天王寺区にて社屋ビル出入口に雨避け後付庇屋根を設置しました。

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/7更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

工事のきっかけ

社員出入口ドアに屋根が無い為、雨天時に傘の開閉だけで雨に濡れて不便との事で依頼が有り、敷地境界の兼ね合いで後付庇屋根を設置する事になりました。

大阪市天王寺区 その他の工事 後付庇屋根取付

ビフォーアフター

before
現況・照明点検
horizontal
after
完了

工事基本情報

施工内容
その他の工事
施工期間
1日
使用材料
後付アルミ庇
施工内容その他
後付庇屋根取付
築年数
保証年数
工事費用
22万
建坪
庇下地部材取付状況
内部側下地状況
外壁打ち側補強下地
天王寺区の社屋ビルより、通路出入口の雨天時で出入りの不便を解消して欲しいとの要望で検討のうえ庇屋根設置を提案しました。
敷地境界の制約が存在し、全面的な屋根が設置出来ないので可能な寸法での後付庇屋根としました。
後付庇を設置するにあたり、庇メーカーに答申しALC外壁(厚み 100)での、耐風・支持強度等を計算して許容出来る下地取付方法を提案指示して貰いました。
庇下地枠をM10ボルト8本でALC外壁を貫通し、内側下地L型アングル 65×65×6の2本で外壁を挟み込み、内側下地と座金・スプリングワッシャー・ナットで締め込み、ナット緩み防止のシリコンを塗布しました。
この作業で庇屋根下地の完成です。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

西淀川区で劣化が懸念される屋根外壁塗装改修をしました。

施工前現況
足場解体完了
工事内容
外壁塗装
屋根塗装
その他の工事
使用素材
築年数
約20年
建坪
保証
工事費用
約300万
施工事例

堺市西区で切妻屋根ケラバ瓦の差替え補修他を施工しました。

ケラバ瓦割れ・補修跡
袖瓦交換後
工事内容
雨漏り修理
その他の工事
使用素材
築年数
約45年
建坪
約25坪
保証
工事費用
約45万
施工事例

和泉市にて飛散した3階ベランダ屋根波板を張替えました。

波板張替え 全景
完了全景
工事内容
屋根葺き替え
その他の工事
使用素材
ポリカー波板
築年数
約25年
建坪
保証
工事費用
14万円(内部雑工事共)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

足場組立作業

大阪市西淀川区にて築25年で経年劣化が懸念される外壁と屋根の全面塗装改修を依頼され、その他にも不具合点の有る設備関連改修も含めてお客様のご要望に沿った改修工事の施工を行いました。まず、外壁・屋根の塗装改修に必要な仮設足場を組み立てました。高...........

秋掃除コラム②

交野市にて先般の大阪北部地震の影響で外壁のひび割れがひどくなったのと、瓦もズレているようなので点検調査して欲しいとのご要望が有り、梅雨末期の西日本豪雨の時期でしたがお客様のご都合で雨天の中での調査・点検にお伺いしました。気にしておられた通り...........