堺市西区にてケラバ瓦廻りと不安部分の補修を施工しました。

【台風21号、台風24号で被災された方へ12/8更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順次対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

ケラバ瓦割れ・補修跡
袖瓦鉄釘さびによる割れ
現況調査時に、ケラバ瓦の割れやコーキング処理をしての簡易補修された形跡が有りました。(左写真)
切妻屋根両ケラバ瓦を撤去している状況です。(右写真)
葺き土が何故か少なく、止め釘が抜けていて罅割れは(赤矢印部分)当て板のうえシールで補修して有りました。
鬼瓦銅線腐食
鬼瓦周囲のズレが気になり漆喰を除去しましたら、結束銅線が破断していましたので冠・のし瓦を一時撤去しました。
黒丸部分が固定銅線が切断しているヵ所です。
鬼瓦銅線交換後
のし瓦を葺き替えて積み上げ、赤丸部分の鬼瓦固定銅線を取替えて補修しました。
この後に、のし・冠瓦の修復を行い漆喰処理をします。
地瓦袖瓦釘止め葺土追加
袖瓦交換後
平瓦も前回の簡易修理で葺き土が無くなっていて、シール処理で補修していましたのでシールを切取り平瓦に葺き土を足して葺き替えしている状況です。(左写真)
右写真では、のし・冠瓦を復旧して鬼瓦も結束固定のうえ、漆喰を施しました。
又ケラバ瓦が現状サイズの鶯色の同サイズが廃番で、お客様ご了承のうえシルバー瓦の同サイズで両切妻側共施工完了しました。
ケレン・清掃
ペーパー掛
上塗作業中
完了
ケラバ廻りの瓦補修と別で、正面ベランダ手摺の錆腐食が激しく今後の事を考えて壁面・手摺取り付き部のクラックコーキングを行いました。
手摺はケレン作業+ペーパー掛けを作業のうえ錆止め塗装と仕上げ上塗の2工程作業を行いました。
クラックも壁面のヘアークラックと手摺取り付き際を今後の塗装替えを考慮して、プライマー塗布下地処理を行い塗料の付着が有る変成シリコンでシール処理しました。
別途で玄関と浴室の小庇も手摺との違和感が発生しないように、塗装させて頂きました。
瓦・手摺・コーキングと依頼受けの作業は完了致しました。

この工事の現場ブログ

ケラバ瓦割れ・補修跡

2018/07/20/ 堺市西区にてケラバ瓦廻りと不安部分の補修を施工しました。

現況調査時に、ケラバ瓦の割れやコーキング処理をしての簡易補修された形跡が有りました。(左写真)切妻屋根両ケラバ瓦を撤去している状況です。(右写真)葺き土が何故か少なく、止め釘が抜けていて罅割れは(赤矢印部分)当て板のうえシールで補修して有り...........

同じ工事を行った施工事例

施工事例

堺市西区にてカーポート屋根の張り替え工事の施工事例。

カーポートコラム②
カーポート屋根 完了
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ポリカーボネート板
築年数
建坪
保証
工事費用
約7万5千円
施工事例

松原市にてベランダ屋根が破損!波板張り替え工事の施工事例

落下部分 ベランダよりの詳細
張替え完了
工事内容
屋根補修工事
使用素材
築年数
約30年
建坪
保証
工事費用
約8万円
施工事例

和泉市にて雨漏れが発生!雨漏れ補修工事の施工事例

屋根接点-隙間
コーキング済み
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
防水工事
使用素材
コーキング・板金
築年数
約25年
建坪
保証
工事費用
約5万円

同じ地域の施工事例

施工事例

堺市西区で切妻屋根ケラバ瓦の差替え補修他を施工しました。

ケラバ瓦割れ・補修跡
袖瓦交換後
工事内容
雨漏り修理
その他の工事
使用素材
築年数
約45年
建坪
約25坪
保証
工事費用
約45万
施工事例

堺市西区にてアクリル波板破損 ポリカーボネート波板に張り替え 施工事例

アクリル波板 破損
波板 張り替え
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ポリカーボネート波板
築年数
約35年
建坪
保証
工事費用
約8万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

現地調査 鬼瓦

泉大津市にて、暴風雨の影響により瓦が落ちてしまいそうになり、以前現地調査へお伺いさせて頂いた際応急で鬼瓦の撤去をさせて頂きました今回はその鬼瓦の再設置と現地調査時に確認した瓦のズレている箇所の補修工事を行いました

現地調査 鬼瓦

泉大津市にて、台風の影響により瓦がズレて落ちてしまいそうな箇所があるとの報告を受け、現地調査へ行って参りましたこちらは鬼瓦(屋根の旨の端に置く大きな瓦)の写真になるのですが、今にも落ちてしまいそうな状態でした

漆喰ズレ 現地調査

羽曳野市にて瓦がズレているとの連絡を受け現地調査へ行って参りました早速屋根に上り調査を進めていきますと瓦のズレではないのですが漆喰のズレを確認しました。劣化していて今にも取れてしまいそうな状態でしたこのままにしておきますと雨漏れの原因になり...........