オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

大阪狭山市の住宅にて雨漏り修繕で瓦の積み直しを行いました。


今回は現地調査により発見した雨漏りの原因と思われる部分の棟・壁際ののし瓦の積み直し工事を行いました
壁際のし瓦めくり
これは下屋部分壁際の、のし瓦積み直し工事の瓦撤去の状況です。赤囲い部分の土が湿っているのが分かります。矢印部分には雑草も生えていました
元々の状況がかなり水はけが悪かったと思われます
壁際のし瓦めくり
のし瓦下の地瓦と土を撤去すると、調査時に予測していた通り、丸印部分に捨て谷板が入っていませんでした
屋根のルーフィングが少し立ち上げているだけの状況で、そのルーフィングも劣化で所々破れていました
壁際のし瓦めくり下地状況
壁際のし瓦の一番水下部分の写真です。
見ての通り、丸印部分にはルーフィングも張られておらず、下地の木板がそのまま見えています
木板はかなり湿っている状況でした
早速対策工事を行いたいと思います
壁際捨て谷板
赤矢印部分に見える黒い紙の様なルーフングと呼ばれるシートを増し張りし、その上に捨て谷板と呼ばれるカラーステンレスの板を設置しました。
壁際瓦復旧
このルーフィングと捨て谷板は、瓦の下に雨水が漏れた場合にこの2つの材料で2重に雨漏りを防いでくれる役割が有り、もちろんその雨水は軒先に抜ける様に設置します
壁際瓦復旧
壁際の地瓦の復旧が完了です。
次はのし瓦の復旧に掛かっていきます。

壁際のし瓦復旧
のし瓦の復旧には写真の黒い土の様な南蛮漆喰と呼ばれる材料で葺いていきます。
この南蛮漆喰は防水材を配合しており通常の漆喰より吸水率が低く、強度も有り耐久性も抜群の材料なんです。
葺き土として使用でき、別での漆喰塗りも不要になります
壁際のし瓦復旧
水下側からのし瓦の復旧をしている様子です。
壁際のし瓦復旧完了
壁際のし瓦の復旧が完了しました
矢印部分に調査時には詰めてあった漆喰は今回は塗っておりません。のし瓦を南蛮漆喰で積み奥の方で南蛮漆喰を押えてあります。
実はこの部分に漆喰を塗ってしまうと逆に雨漏りを招いてしまう原因になってしまうんですよ

壁際捨て谷板端部仕舞い
先程設置した捨て谷板の水下端部の納まり状況です。
捨て谷板まで漏れてしまった雨水も軒樋にちゃんと入る様に施工しています
大屋根棟瓦めくり
次は大屋根の棟部分の瓦の積み直しを行いました。
最上部の地瓦の棟へののみ込みが浅く、のし瓦を広げて積み、それでカバーしていたのが棟部分からの雨漏りの原因と考えられ、今回地瓦を積み足していきます
これは既存の棟部分の瓦をめくっている状況です。
棟瓦部地瓦積み足し
屋根の頂上部(棟)に切断した地瓦を足して積んでいきます。この様に棟部分の地瓦は出来るだけ上部まで葺かないと雨漏りの原因にもなってしまいます
大屋根棟瓦復旧
のし瓦を復旧している状況です。
棟部分の頂上接点部分に見えている針金のような線はステンレスの線で、棟の瓦がずれない様に固定する為の線です。
最終的に冠瓦に通し固定します

大屋根棟瓦復旧完了
冠瓦まで復旧し積み直し工事の完了です。
矢印部分に今回足した地瓦がしっかりと見えます

大屋根棟瓦復旧完了
赤線部分に工事前にあったのし瓦の下に詰めていた漆喰の跡が見えますよね~
こんなところまでのし瓦を出してごまかしていたんですよ

今回の様に、全体的に見て綺麗に積まれている様に見える瓦屋根でも雨漏りが発生していて原因が分からないなど悩まれている方もたくさんいらっしゃると思います。
雨漏りの原因は表面上で分からない事がたくさんあります
お気軽にご相談してください→0120-04-9346

この工事の現場ブログ

屋根瓦端部板金仕舞い

2017/12/22/ 大阪狭山市の住宅にて雨漏り修繕の板金工事を行いました。

大阪狭山市の住宅にて雨漏り修繕の板金工事を行いました。前回、もう一つの雨漏り原因だった瓦の積み直しと修繕工事が完了し、今回は板金工事にて最終仕舞いを行いました

雨漏り部天井

2017/12/04/ 大阪狭山市にて1階天井より雨漏り発生!現地調査に行ってきました。

大阪狭山市にて1階天井より雨漏りが発生し困っているとの問い合わせを頂き、現地調査に行ってきました1階の天井部に結構な量の雨が漏れていると思われる跡が確認されましたまた、2階天井部にも長年少しずつ漏れてきていると思われる雨染みも確認されました...........

外壁現状と雨染み位置

2020/03/16/ 大阪狭山市にて外壁部から漏水発生で散水調査に伺いました。

大阪狭山市の3年前に通路屋根補修をさせて頂いたリピーターのお客様より、3年間で2度程天井に雨染みが見られたのでと、点検依頼を受けました。廊下部通路屋根前回改修部分の不具合等の確認と、既存のままの外壁部を含め散水調査を実施しました。左写真は、...........

同じ工事を行った施工事例

施工事例

守口市で台風と経年劣化で飛散したベランダ屋根の張り替え工事

守口市 波板施工事例 before
波板施工事例 after
工事内容
屋根補修工事
火災保険
台風
使用素材
ポリカーボネート波板、  2×4材(SPF)
築年数
約35年
建坪
保証
工事費用
約15万円
施工事例

泉南市で台風被害に遭った3階建て建物の各所補修工事を行った様子

施工事例 before
施工事例 after
工事内容
屋根補修工事
雨樋交換
天窓工事
足場
火災保険
台風
3階建て
使用素材
コロニアル、水切り金物(トップライト)、雨樋、窯業系サイディングボード
築年数
25年
建坪
保証
工事費用
約60万円
施工事例

堺市中区で台風被害のカーポート屋根全面張替えと枠組み補修工事

カーポート飛散 工事前
カーポート飛散 工事後
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ポリカーボネート製波板・フック
築年数
約45年
建坪
保証
工事費用
約15万円

同じ地域の施工事例

施工事例

大阪府大阪狭山市にて老朽化によるアスファルトシングル葺き補修

屋根シングル葺きめくれ状況
屋根アスファルトシングル葺き補修完
工事内容
屋根補修工事
使用素材
アスファルトシングル
築年数
24年
建坪
保証
工事費用
約40万

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

建物全景

堺市堺区にお住いのお客様より、”雨樋が外れている”とお問合せがあり、現地調査へお伺いしましたお客様より築年数が経過しているので、建物全体も見てほしいとご依頼がありました。屋根や外壁は波型スレートと呼ばれる、セメントと繊維を成形して作られた波...........

棟板金飛散

堺市南区にて、以前の台風で屋根や外壁に被害を受けたお客様宅の現地調査を行いました今回、点検調査を行った箇所は・・・ ①棟板金 ②軒天 ③外壁 ④下屋の瓦棒 の4箇所になります

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん堺店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-04-9346