オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

東大阪市にて強風の影響により破損したケラバ唐草の現地調査


ケラバ唐草 捲れ
東大阪市にて強風の影響により、ケラバ唐草がめくれ上がり破損してしまったとの連絡をいただき現地調査へ伺いました

ケラバとは屋根の端の部分で雨樋が付いていない側にあたります
屋根の端の部分で雨樋が付いている側を軒(のき)といいます

ケラバ側に取り付ける水切り金物のことをケラバ唐草といいます
ケラバ唐草 破損状況
本来ケラバ唐草がしっかりと付いていたら雨水が赤い矢印方向の軒の方、雨樋のある方へ流れていくように誘導してくれるのですが…
ケラバ唐草 破損状況
ケラバ唐草が破損してしまっているので、強風時の横殴りの強い雨などの際には青い矢印方向へ雨水が流れて行ってしまう可能性があります
屋根の木材やルーフィング(防水シート)も少し見えてしまっている状態ですので、このままだと屋根材との隙間から雨水が侵入してしまいやすくなってしまいます
又、雨水がケラバ側へ流れてしまうと屋根から外壁や窓のまわりへ多くの雨水が流れて行ってしまい、外壁が汚れたり劣化を早めてしまい、雨漏れの原因となってしまう可能性もあります
棟とケラバ取り合い部金物捲れ状況
棟(屋根の頂上部)とケラバの重なり合う部分の金物も捲れてしまっています
こういった箇所からも雨水が入り込んでしまい、雨漏れの原因となってしまったり、屋根や建物全体の劣化を早めてしまったりしてしまいます

屋根まわりの金物などにも屋根や建物を守る役割がありますので、こういった箇所にも問題が見受けられましたらしっかりと復旧工事や補修工事をされることをお勧めいたします

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根飛散箇所バラシ

堺市中区にて強風の影響により屋根材が飛散してしまった箇所の修繕工事を行いました屋根材飛散箇所のルーフィング(防水シート)が破れていて野地板(屋根材、防水シートを支える板)が剥き出しになっている状態でした

屋根材破損箇所

堺市中区にて強風の影響により屋根材が飛散したとの連絡をいただき現地調査へ伺いました屋根材の飛散箇所を確認しますと、ルーフィング(防水シート)も破れていて野地板(屋根材を支える板)が剥き出しになっている状態でした

建物 全景

和泉市にて強風の影響により、屋根金物が飛散し、破風板が割れてしまっている箇所があるとの連絡をいただき現地調査へ伺いました早速屋根に上がらせていただき調査の方を行います

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん堺店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-04-9346