堺市中区にて瓦棒葺きとカラーベスト葺き屋根の雨漏り調査に伺いました。

【台風21号、台風24号で被災された方へ12/8更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順次対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

瓦棒葺き調査
堺市中区の2階建て住宅の屋根から雨漏りが発生したとの連絡が有り調査に伺いました
屋根は瓦棒葺きの鋼板屋根でした
パッと見た目は綺麗に塗装されて不良ヵ所が無い様に見えますよね
瓦棒葺き調査
が、しかし
明らかに勾配が緩すぎます
本来なら瓦棒葺きは最低でも1mの距離で10cm下がるだけの勾配が必要なんですが、この屋根はその1/5の2cmも無い程の勾配しか有りませんでした
瓦棒葺き内樋
こんな勾配が少なかったら、雨水が流れきれず屋根の途中でとどまってしまい、時には水を吸い上げて逆流をしてしまいます
囲い部分の方に内樋が設置してあり、そちら側に雨が流れて行きます。
瓦棒葺き内樋
内樋の排水口部分です
ここには雨水は溜まっていませんでした。
基本的にこの内樋を造る構造はあまり好ましくありません
詰まったり不具合が起こると真下が室内の為、もろに雨漏りの影響を受けてしまうからです
瓦棒葺き内樋
排水口より右側の水上部分です
丸印部分に1cm以上の水溜りが出来ていました
排水口周りに水溜りが無かったのに、この部分に水が溜まっているという事は途中が山形に盛り上がっており、勾配が全然取れてないという事です
幕板ジョイント
屋根外周部の幕板部分です。
継ぎ目の部分が完全に開いており、天端からも雨水が浸入してしまう状況でした
この部分も雨漏りが有るようでしたので一時しのぎではありますが、応急処置でコーキングを施しました
瓦棒葺き塗装不良
囲い部分は塗料の塗り過ぎによる塗料垂れがそのまま固まっている状況でした
塗料もたっぷり塗れば良い訳ではありません。適量を適切な塗り重ねにて施工する事で長持ちするんですよ
瓦棒葺き施工不良
この部分は横の勾配屋根との接点部分です
屋根ケラバの最下部が瓦棒の桟の上に乗せ掛けてあり水の流れをせき止める様になっています
さすがにこれは不良工事ですよね
乗せ掛けている屋根の方も水分を吸って腐ってしまっていました
カラーベスト劣化状況
雨漏りはしていませんでしたが、横の屋根も点検させて頂きました
カラーベストの屋根で一度塗装はされているみたいでしたが、全体的に経年劣化が進んでいる様に見えます
棟板不良ヵ所
棟板固定の釘も抜けてきており、塗料も半分捲れてかすれている状況でした
カラーベスト水抜き不良
カラーベスト屋根の上下の重ね部分です
水が抜ける為の隙間が塗料で完全に埋まってしまっていました
これではジョイント等から入った水も外に抜けずに屋根の内部に浸入してしまう原因になってしまいます
今回は、瓦棒葺きの屋根勾配の改修工事と、カラーベスト屋根をカバー工法にて改修する工事の提案をしたいと思っています
今回の様に、屋根はパッと見た目には綺麗に見えても、構造や状況に合った勾配や納まりをしていないとちゃんとした機能を果たしてくれません
どこも悪くない様に見えるけど、何で雨漏りするんだろー?と、お悩みの方がおられましたら一度お気軽にご相談ください
お問い合わせは→0120-04-9346

この工事の現場ブログ

瓦棒葺き調査

2018/03/23/ 堺市中区にて瓦棒葺きとカラーベスト葺き屋根の雨漏り調査に伺いました。

堺市中区の2階建て住宅の屋根から雨漏りが発生したとの連絡が有り調査に伺いました屋根は瓦棒葺きの鋼板屋根でしたパッと見た目は綺麗に塗装されて不良ヵ所が無い様に見えますよね

同じ工事を行った施工事例

施工事例

堺市西区にてカーポート屋根の張り替え工事の施工事例。

カーポートコラム②
カーポート屋根 完了
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ポリカーボネート板
築年数
建坪
保証
工事費用
約7万5千円
施工事例

松原市にてベランダ屋根が破損!波板張り替え工事の施工事例

落下部分 ベランダよりの詳細
張替え完了
工事内容
屋根補修工事
使用素材
築年数
約30年
建坪
保証
工事費用
約8万円
施工事例

和泉市にて雨漏れが発生!雨漏れ補修工事の施工事例

屋根接点-隙間
コーキング済み
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
防水工事
使用素材
コーキング・板金
築年数
約25年
建坪
保証
工事費用
約5万円

同じ地域の施工事例

施工事例

堺市中区にて、破風板の補修工事

破風板 割れ
破風板 タッチアップ
工事内容
破風板・軒天部分補修
使用素材
築年数
20年
建坪
保証
工事費用
約4万5千円
施工事例

堺市中区にて屋根板金張替えと動物(ネコ)の侵入対策 施工事例

屋根取り合い部分
屋根取り合い 板金張付け 完了
工事内容
屋根補修工事
使用素材
屋根板金
築年数
50年
建坪
約50坪
保証
工事費用
10万円
施工事例

堺市中区|屋根貼替え塗装の工事

波板 現況
波板 完了全景
工事内容
屋根補修工事
屋根塗装
使用素材
ポリカーボネイト波板・カラー鉄板・ウレタン樹脂塗料他
築年数
約45年
建坪
保証
工事費用
約85万

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

現地調査 鬼瓦

泉大津市にて、暴風雨の影響により瓦が落ちてしまいそうになり、以前現地調査へお伺いさせて頂いた際応急で鬼瓦の撤去をさせて頂きました今回はその鬼瓦の再設置と現地調査時に確認した瓦のズレている箇所の補修工事を行いました

現地調査 鬼瓦

泉大津市にて、台風の影響により瓦がズレて落ちてしまいそうな箇所があるとの報告を受け、現地調査へ行って参りましたこちらは鬼瓦(屋根の旨の端に置く大きな瓦)の写真になるのですが、今にも落ちてしまいそうな状態でした

漆喰ズレ 現地調査

羽曳野市にて瓦がズレているとの連絡を受け現地調査へ行って参りました早速屋根に上り調査を進めていきますと瓦のズレではないのですが漆喰のズレを確認しました。劣化していて今にも取れてしまいそうな状態でしたこのままにしておきますと雨漏れの原因になり...........