オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

箕面市にて棟瓦等の葺き替え工事に着手しました。


1522031686779-e1522031992251-columns3
箕面市で屋根(瓦)の点検依頼を受け調査して不具合ヵ所を改修する事となりました。
玄関側正面の足場組状況です。
写真で見た限り平屋の建物で、職人さんと比べても足場2段で軒先まで届き、仮設足場組も安易と思われがちです。
足場組
奥北東側面の足場組状況です。崖のような傾斜になっています。
ウッドテラスや全面ガラスのリビング側で足場組は勿論、屋根工事にも落下や飛散に注意が必要です。
1522031755031-e1522032094754-columns3
奥面西北側の足場状況です。
こちらも軒先迄が足場4段と落下防止手摺で更に1段、約9mで傾斜地面からは3階建ての高さになります。
正面と比べても足場高さの違いで急傾斜地の立地状況が測れます。
足元が傾斜なので、足場固定も念入りして、転倒防止で根がらみを要所に設置しました。


瓦
現在の瓦は3種類の平瓦(地瓦)が混在していました。
当然棟瓦も材料寸法違いが有りました。
瓦工事や職人さんの減少と合すように、瓦製造メーカーも廃業したりで新築当時の瓦から補修ごとに、使用した瓦のサイズが若干変化しています。
全体的に自体の大きさが幾分現在は、大きくなっています。
割り付けの状況で大き目の瓦をカット切断して流用します。
屋根撤去風景
のし瓦撤去作業の全景です。
のし瓦を一時撤去し、屋根上や仮設足場上に仮置きしながら欠損瓦や劣化の著しい瓦を点検選別選択して、取り外して行きます。
下地の葺土も撤去し野地板部分の点検も併せて行います。
棟撤去
屋根下り棟部分の撤去状況です。
のし瓦をメクリ、葺土を撤去して野地板とルーフィングをあらわし平瓦の納まり状況を確認しました。
ハト小屋
はと小屋上棟部分の撤去状況です。
平瓦(地瓦)が歪みなく葺けていますが、部分的に掛けの生じた平瓦は差替え、次工程の棟下地作業に取り掛かります。
棟下地作業
棟瓦の下地取付作業風景です。
平瓦からの高さを均等にして、下地あたりを設けます。
職人さんの熟練度が伺える作業です。
棟下地
棟瓦の下地が完了しました。
棟上から軒先まで、棟瓦の通りが一本の線になり平瓦との取合いが均一になる為にも、重要な工程です。
この後、下地の乾燥・密着を待って棟瓦を葺いていきます。
お問い合わせは 0120-04-9346まで

同じ工事を行った施工事例

施工事例

守口市で台風と経年劣化で飛散したベランダ屋根の張り替え工事

守口市 波板施工事例 before
波板施工事例 after
工事内容
屋根補修工事
火災保険
台風
使用素材
ポリカーボネート波板、  2×4材(SPF)
築年数
約35年
建坪
保証
工事費用
約15万円
施工事例

泉南市で台風被害に遭った3階建て建物の各所補修工事を行った様子

施工事例 before
施工事例 after
工事内容
屋根補修工事
雨樋交換
天窓工事
足場
火災保険
台風
3階建て
使用素材
コロニアル、水切り金物(トップライト)、雨樋、窯業系サイディングボード
築年数
25年
建坪
保証
工事費用
約60万円
施工事例

堺市中区で台風被害のカーポート屋根全面張替えと枠組み補修工事

カーポート飛散 工事前
カーポート飛散 工事後
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ポリカーボネート製波板・フック
築年数
約45年
建坪
保証
工事費用
約15万円

同じ地域の施工事例

施工事例

箕面市にて棟瓦の葺き替え工事を施工しました。

屋根現調 全景
足場撤去完了
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
使用素材
築年数
約20年
建坪
約52坪
保証
工事費用
約70万

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

建物全景

堺市堺区にお住いのお客様より、”雨樋が外れている”とお問合せがあり、現地調査へお伺いしましたお客様より築年数が経過しているので、建物全体も見てほしいとご依頼がありました。屋根や外壁は波型スレートと呼ばれる、セメントと繊維を成形して作られた波...........

棟板金飛散

堺市南区にて、以前の台風で屋根や外壁に被害を受けたお客様宅の現地調査を行いました今回、点検調査を行った箇所は・・・ ①棟板金 ②軒天 ③外壁 ④下屋の瓦棒 の4箇所になります

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん堺店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-04-9346