況

堺市南区にて雨漏れが発生しているとのことで修理依頼をいただきました。前回調査へお伺いさせていただいたのですが、雨漏れが発生している上部の棟板が怪しいという事で、棟板をめくってみました。貫板の下地は雨水により腐食していましたので取り換えること...........