オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

耐震改修|堺市東区で無筋基礎に添え基礎で補強し耐震強度向上②


堺市東区で耐震改修工事を行っております
今回は後半の配筋・コンクリート打設からご紹介させていただきます

現地調査の様子はこちら
屋根葺き替え工事の様子はこちら

添え基礎補強の様子

配筋 アンカー 耐震改修 添え基礎


前回取り付けたアンカーボルトに配筋を行いました。

この鉄筋は新しく追加する添え基礎の骨となり、アンカーボルトに結束されている為、既存の基礎と添え基礎が一体となり強度がアップします

配筋について細かく見ていきましょう
異形鉄筋 添え基礎 配筋
添え基礎には異形鉄筋という種類の鉄筋を使用します

異形鉄筋には表面に節のような凹凸があり、
コンクリートの付着を良くする効果があります

今回はD10という直径10mmの鉄筋を使用し、
場所に応じて真っすぐな物、加工した曲りのある物を使い分けます。
アンカーボルト 鉄筋 結束線 添え基礎
鉄筋同士は結束線でしっかり結んでおきます

ハッカーという工具を使用し、鉄筋同士を結束します
結束線は既存基礎側に折り曲げて処理しておきます。
正しい締め方をしないとコンクリート打設時に鉄筋が動き、正確な位置に鉄筋が来なくなってしまいます
定着とは 添え基礎コンクリート 鉄筋
定着・・・コンクリート中に鉄筋がどれだけ入っているか

鉄筋がコンクリートから抜けないように、定着の長さは定められています。
基礎の場合『鉄骨の直径×40(フック付きの場合は×30)』の定着長が必要です

今回は直径10mmで端部フック付きですが
40cmの定着長を持たせました
重ね継ぎ手長とは 添え基礎コンクリート 耐震補修
重ね継ぎ手・・・端部など鉄筋同士の重なり

鉄筋は1本で建物の端から端まで渡せるほどの長さはない為、鉄筋同士の重なりができる箇所があります。

重ね継ぎ手の長さは『鉄骨の直径×45(フック付きの場合は×35)』と定められております
今回は45cm以上(実測57cm)の重ね継ぎ手を持たせました
添え基礎 配筋 立ち上がり ベース 配筋のあき
立ち上がり部やベース部のかぶり厚、配筋の間隔も定められています

かぶり厚とは鉄筋とコンクリート間の厚みの事で、
立ち上がり部は60mmベース部は40mmになるよう配筋します
主筋・配力筋とも設計図書通り200mm間隔で適正に配筋しました
添え基礎 スペーサー ピンコロ石
スペーサーやピンコロ石を配置します

これは適正なかぶり厚が確保されているか確認する為に使われ、配置した状態でコンクリートを流し込みます。
かぶり厚が十分にないと、コンクリートが固まった後に露筋(中の鉄筋が露出してしまう事)の原因になります

ちなみに現場では、スペーサー⇒『ドーナツ』、ピンコロ石⇒『サイコロ』などと呼ばれています
基礎コンクリート 配筋 床下換気口
床下換気口などがあれば開口補強筋を取り付けます

『配筋』と一口に言っても、このように細かく規定が定められており、正しく配筋を行ないと強い基礎コンクリートが完成しません
配筋は基礎を作る際に最も重要な作業
といっても過言ではありません
添え基礎 型枠 合板

添え基礎のコンクリートを流し込む型枠を配置します

こちらの合板はパネコート合板と言い、コンクリートとの剥離性が良く、仕上がりが綺麗になります
型枠の幅、高さを採寸して図面と照合しながら配置します

型枠組が完了したら、型枠内の清掃を行い、コンクリートを流していきます
添え基礎 コンクリート打設 ミキサー車
生コンクリートを工場からコンクリートミキサー車で運び、ネコと呼ばれる一輪車で基礎部分に流し込みます

今回は設計強度(設計時に定められたコンクリートの強度)が21N(ニュートン)でした。
今回は補正値として+3N、そして冬季の打設である為、
追加で+3Nして、合計27Nの生コンクリートをプラント工場に発注しました
添え基礎 コンクリート 流し込み


添え基礎のコンクリートを流し込みました

型枠を外す際には、生コン工場による試供体の破壊検査で十分な強度が確保されている事が確認できてから外します。

今回はコンクリート打設から3日後に十分な強度(17N)が確保されている事が確認できた為、型枠を取り外しました
※脱型時に必要な強度は15N
添え基礎 基礎補強完了
硬化が完了したので型枠を外しました

最後に、露筋がないか、豆板(ジャンカ)と呼ばれるコンクリの打設不良がないかを確認します
今回はコンクリートを綺麗に流し込めていた為、露筋もジャンカもありませんでした
万が一問題があれば、モルタルを塗るなどして補修を行います。

これで耐震改修工事の一環である基礎補強工事は完了です

基礎は普段は見えないですが、建物を支える非常に大切な部分です
逆に言うと、建物がどれだけ立派でも、基礎がしっかりしていないと傾いたり沈んだりして意味がありません
今回は基礎の部分を補強したことで、耐震評価が上がり、現在の耐震基準に近づきました
耐震改修 耐力壁 添え基礎



基礎の補強と同時進行で、壁の補強も行いました
次回は壁の補強についてご紹介させていただきますね

この工事の現場ブログ

基礎 耐震改修工事 添え基礎

2021/02/25/ 耐震改修|堺市東区で無筋基礎に添え基礎で補強し耐震強度向上①

堺市東区にて耐震改修工事を進めております。今回は『基礎』の補強工事についてご紹介させていただきます現地調査の様子はこちら屋根葺き替え工事の様子はこちら

耐震診断 チェックポイント

2021/01/29/ 耐震改修|堺市東区で『倒壊する可能性高い』と出た住宅の現地調査

堺市東区にて耐震補強の工事依頼があり、現地調査にお伺いしました

配筋 アンカー 耐震改修 添え基礎

2021/02/26/ 耐震改修|堺市東区で無筋基礎に添え基礎で補強し耐震強度向上②

堺市東区で耐震改修工事を行っております前回基礎補強の前半(ケミカルアンカーとボルト打ち込みまで)をご紹介しました。今回は後半の配筋・コンクリート打設からご紹介させていただきます現地調査の様子はこちら屋根葺き替え工事の様子はこちら

同じ工事を行った施工事例

施工事例

堺市中区で台風被害を受けた屋根材と破風板の補修工事を行いました

スレート屋根材 割れ
スレート屋根材 割れ GL鋼板補修後
工事内容
屋根補修工事
その他の工事
火災保険
使用素材
ガルバリウム鋼板・変成シリコンコーキング
築年数
16年
建坪
保証
工事費用
14万円
施工事例

大阪市住之江区にてベランダ屋根と手すり塗装を施工しました。

ベランダ・手すり現況
手すり塗装完了
工事内容
屋根葺き替え
その他塗装
その他の工事
使用素材
築年数
約40年
建坪
保証
工事費用
18万
施工事例

堺市堺区で雨漏りの激しい屋根他の改修工事をおこないました

仮応急状態
大屋根棟押え取付
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き直し
雨樋交換
その他の工事
使用素材
築年数
約50年
建坪
保証
工事費用
55万

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

玄関 クロス張替え リフォーム後

堺市東区の耐震改修工事がいよいよ大詰めを迎えますこれまで屋根の葺き替え、基礎の補強、壁の補強を行い、建物の耐震強度は現在の基準に近づけられました今回はクロスや床材などの仕上げ工事の様子をご紹介します

壁を補強する工事とは

堺市東区にて耐震改修工事を行っており、今回は壁の補強工事の様子をご紹介させていただきますこれまでの工事の様子

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん堺店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-04-9346