堺市美原区の住宅の屋根から雨漏りが発生!現地調査に伺いました。

【台風21号、台風24号で被災された方へ12/8更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順次対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

堺市美原区の2階建て木造住宅の2階屋根部分から雨漏りが発生したとの連絡を受け、現地調査に伺いました
屋根は瓦葺き屋根です。お客様によると、今まではどうも無かったけど最近になって雨が降ると雨水が染み出てくる様になったとの事です

天井裏雨漏り状況
まずは天井裏を調査していきます
屋根の端から1m程内側に来た棟部分から雨漏りの跡が確認出来ます
天井裏雨漏り状況
その下の天井面には雨漏り跡のシミがはっきりと残っていました
お客様が雨漏りに気付き慌ててバケツを置いたそうで、バケツにも雨水が溜まっていました
屋根雨漏り部分調査
次に2階の屋根にのぼり屋根面を調査しました
全体的にには瓦が割れたり・ずれたり・捲れ足りと目立った不良ヵ所は見当たりませんでしたが、赤印部分の面戸漆喰だけが明らかに黒ずんでいるのが確認出来ます

屋根雨漏り部分調査
同ヵ所の反対側からの写真です
そうですこの部分は天井裏で雨漏りの跡があったヵ所の真上部分になるんです
屋根雨漏り部分調査
この漆喰部分が黒ずんでいる原因は、この漆喰部分より上部(のし瓦・冠瓦)から雨水が内部に浸入し、その雨染みとして黒ずんでいるんです
赤印部ののし瓦だけ色が明らかに違うのも気になります
何か以前に不具合が有って差し替えていたりする可能性も考えられます
屋根雨漏り部分調査
同ヵ所を上部から撮影したものです
先程の色の違うのし瓦の直上ののし瓦の隙間が他の部分より明らかに空いているのが確認出来ます

屋根周り穴あき部分
雨漏り調査のついでに、お客様が天井裏に蜂がいたとの事を聞きましたので軒裏廻りを点検したところ、蜂が簡単に入れそうなくらいの穴を2ヵ所発見しました
この部分もコーキング等で塞ぐ提案をしたいと思います

瓦屋根の棟部分は、経年によって葺き土が経たり下がっていき、のし瓦の傾斜が緩くなり雨漏りの原因にも繋がってきます。
ある程度築年数が経っている瓦屋根に関しては、雨漏りヵ所部分のみを積み直すと、今度は積み直していない部分との取合いから雨漏りが発生してしまったりもするんです
今回は雨漏りのヵ所は明らかになりましたが、原因は瓦をめっくってみないと完璧にははっきりしません
しかし、築年数が経っている上、のし瓦の傾斜も緩くなっている為、今回は棟瓦の取り直しを提案したいと考えています
雨漏りの原因が分からない??適切な修理をして欲しい!等、お気軽にご相談ください
お問い合わせは→0120-04-9346


同じ工事を行った施工事例

施工事例

堺市西区にてカーポート屋根の張り替え工事の施工事例。

カーポートコラム②
カーポート屋根 完了
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ポリカーボネート板
築年数
建坪
保証
工事費用
約7万5千円
施工事例

松原市にてベランダ屋根が破損!波板張り替え工事の施工事例

落下部分 ベランダよりの詳細
張替え完了
工事内容
屋根補修工事
使用素材
築年数
約30年
建坪
保証
工事費用
約8万円
施工事例

和泉市にて雨漏れが発生!雨漏れ補修工事の施工事例

屋根接点-隙間
コーキング済み
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
防水工事
使用素材
コーキング・板金
築年数
約25年
建坪
保証
工事費用
約5万円

同じ地域の施工事例

施工事例

堺市美原区で2階建て住宅屋根の棟・隅棟瓦の積み直しを行いましたのでご紹介します!

屋根瓦雨漏り部棟
棟瓦積み直し完了
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
使用素材
釉薬瓦、漆喰
築年数
35年
建坪
約30坪
保証
工事費用
約20万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

現地調査 鬼瓦

泉大津市にて、暴風雨の影響により瓦が落ちてしまいそうになり、以前現地調査へお伺いさせて頂いた際応急で鬼瓦の撤去をさせて頂きました今回はその鬼瓦の再設置と現地調査時に確認した瓦のズレている箇所の補修工事を行いました

現地調査 鬼瓦

泉大津市にて、台風の影響により瓦がズレて落ちてしまいそうな箇所があるとの報告を受け、現地調査へ行って参りましたこちらは鬼瓦(屋根の旨の端に置く大きな瓦)の写真になるのですが、今にも落ちてしまいそうな状態でした

漆喰ズレ 現地調査

羽曳野市にて瓦がズレているとの連絡を受け現地調査へ行って参りました早速屋根に上り調査を進めていきますと瓦のズレではないのですが漆喰のズレを確認しました。劣化していて今にも取れてしまいそうな状態でしたこのままにしておきますと雨漏れの原因になり...........