堺市東区で中途購入された店舗付住宅の屋根点検にお伺いしました。


調査時の屋根裏現況

堺市東区にて3階建て店舗付住宅を中途購入されたお客様より、内部リフォーム作業中天井裏に漏水跡、バケツ等で雨受けしているヵ所も有るので、点検調査して改修案の提案が欲しい旨のご要望で現地調査に伺いました。
現地調査で桁梁に旧来の漏水跡が確認出来て、金物も錆が浮き最近の雨漏れで無い事が分かります。
お客様の依頼文通りに、天井裏に雨受けのバケツ等が有りました。
外壁正面上部がパラペットなので谷樋部分からの漏水だと分かりましたが、お客様への答申で先の持ち主の方が一度補修をされたと聞いていますとの事でした。


桁漏水跡状況
梁部の漏水跡です。
湿気も水分も認められず桁梁の耐力も十分でしたが如実な漏水跡でした。
野地板・梁漏水跡状況
同じく野地板と梁接合部の状況です。
赤丸部分は明らかに谷樋と屋根瓦の接合部付近からの漏水跡です。隣家側に野地板の漏れ跡が顕著です。
天井裏雨受けバケツ
天井裏の仮受けバケツです。
合計6ヵ所外壁側に設置して有りましたが、どの容器も乾ききってホコリのみが有りました。

屋根の不具合点

隣家取合い状況
のし瓦面戸漆喰状態
谷樋笠木現況
笠木継手状態
屋根裏での現在は漏水していない状況ですので、屋根に上がって危険ヵ所や不具合点及び谷樋付近の点検調査しました。
左上の写真は連棟の隣家に向けて撮影しました。
錆が発生している箇所が階下への漏水部分で、隣家際が水上で谷樋がオーバーブローしやすい状態です。
右上ののし瓦面戸漆喰も経年劣化が現れ、棟の歪みも見受けられます。
下の左右写真は笠木部分の現状で、赤矢印の継手部のコーキングも劣化していますし、黒矢印1ヵ所で10㍍×4㍍の屋根面積を集約排水していますので、能力的・谷樋の劣化的にも改修が必要と思います。
以上の調査結果を併せて、お客様と協議のうえ部分補修(谷樋と笠木廻り)と、材料違いの屋根葺き替えに樋改修2パターンの計3案の見積りを提案させて頂く事に成りました。

この工事の現場ブログ

桁漏水跡状況

2018/07/04/ 堺市東区で中途購入された店舗付住宅の屋根点検にお伺いしました。

調査時の屋根裏現況

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市で落下の危険性がある平屋屋根の部分葺替えをしました。

現状正面
正面完了
工事内容
破風板・軒天部分補修
屋根葺き替え
使用素材
GL鋼板
築年数
不詳
建坪
保証
工事費用
約15万円
施工事例

和泉市にて飛散した3階ベランダ屋根波板を張替えました。

波板張替え 全景
完了全景
工事内容
屋根葺き替え
その他の工事
使用素材
ポリカー波板
築年数
約25年
建坪
保証
工事費用
14万円(内部雑工事共)
施工事例

雨漏れによる瓦屋根から金属製屋根材に変更及び外壁塗装の施工

瓦屋根 下屋 雨漏れ
大屋根 金属製屋根
工事内容
屋根葺き替え
雨樋交換
外壁塗装
使用素材
ニチハ 横暖ルーフ きわみ
築年数
30
建坪
30坪
保証
10年間
工事費用
350万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

漆喰 現調

堺市南区のお宅で漆喰の剥がれと、瓦のズレ破損の調査に伺いましたお宅にお邪魔してお話を聞くと『台風の被害を受けるとは思っていなかった!屋根なんて登って見たりなんてしないし、気づいた時にはこんな状態で・・・』とのことでした屋根瓦は高所にあるので...........

ポリカー飛散

堺市西区の街並みのきれいな住宅街で、台風被害に遭われた1件のお宅に現地調査にお伺いしました改めてお客様より現場の状況をお聞きし、ポリカーが飛散した1階テラスへお邪魔しました