大阪狭山市にて2階の部屋の角部分からの雨漏り調査に伺いました。


今回は大阪狭山市の住宅2階の角部屋の天井・換気扇・サッシ廻りからの雨漏りが発生して困っているとの連絡を頂き、現地調査に伺いました。どこから漏れているのかを調べる為、屋根裏と屋根上にのぼり調査を行いました
換気扇付近 雨漏り状況
まずは室内で雨漏りしているヵ所の確認を行いました。
①の換気扇の下部に雨染みと乾いて白華しているのが見受けられます。
②は雨水が流れたシミがはっきりと残っていました。上部周辺にも雨垂れ・シミが有りました
雨漏り換気扇外部
直接的に怪しい換気扇の外部側のフード内部を見てみると、換気扇フード内に仕込んである木枠とフードとの間に5mm以上の隙間が有りました。先日の台風時の雨漏りがひどかったとの事で、吹上げの雨がここからも浸入したと考えられます。
もちろんフードの外側も確認しましたが、外壁は数年前に塗装されており、コーキングと塗装がしっかりと施されており雨漏りの原因と思われる部分は見つかりませんでした
室内を調査した結果、雨漏りの状況から換気扇廻りからだけでは無く天井面から雨水が伝って来ている疑いが有ったので次に天井裏の調査を行いました。
雨漏り天井裏
この部分は室内の換気扇左側の部屋角上部の天井裏です。
①の部分がかなり黒ずんでおり雨水が浸入しているヵ所と思われます。
②部分の金物も雨水の影響と思われる錆が発生しています。
印以外でも、この隅棟周辺のみ釘等の錆が目立ちました
雨漏り天井裏
先程のヵ所以外はこの写真の様に錆びたところや、黒ずんでいる所はありませんでした。
屋根隅棟状況
次は先程の天井裏調査にて雨漏りの疑いがあったヵ所の屋根面を調査しました。
丸印の隅棟の軒先周辺が怪しい思われます
屋根隅棟棟板状況
隅棟最先端の棟板部です。
棟板を固定している釘が完全に抜けています
屋根隅棟棟板状況
手でつかんで持ち上げてみると簡単に浮き上がる状況でした
このままでは風雨時に雨水が浸入しやすくなるだけでなく棟板自身がめくれて飛散してしまう恐れもあります
屋根隅棟棟板状況
同棟板の先端水切り部です。
矢印部分の垂れ幅が少なく下地の木材に届いていませんでした。これでは木材が直接雨水で濡れてしまいますよね
丸印部にはコケが生えていました。
おそらく雨水が浸入・浸透して湿気が溜まっていると思われます。

カラーベスト縁切り不良
隅棟周辺の屋根カラーベストの状況を見てみると、屋根面塗装は5年前ぐらいにされてるみたいですが、赤囲い部分のカラーベストの上下の重ね部分が塗料で完全に埋まっていました
この部分は上部から浸入した雨水を排出する為の隙間が必要なんです
その為この部分は屋根塗装時には「縁切り」という隙間を確保する作業が必要になります。
そこで矢印部分に差し込んである「タスペーサー」呼ばれる材料を屋根面塗装時に差し込み隙間を確保するのですが、この写真の様にタスペーサーを使用しているにも関わらず塗料をべったりと塗り込んでは意味が有りませんよね


今回の調査でも分かるように、屋根工事の部材の納まりや改修方法は、施工業者がちゃんと理解して施工しているかどうかで数年後の家の状況・状態が全然違ってきます
皆さんにとって大切なお住まい快適な状態を出来るだけ長く維持したいものですよね
この様なお困り事やご相談はこちらまで→0120-04-9346

この工事の現場ブログ

屋根雨漏り棟板工事前

2017/11/28/ 大阪狭山市にて2階の部屋の雨漏り修理に行ってきました。

本日は大阪狭山市の住宅にて2階角の屋根・換気扇廻りからの雨漏りに困られていたお客様宅の修理に伺いました

換気扇付近 雨漏り状況

2017/11/22/ 大阪狭山市にて2階の部屋の角部分からの雨漏り調査に伺いました。

今回は大阪狭山市の住宅2階の角部屋の天井・換気扇・サッシ廻りからの雨漏りが発生して困っているとの連絡を頂き、現地調査に伺いました。どこから漏れているのかを調べる為、屋根裏と屋根上にのぼり調査を行いました

同じ工事を行った施工事例

施工事例

箕面市にて棟瓦の葺き替え工事を施工しました。

屋根現調 全景
足場撤去完了
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
使用素材
築年数
約20年
建坪
約52坪
保証
工事費用
約70万
施工事例

和泉市にて台風の被害による瓦補修工事の施工事例

棟のし瓦現況
漆喰完成
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め直し
落葉除けネット設置
使用素材
面戸漆喰
築年数
25年
建坪
保証
工事費用
約55万円
施工事例

大阪府八尾市にて、庭先の波板張り替え工事を行いました

波板
波板
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ポリカーボネート波板 波板専用フック
築年数
25年
建坪
保証
工事費用
約8万円

同じ地域の施工事例

施工事例

大阪府大阪狭山市にて老朽化によるアスファルトシングル葺き補修

屋根シングル葺きめくれ状況
屋根アスファルトシングル葺き補修完
工事内容
屋根補修工事
使用素材
アスファルトシングル
築年数
24年
建坪
保証
工事費用
約40万

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根雨漏り部分調査

堺市美原区の2階建て住宅の屋根から雨漏りが発生し、前回調査の結果、棟瓦周りからの雨漏りが確認されました今回、雨漏りヵ所のみの部分補修ではなく、先々を考え棟全体の改善提案を行いましたお客様にも納得を頂いた上、棟周りの瓦全体を積み直す事になりま...........

ハト小屋棟完了

箕面市で瓦の点検調査して、棟や袖瓦の不具合を補修完了しました。ハト小屋部の棟葺替えが完了しました。既存瓦での葺き替えですので、上部から撮影では漆喰部分の白さだけが葺き替えを表しています。のし瓦下5枚の平瓦は欠けていたので今回作業で差替えまし...........

屋根形状

堺市西区にて、築30年の屋根点検・調査をして欲しいとの、お問い合わせを受けて調査にお伺いしました。軒先 銅板一文字葺きで、日本瓦屋根の趣が有るお宅でした。