箕面市にて棟瓦等の葺き替え工事に着手しました。

大阪北部地震に続き西日本豪雨と自然災害が頻発しております。梅雨が明けたとはいえ台風の季節も訪れ、今後も自然災害への注意が必要です。災害により被災された方、現在お住まいに対してご不安を抱え自然災害への備えをしたい方。屋根・外壁についての点検はもちろん応急処置や補修とできる限り対応させていただいておりますので、「もしかして」と不安な方はご遠慮なくご連絡ください。

正面足場組状況
箕面市で屋根(瓦)の点検依頼を受け調査して不具合ヵ所を改修する事となりました。
玄関側正面の足場組状況です。
写真で見た限り平屋の建物で、職人さんと比べても足場2段で軒先まで届き、仮設足場組も安易と思われがちです。
北東角足場組施工中
奥北東側面の足場組状況です。崖のような傾斜になっています。
ウッドテラスや全面ガラスのリビング側で足場組は勿論、屋根工事にも落下や飛散に注意が必要です。
西北側足場組状況
奥面西北側の足場状況です。
こちらも軒先迄が足場4段と落下防止手摺で更に1段、約9mで傾斜地面からは3階建ての高さになります。
正面と比べても足場高さの違いで急傾斜地の立地状況が測れます。
足元が傾斜なので、足場固定も念入りして、転倒防止で根がらみを要所に設置しました。


瓦種類
現在の瓦は3種類の平瓦(地瓦)が混在していました。
当然棟瓦も材料寸法違いが有りました。
瓦工事や職人さんの減少と合すように、瓦製造メーカーも廃業したりで新築当時の瓦から補修ごとに、使用した瓦のサイズが若干変化しています。
全体的に自体の大きさが幾分現在は、大きくなっています。
割り付けの状況で大き目の瓦をカット切断して流用します。
屋根撤去風景
のし瓦撤去作業の全景です。
のし瓦を一時撤去し、屋根上や仮設足場上に仮置きしながら欠損瓦や劣化の著しい瓦を点検選別選択して、取り外して行きます。
下地の葺土も撤去し野地板部分の点検も併せて行います。
降り棟撤去
屋根下り棟部分の撤去状況です。
のし瓦をメクリ、葺土を撤去して野地板とルーフィングをあらわし平瓦の納まり状況を確認しました。
ハト小屋撤去
はと小屋上棟部分の撤去状況です。
平瓦(地瓦)が歪みなく葺けていますが、部分的に掛けの生じた平瓦は差替え、次工程の棟下地作業に取り掛かります。
棟下地作業中
棟瓦の下地取付作業風景です。
平瓦からの高さを均等にして、下地あたりを設けます。
職人さんの熟練度が伺える作業です。
棟下地
棟瓦の下地が完了しました。
棟上から軒先まで、棟瓦の通りが一本の線になり平瓦との取合いが均一になる為にも、重要な工程です。
この後、下地の乾燥・密着を待って棟瓦を葺いていきます。
お問い合わせは 0120-04-9346まで

同じ工事を行った施工事例

施工事例

和泉市にて雨漏れが発生!雨漏れ補修工事の施工事例

屋根接点-隙間
コーキング済み
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
防水工事
使用素材
コーキング・板金
築年数
約25年
建坪
保証
工事費用
約5万円
施工事例

松原市にて、強風の影響によりスレート波板屋根が飛散!修繕工事の施工事例

スレート屋根点検全景
スレート屋根明り取り施工完了
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ポリカーボネート波板
築年数
約45年
建坪
保証
工事費用
約10万円
施工事例

堺市美原区で2階建て住宅屋根の棟・隅棟瓦の積み直しを行いましたのでご紹介します!

屋根瓦雨漏り部棟
棟瓦積み直し完了
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
使用素材
釉薬瓦、漆喰
築年数
35年
建坪
約30坪
保証
工事費用
約20万円

同じ地域の施工事例

施工事例

箕面市にて棟瓦の葺き替え工事を施工しました。

屋根現調 全景
足場撤去完了
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
使用素材
築年数
約20年
建坪
約52坪
保証
工事費用
約70万

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

雨漏り天井

堺市西区にて雨漏れが発生しているとの連絡を受け現地調査へ行って参りました2階の和室天井部分なのですが、黒ずんでいるところが雨漏れが発生している箇所になります。表面が膨れていてめくれかかっている所もあるほどでした

屋根その他棟板点検補修

堺市南区にて、雨漏れの修理依頼を頂きました。雨漏れが発生している箇所の補修工事は終了しているのですが、その他気になる箇所がございましたので部分的な簡易補修をさせていただきます

屋根棟板めくり状況

堺市南区にて雨漏れが発生しているとのことで修理依頼をいただきました。前回調査へお伺いさせていただいたのですが、雨漏れが発生している上部の棟板が怪しいという事で、棟板をめくってみました。貫板の下地は雨水により腐食していましたので取り換えること...........