堺市南区|台風養生瓦葺き替えで不安解消

大阪北部地震に続き西日本豪雨と自然災害が頻発しております。梅雨が明けたとはいえ台風の季節も訪れ、今後も自然災害への注意が必要です。災害により被災された方、現在お住まいに対してご不安を抱え自然災害への備えをしたい方。屋根・外壁についての点検はもちろん応急処置や補修とできる限り対応させていただいておりますので、「もしかして」と不安な方はご遠慮なくご連絡ください。

瓦撤去作業
台風シーズンに先駆け雨漏れ・飛散防止の抑制で現況の日本瓦撤去を養生足場組立後の本日より着手しました。暑さと土埃で大変ですが、お客様の安心の為にも頑張ります。
瓦撤去時の現場確認では、見積り調査よりのし瓦・平瓦ともズレ・欠けが多く見受けられ漆喰(シックイ)も剥がれが多く葺き替え時期としては、最良だった感じがしました。
下地木取付作業
屋根瓦と土を撤去して下地板取付け用垂木(タルキ)を打ち付けています。
取付前の既存野地板(ノジイタ・瓦下の板)の強度等も当然で、調査点検しています。不具合な旧野地板は母屋(モヤ・屋根梁)・垂木とも確認のうえ張替え補強します。
下地板貼り付状況
下地垂木取付後、新設の野地板を貼り付ました。
構造合板で完璧な下地ができました。釘の打忘れなどをチェックしてノコクズゃ合板の切れ端をこれから清掃して次の準備をします。同時に小屋裏(2階天井裏)も点検及び清掃しています。
清掃準備
瓦下の防水シート(アスファルトルーフィング)を清掃確認後敷き詰め、本日の作業は終了です。防水シートを適正に貼る事によって、雨漏れの心配はありません。
お客様の不安軽減の為、桟葺き工法(サンブキコウホウ)で屋根土を乗せずに桟木(サンギ)で瓦を留め屋根重量の軽量化を図り、日本瓦本来の姿を残し台風等の雨漏り・瓦飛散に備えます。
防水シート完了
防水下地シート(アスファルトルーフィング)の敷き込み貼り完成
屋根職人さん本日の予定完了! 明日からの瓦葺き作業に備え安心して、今晩はゆっくり眠れそうです。
瓦が葺ければ、屋根がよみがえり、お客様の安心感もまして頂けると信じています。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市で落下の危険性がある平屋屋根の部分葺替えをしました。

現状正面
正面完了
工事内容
破風板・軒天部分補修
屋根葺き替え
使用素材
GL鋼板
築年数
不詳
建坪
保証
工事費用
約15万円
施工事例

和泉市にて飛散した3階ベランダ屋根波板を張替えました。

波板張替え 全景
完了全景
工事内容
屋根葺き替え
その他の工事
使用素材
ポリカー波板
築年数
約25年
建坪
保証
工事費用
14万円(内部雑工事共)
施工事例

雨漏れによる瓦屋根から金属製屋根材に変更及び外壁塗装の施工

瓦屋根 下屋 雨漏れ
大屋根 金属製屋根
工事内容
屋根葺き替え
雨樋交換
外壁塗装
使用素材
ニチハ 横暖ルーフ きわみ
築年数
30
建坪
30坪
保証
10年間
工事費用
350万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根工事依頼

大阪府岸和田市にて屋根が古くなってきたので、工事の見積もりをして欲しいと依頼を受け、現地調査に行って来ました現地に行くと、立派な木造平屋建ての建物でしたほとんどがが瓦ですが、縁側にあたる部分に屋根が金属製屋根になっており、そこの部分が錆びな...........

現状正面

岸和田市より築不詳で劣化が激しく何度か簡易な補修を重ねて来ましたが、落下等による歩行者への危険性も増大して来たので瓦を一部撤去して鋼板等で葺き替え補強を依頼され、梅雨の晴れ間を選んで施工させて頂きました。下の写真は現況で瓦自体もズレて破風も...........