堺市西区にて雨漏れが発生!瓦の取り替え工事を行いました。

【台風21号、台風24号で被災された方へ12/8更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順次対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

堺市西区にて、2階の和室の天井から雨漏れが発生しているとの連絡をいただき、補修工事をさせていただくことになりました
現地調査を行いました結果、瓦の取り替え、瓦の積み直し、その他不良個所への部分補修工事をさせていただくことになりました
瓦屋根既存状況
こちらの棟のところが今回1番雨漏れがひどかった箇所の真上にあたります。
瓦屋根既存状況
のし瓦のずれや漆喰の塗りすぎが雨漏れの原因になっているかもしれないですので、めくって確認します
瓦屋根既存状況
今回はこちらの赤線を引いている棟の瓦の積み直しを行います
屋根瓦撤去状況
まずは屋根の1番上の棟をめくっていきます。
こちらは今のところ雨漏れがなかった箇所なのですが、お客様のご要望により今後の雨漏れの防止のために瓦の積み直しを行うことになりました
屋根瓦撤去状況
隅棟もめくっていきます。
全体的に葺き土が痩せて下がっている状態でした
屋根瓦撤去不備状況
こちらは丸印部分の瓦が欠けていてのし瓦に少ししかかかっていない状態です。
これは雨漏れの原因になってしまいますね
屋根瓦不備修繕状況
新しい地瓦に差し替えましたので、これでこの箇所からの雨漏れは大丈夫です
屋根瓦不備修繕状況
隅棟部分の写真になります。丸印部分の斜めに小さく切った瓦がはいっていませんでした。
のし瓦と漆喰で隠れていて瓦をめくるまでこのような状態になっているのに気付かれないと思います
この部分の真下も雨漏れが発生していた部分なのです。
新しい瓦を切って入れておきましたので、この箇所からの雨漏れもこれで大丈夫です
屋根瓦不備修繕状況
こちらの瓦も割れていて寸足らずでした。
新しい地瓦に取り換え最上部まで伸ばしておきました。
この小さな棟の周りが1番雨漏れのひどい箇所でしたので徹底的に雨漏れの原因が考えられる箇所を修繕していきました
屋根瓦不備状況
屋根瓦不備状況
こちらの写真は以前瓦が割れている箇所に応急処置としてコーキングで補修されていた箇所になります。
屋根瓦不備修繕状況
屋根瓦不備修繕状況
瓦へのコーキング処置はあくまでも応急処置にしかなりません。
コーキングが劣化してきますと雨水が侵入してきて雨漏れが発生する原因になりかねませんので、新しい地瓦に取替えておきました
今回の工事では劣化していたり、破損している瓦を新しい河原に取り替えました。
次回は瓦の積み直しや漆喰の塗り直し工事の様子を紹介します

同じ工事を行った施工事例

施工事例

堺市西区にてカーポート屋根の張り替え工事の施工事例。

カーポートコラム②
カーポート屋根 完了
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ポリカーボネート板
築年数
建坪
保証
工事費用
約7万5千円
施工事例

松原市にてベランダ屋根が破損!波板張り替え工事の施工事例

落下部分 ベランダよりの詳細
張替え完了
工事内容
屋根補修工事
使用素材
築年数
約30年
建坪
保証
工事費用
約8万円
施工事例

和泉市にて雨漏れが発生!雨漏れ補修工事の施工事例

屋根接点-隙間
コーキング済み
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
防水工事
使用素材
コーキング・板金
築年数
約25年
建坪
保証
工事費用
約5万円

同じ地域の施工事例

施工事例

堺市西区で切妻屋根ケラバ瓦の差替え補修他を施工しました。

ケラバ瓦割れ・補修跡
袖瓦交換後
工事内容
雨漏り修理
その他の工事
使用素材
築年数
約45年
建坪
約25坪
保証
工事費用
約45万
施工事例

堺市西区にてアクリル波板破損 ポリカーボネート波板に張り替え 施工事例

アクリル波板 破損
波板 張り替え
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ポリカーボネート波板
築年数
約35年
建坪
保証
工事費用
約8万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

現地調査 鬼瓦

泉大津市にて、暴風雨の影響により瓦が落ちてしまいそうになり、以前現地調査へお伺いさせて頂いた際応急で鬼瓦の撤去をさせて頂きました今回はその鬼瓦の再設置と現地調査時に確認した瓦のズレている箇所の補修工事を行いました

現地調査 鬼瓦

泉大津市にて、台風の影響により瓦がズレて落ちてしまいそうな箇所があるとの報告を受け、現地調査へ行って参りましたこちらは鬼瓦(屋根の旨の端に置く大きな瓦)の写真になるのですが、今にも落ちてしまいそうな状態でした

漆喰ズレ 現地調査

羽曳野市にて瓦がズレているとの連絡を受け現地調査へ行って参りました早速屋根に上り調査を進めていきますと瓦のズレではないのですが漆喰のズレを確認しました。劣化していて今にも取れてしまいそうな状態でしたこのままにしておきますと雨漏れの原因になり...........