オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
街の屋根やさん
街の>屋根やさん
街の屋根やさん

大阪狭山市 瓦一部葺き直しや増築部屋根葺き替え等台風被害の改修

工事のきっかけ

大阪狭山市のK様より、『2018年の大型台風で住宅が被害を受けて応急処置してもらったが、そのままになっているので工事をしてほしい。』とご相談がありました。
2018年の台風被災当時は平瓦や鬼瓦が飛散したり、裏のテラスが外れてしまうなどの大きな被害を受けており、当店で応急処置を行っていました。その後特に本工事を行わないまま今に至り、現在では応急処置のブルーシートや防水テープなどもほとんどなくなっていました。

当時の台風被害の他、雨樋の外れや増築部の雨漏り、玄関扉の建付けが悪くなるなどの問題も発生していた為、全体的に改修工事を行いました。

台風被害を受けていた瓦屋根は足場設置の上、一部葺き直し工事と棟取り直し工事を行い、外れていた雨樋も新しく交換しました。
屋根が劣化して雨漏りしていた増築部も、水はけが良いガルバリウム鋼板の立平葺きで葺き替えました。
テラスが飛散して不要になった扉は撤去し、ラスカットの上からモルタルを左官塗りし、壁と一体化させました。
また、建付けが悪くなった玄関扉もカバー工事で新しく交換し、全ての工事が完了しました。

工事後はK様より『綺麗になってよかったです!丁寧にお仕事していただきありがとうございました。』とお喜びの声もいただきました♪
大型台風の後は工事業者もかなり立て込んでいた為、すぐに本工事が依頼できなかった方も多いのではないでしょうか?
台風通過後はやはり工事の依頼も殺到する為、来てほしい時に来てもらえない事も多くなります。平常時にこそ建物の点検・メンテナンスを行い、台風が来ても安心できるように備えておきましょう。

大阪狭山市 屋根葺き直し,屋根葺き替え,雨樋交換,雨漏り修理,その他の工事,足場,台風,雨樋工事,屋根材(瓦)

ビフォーアフター

before
瓦一部葺き直し工事前 台風被害 瓦が外れている
horizontal
after
瓦一部葺き直し工事後

工事基本情報

施工内容
屋根葺き直し,屋根葺き替え,雨樋交換,雨漏り修理,その他の工事,足場,台風,雨樋工事,屋根材(瓦)
施工期間
約8日
使用材料
【雨樋交換】軒樋、集水器、竪樋
【瓦一部葺き直し】釉薬瓦、なんばん漆喰、ステンレスビス、シリコンコーキング
【増築部葺き替え】補強金具、木下地、構造用合板、ゴムアスファルトルーフィング、ガルバリウム鋼板製屋根
【不要扉撤去】木下地、透湿シート、ラスカット、モルタル
【玄関扉交換】玄関扉
施工内容その他
玄関扉交換(カバー工事)
築年数
約40年
工事費用
99万円

この工事と同じ工事を行った現場ブログ

  • 街の屋根やさん10のお約束
  • 不安ゼロ宣言
  • リフォーム瑕疵担保保険JIO
  • 充実の長期保証
  • マイスター制度
ここまでやります無料点検
お住まいの地域の屋根工事会社が見つかる街の屋根やさんポータルサイトはこちら
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら堺店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!
0120-04-9346