大阪市東成区で住宅の緑化バルコニーが原因の漏水対策工事(仕上げ)

大阪北部地震に続き西日本豪雨と自然災害が頻発しております。梅雨が明けたとはいえ台風の季節も訪れ、今後も自然災害への注意が必要です。災害により被災された方、現在お住まいに対してご不安を抱え自然災害への備えをしたい方。屋根・外壁についての点検はもちろん応急処置や補修とできる限り対応させていただいておりますので、「もしかして」と不安な方はご遠慮なくご連絡ください。

大阪市東成区で住宅の緑化バルコニーの漏水対策工事の続きです。
前回、既存植栽と土の撤去まで完了してました。
撤去完了後、お客様と打合せを行い仕上げを決定しましたので今回ご紹介していきます
壁角波腐食部交換
植栽の土に埋まって錆びて腐食していた壁の角波鋼板部分です。
腐食部分のみを水平に切断し撤去した状況です。
壁角波腐食部交換
撤去した部分に新しく、ガルバリウム鋼板(アルミ亜鉛合金めっき鋼板)を曲げて加工した水切りという部材を取り付けました。もちろん、雨水が浸入しないように計算して取り付けて行きます。
エアコン配管穴
これは漏水の原因の水道になっていたバルコニーサッシ下のエアコン配管の貫通穴です。
エアコン配管穴
この様に何の防水処理もされておらず、これでは樋が詰まりバルコニーに溜まった雨水が室内に簡単に入ってしまいますよね
エアコン配管穴コーキング
配管の隙間を広げながら入念にポリコークと言う油性コーキング材を充填しました。この油性コーキングは中身が硬化しないので奥の方の配管と配線の隙間等に充填した時に劣化による硬化で隙間が空かない様、今回採用しました。
エアコン配管穴コーキング
その後、表面部には二重の防水も兼ねて、仕上げの塗装等が出来るよう変成シリコーンというコーキング材を採用し、隙間なく充填しました。
バルコニーデッキ復旧・塗装
復旧補修工事をする為にめくっていた既存のウッドデッキを復旧しました。
バルコニー塗装
この部分ののバルコニーは縦に細長く広く使えない為、床・腰壁共、塗装にて仕上げました。
鉢植え等の植物を置いても良さそうですね
バルコニーウッドパネル敷込み
その他のバルコニーは広く使える為、置き式の人口木ウッドパネルを敷き込みました。
バルコニーウッドパネル敷込み
人口木の為、腐食せず長年快適に使えます。また軽くて取外しも簡単な為、簡単に持ち上げ定期的に掃除も行えます。やはり排水口は目視にて点検出来る様にしておいた方が安心ですよね
バルコニーウッドパネル敷込み
これだけ広ければ何かと便利に使えそうですね
既存のデッキとの段差が大きかったので階段を一段造りました
玄関壁塗装
内部の玄関部分です。
漏水にてびしょ濡れになってめくっていた壁面もボードを張って復旧し塗装仕上げを行いました。
玄関床タイル貼り
床のタイルも下地の中まで浸水していた為、既存タイルを撤去して乾燥させ、再度タイル張りにて復旧しました。
床タイル・壁塗装完了
内部の壁と床も綺麗に復旧工事が完了して、今回の漏水対策工事が無事完了致しました。
これで大雨が降っても安心して生活が出来るので、お客様もホッとしておられました。
やはり雨漏り等の不安やストレスを抱えながら生活するのは嫌ですよねお家ではゆっくりくつろぎたいものです
雨漏り等の不安やご相談のある方はこちらまでお問い合わせください→0120-04-9346

同じ工事を行った施工事例

施工事例

高石市にて雨漏れが発生!棟瓦の積み替え、板金工事を施工しました

寄棟 施工前
棟瓦 板金施工
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
棟瓦取り直し
漆喰詰め直し
雨漏り修理
使用素材
板金
築年数
約30年
建坪
保証
工事費用
施工事例

堺市堺区にて外部窓枠から発生している雨漏れの補修工事の施工事例

額縁
外部窓枠 コーキング
工事内容
雨漏り修理
使用素材
コーキング剤 GL鋼板(ガルバリウム鋼板)
築年数
建坪
保証
工事費用
約6万円
施工事例

堺市北区で台風被害による屋根の修繕工事を行いました。

鋼板屋根工事前
鋼板屋根修繕完了
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
カラートタン波板
築年数
約40年
建坪
保証
無し
工事費用
5.5万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

雨漏り天井

堺市西区にて雨漏れが発生しているとの連絡を受け現地調査へ行って参りました2階の和室天井部分なのですが、黒ずんでいるところが雨漏れが発生している箇所になります。表面が膨れていてめくれかかっている所もあるほどでした

雨漏れ状況

大阪府河内長野市にて出窓から雨漏れがしているとの問い合わせで現地調査に行って来ました雨漏れ箇所は1階の出窓部分でしたこの画像は出窓部を部屋内から撮影した画像です白い天井材が雨漏れによりシミになっているのが分るでしょうか