堺市西区で雨漏りが発生し屋根の点検調査を実施しました。


玄関よりの外観
ケラバ瓦割れ・補修跡
妻側コーキング補修

危険な補修!

堺市西区より長年にわたり1階脱衣室の壁換気扇上の天井から雨漏りがして、ご自宅購入後大規模な改修はしていなく少し補修をした位で、全面的な点検調査を依頼されお伺い致しました。
屋根上からの調査で、安易な補修をされている部分が見られました。
妻側ケラバ瓦のひび割れや雨漏りの懸念される部位をコーキング処理されていました。
中央の写真では、ケラバ瓦のクラック(ひび割れ)コーキングとシート片を当ててシールがされてました。
右の写真ではその周辺の平瓦(地瓦)をコーキング止めしています。
流れ方向(上→下)は応急処置としてコーキングを施す場合も有りますが、あくまでも応急で現状はシール後10年以上経過していると思われ、瓦の下側は雨水の抜け道を塞いで葺き土・野地板・垂木・母屋に水の道を作って、階下への漏水に繋がる危険性が有ります。

漏水原因はここかも?

壁クラック
1階換気扇の真上 2階ベランダ外壁に大きなひび割れが有りました。
この壁は通し柱の位置で柱を伝って1階梁が雨水を受けると、
天井下地垂木から天井に漏水する事がよく有ります。
樋側の壁にも同様にクラックが有りました。
直接漏水ヵ所 雨漏り上部不具合
左写真下部のベランダ足元部分です。
赤矢印に大きなひび割れ、赤丸部分手摺際のシール処理に不具合が見られます。
雨漏りが常時ではないとのお客様への聞き取りを併せますと、この2ヵ所からの漏水が最も懸念されます。
切妻屋根で軒先が設けて有り、2階部分に雨漏りがない事を考えますと、断定は出来ませんがこの2ヵ所が大きな要因かと思われます。

その他の不具合点

ベランダ手摺現状
外壁クラック
外壁状態
調査結果は、ベランダ廻りの割れと大屋根瓦の不良箇所が根幹と考えます。
今回の点検・調査を踏まえて、大屋根の棟が少し波打ち面戸漆喰の劣化やハガレも見られましたので、改修は外壁のコーキングとクラック処理そして、大屋根の改修(全面もしくは妻側一部葺替え)を提案必須項目とします。
その他として、改修され建物の寿命を延ばす事になる部分を提案します。
ベランダ手摺(スチール)は厚材を使用されていて、塗装替えしてなくても腐食による穴あきや欠け落ちは無いのですが塗膜がメクレ錆が浮き出してますので、手摺柱からの漏水や防水面への劣化防止で、ケレン・錆止・上塗装をご提案します。
外壁面は中央写真の正面は塗装されていますが、クラックが顕著に表れていますし、側面はモルタル刷毛引きのみ未塗装で外壁表面は砂状になって、手で触るだけで砂がこぼれ落ちます
屋根改修には安全面と利便性を考慮して足場を組みますので、外壁塗装も併せて改修される方が費用面で効率的なので、
その他の不具合点を項目別にお見積りさせて頂き提案致します。


この工事の現場ブログ

玄関よりの外観

2018/05/11/ 堺市西区で雨漏りが発生し屋根の点検調査を実施しました。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

堺市堺区にて3階ベランダ屋根の張り替え工事の施工事例

ベランダ屋根 飛散
ポリカー張り替え完了
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ポリカーボネート平板
築年数
約15年
建坪
保証
工事費用
約17万円
施工事例

堺市西区にて飛散したベランダ屋根の張り替え工事の施工事例

d50a1ad58b0b796bd2c6994f6232c825
波板 張り替え完了
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ポリカーボネート波板
築年数
約40年
建坪
保証
工事費用
約8万円
施工事例

堺市西区にてカーポート屋根の張り替え工事の施工事例。

カーポートコラム②
カーポート屋根 完了
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ポリカーボネート板
築年数
建坪
保証
工事費用
約7万5千円

同じ地域の施工事例

施工事例

堺市西区にてベランダ屋根と通路門扉の改修工事をしました。

波板飛散状況
ポリカ-波板施工中
工事内容
屋根葺き替え
その他の工事
火災保険
使用素材
築年数
25年
建坪
保証
工事費用
約28万
施工事例

堺市西区にて飛散したベランダ屋根の張り替え工事の施工事例

d50a1ad58b0b796bd2c6994f6232c825
波板 張り替え完了
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ポリカーボネート波板
築年数
約40年
建坪
保証
工事費用
約8万円
施工事例

堺市西区で切妻屋根ケラバ瓦の差替え補修他を施工しました。

ケラバ瓦割れ・補修跡
袖瓦交換後
工事内容
雨漏り修理
その他の工事
使用素材
築年数
約45年
建坪
約25坪
保証
工事費用
約45万

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

既存木下地 撤去

堺市北区にて、飛散してしまった棟板金の取り付け工事を行いました既存の木下地は飛散せずに残っていたのですが、経年劣化により木が痩せてしまい固定力が弱まっていましたので、既存の木下地は撤去し、新しい木下地を取り付けます