堺市南区|台風養生瓦葺き替えで不安解消


瓦撤去作業
台風シーズンに先駆け雨漏れ・飛散防止の抑制で現況の日本瓦撤去を養生足場組立後の本日より着手しました。暑さと土埃で大変ですが、お客様の安心の為にも頑張ります。
瓦撤去時の現場確認では、見積り調査よりのし瓦・平瓦ともズレ・欠けが多く見受けられ漆喰(シックイ)も剥がれが多く葺き替え時期としては、最良だった感じがしました。
下地木取付作業
屋根瓦と土を撤去して下地板取付け用垂木(タルキ)を打ち付けています。
取付前の既存野地板(ノジイタ・瓦下の板)の強度等も当然で、調査点検しています。不具合な旧野地板は母屋(モヤ・屋根梁)・垂木とも確認のうえ張替え補強します。
下地板貼り付状況
下地垂木取付後、新設の野地板を貼り付ました。
構造合板で完璧な下地ができました。釘の打忘れなどをチェックしてノコクズゃ合板の切れ端をこれから清掃して次の準備をします。同時に小屋裏(2階天井裏)も点検及び清掃しています。
清掃準備
瓦下の防水シート(アスファルトルーフィング)を清掃確認後敷き詰め、本日の作業は終了です。防水シートを適正に貼る事によって、雨漏れの心配はありません。
お客様の不安軽減の為、桟葺き工法(サンブキコウホウ)で屋根土を乗せずに桟木(サンギ)で瓦を留め屋根重量の軽量化を図り、日本瓦本来の姿を残し台風等の雨漏り・瓦飛散に備えます。
防水シート完了
防水下地シート(アスファルトルーフィング)の敷き込み貼り完成
屋根職人さん本日の予定完了! 明日からの瓦葺き作業に備え安心して、今晩はゆっくり眠れそうです。
瓦が葺ければ、屋根がよみがえり、お客様の安心感もまして頂けると信じています。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

雨漏れによる瓦屋根から金属製屋根材に変更及び外壁塗装の施工

瓦屋根 下屋 雨漏れ
大屋根 金属製屋根
工事内容
屋根葺き替え
雨樋交換
外壁塗装
使用素材
ニチハ 横暖ルーフ きわみ
築年数
30
建坪
30坪
保証
10年間
工事費用
350万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

瓦棒葺き調査

堺市中区の2階建て住宅の屋根から雨漏りが発生したとの連絡が有り調査に伺いました屋根は瓦棒葺きの鋼板屋根でしたパッと見た目は綺麗に塗装されて不良ヵ所が無い様に見えますよね

屋根鉄骨下地状況

大阪市中央区の商業ビルにて道路斜線制限にて傾斜になっている屋根部分の改修工事を行いました既存の解体工事が完了し、鉄骨下地を行った後に耐火野地板を張り、ガルバリウム鋼板にて一文字葺きを行っていきます雨が降りそうな中、シート養生をして作業を行い...........

堺市 波板一部破損

堺市中区にお住いのお客様より、台風の強風に煽られ波板の一部が飛んでしまい劣化が進んでいる為、現地調査をしご提案を致しました見積書内容ご了承の上、波板張替工事を行いました。