天王寺区にて3階建てビル出入口に後付庇を設置しました。


before1
現況・照明点検
天王寺区の社屋ビルからの依頼で、今までは建物入口に屋根・庇が無く傘を開閉する時に濡れてしまっていました。 
メーカー・お客様と相談のうえ後付庇屋根を設置する事にしました。
写真は現状と外灯の事前点検作業です。
horizontal
after1
完了
後付庇屋根が完了しました。
敷地境界の制約もあって、最大限の庇屋根寸法で加工して取付ました。
傘の開閉時に雨水で濡れなくなりました。
庇下地部材取付状況
外壁ALCで壁躯体自体が耐力的に劣るので、メーカーと協議し強度計算を示して貰い、貫通ボルトと裏下地アングルで強度補強を図りました。
下地枠を赤矢印位置に上下2本の4ヵ所、計8本で締め付けました。。
外壁打ち側補強下地
耐風・耐力を考慮して、計算書通りのM10のボルト8本で支持固定しました。
保持プレートとして、65×65×6㎜のLアングルを2本使用しました。
ナット頭コーキング充填
ナットは丸座金とスプリングワッシャーをセットのうえズレ防止で、ナット部廻りにコーキングを施しました。
内部小壁下地組
内部の庇下地が取り付いたので、内壁下地を作成しました。
本来はLGSやGLボンドでの下地なのですが、誘導灯取付や庇下地への緩衝を、考えお客様の了承を得て木下地としました。
内壁クロス仕上がり
下地板の不燃石膏ボード(PB12.5㎜)を張り、クロスと貼付廻縁で仕上げました。
器具付復旧で内部完了です。
内部完了
防犯感知器・天井ダウンライトと誘導灯を取付て、点灯確認して内部工事は完了です。
照明の加減で壁が石膏ボード下地のように写りますが、白地のクロスです。

コーナーコーキング
取合いコーキング
奥コーナーコーキング
下地材とボルトとの固定及びレベルを確認の後、庇屋根パネルを取付ボルトで固定しました。
壁取合いとエンドコーナーに樹脂製のキャップを取付、漏水危険ヵ所をコーキングで防水対策をしました。
赤矢印と赤四角の部分で、後々の塗装替えも考慮して変成シリコンを用いました。
これで、雨天時の傘開閉でも雨に濡れなくなります。
この工事のお問い合わせは 0120-04-9346まで

同じ工事を行った施工事例

施工事例

堺市西区にてベランダ屋根と通路門扉の改修工事をしました。

波板飛散状況
ポリカ-波板施工中
工事内容
屋根葺き替え
その他の工事
火災保険
使用素材
築年数
25年
建坪
保証
工事費用
約28万
施工事例

大阪市港区で屋上・ベランダの防水改修工事を施工しました。

3497700d8a75dfa1a11789a4b222febf
屋上防水完了
工事内容
防水工事
その他の工事
足場
使用素材
築年数
約30年
建坪
保証
10年
工事費用
約170万
施工事例

西淀川区で劣化が懸念される屋根外壁塗装改修をしました。

施工前現況
足場解体完了
工事内容
外壁塗装
屋根塗装
その他の工事
使用素材
築年数
約20年
建坪
保証
工事費用
約300万

同じ地域の施工事例

施工事例

天王寺区にて社屋ビル出入口に雨避け後付庇屋根を設置しました。

現況・照明点検
完了
工事内容
その他の工事
使用素材
後付アルミ庇
築年数
建坪
保証
工事費用
22万

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

下屋根漆喰完了

昨年の風水害は度重なって各地に被害をもたらしました堺市西区のお客様はその典型でした。劣化と春の長雨で漆喰の欠落が見られ、1回目の補修工事を受注し夏前に完成しました。(写真左)秋に続けて来襲した台風で、補修してから2~3か月後に冠とのし瓦が飛...........

棟瓦 飛散

お客様のご依頼をいただき、現地へ調査に伺いしました飛散した瓦の瓦礫が落ちていたりしお客様もかなり不安になられていましたので、早々に屋根へ上がらせて頂きました